片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

前回は思考の整理で、どんな暮らしがしたいか?ということや、片付けのやり方について考えました。

片付けステップ0「考える」:モノを手に取る前に考えたい3つのこと

 

思考の整理のあとは実際にモノを片付けていきましょう。

片付けはモノを全部出して分けることから始めよう

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

実際に部屋を片付けるとき、最初にやることはモノを全部出して、分けて、選ぶことです。

片付けと聞くとモノを捨てることをイメージするかもしれませんが、ライフオーガナイズでは大切なモノ・必要なモノを選ぶという考え方でモノを分けていきます。

 

このとき重要なのが、「出す・分ける・選ぶ」をひとつずつ順番にやっていくことです。

「モノを出しながら分ける」「出しながら選ぶ」をしていくと時間がかかってしまうので、

  1. まずは全部出す
  2. モノを分類する
  3. 大切なモノ・必要なモノを選ぶ

ひとつずつやってみてください。

 

では実際にモノを分けていきましょう!

スポンサーリンク



片付けでモノを分ける3ステップ

モノを全部出す

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

まずは片付けたいスペースのモノを全部出していきます。

 

モノを全部出すことで

  • モノの全体量が把握できる
  • 想像していた量とのギャップに気付く

など出してみて初めてわかることがあります。

さおり
さおり
私も持っていたボールペンの多さにびっくりしました!

 

いきなり全部は出せない!という方は、引き出し一段のモノを全部出すことからはじめてみてください。

わかりやすい言葉でモノを4つに分ける

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

モノを全部出したら、モノをざっくりと4つに分けていきます。

4つに分けるのは、

  • 要る・要らないの2つに分けて捨てるのは難しい
  • 使わないけれど捨てたくないモノもある

このような理由からです。

さおり
さおり
「捨てるために分ける」というよりは、「大切なモノを選ぶために分ける」感じです

 

分けるときのポイントは、あまり考える必要のない、簡単に分けられる分け方を考えること。

最初は感情に左右されないカテゴリで分けるのがおすすめです。

 

たとえば服なら

  • 色ごとで分ける
  • 季節ごとで分ける
  • 平日・休日・お出かけ用など用途で分ける

など、パッと見てわかりやすいもの。

 

文房具なら、

  • ペン
  • ふせん
  • メモ帳 など

種類ごとにすると分けやすいと思います。

 

カテゴリごとに分けてみると、

  • 似たような色の服を何枚も持っていた
  • 同じようなペンを何本も持っていた

このようなことに気付けるので、モノを減らしやすくなります。

さおり
さおり
最初にカテゴリ分けすることで、何をどれだけ持っているかがわかりやすかったです

 

カテゴリごとに分けたら、使っているモノ大切なモノこれからも使い続けたいモノなど暮らしの価値観にそって4つに分けてみましょう。

分け方は【好き・きらい】や【使っている・使っていない】など、自分で判断しやすい言葉を考えてみてください。

必要なモノは適切に収める・不要なモノは手放す

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

モノを分けたら、それぞれの分類に合わせて収めたり手放したりしていきましょう。

 

ひとつ覚えておいてほしいのが、不要=即処分ではないこと。

たとえば

  • 使用頻度が少ないモノは収納場所を変える
  • 3ヶ月など処分の期限を決めて保留にする
  • まだ使えそうなので人にゆずる

このような選択肢もあります。

さおり
さおり
私も使用頻度によって収納場所を変えることで、すっきりした空間が実現しました。

 

注意が必要なのは、処分を保留にしたモノ。

そのままずっと置きっぱなし…を防ぐために、保留にする期限を決めるのがおすすめです。

「〇ヶ月経ったら処分する」と具体的に決めると、「なんとなく取っておく」がグッと減ります!

 

(思い出の品は別ですが)モノは使ってこそ価値が出るもの

もう使わない・自分にとって不要だと思ったモノはずっと手元に置いておくよりも、感謝して手放すのがおすすめです。

 

さおり
さおり
手元に置こうと選んだモノは、次のステップで使いやすいように収めていきますよ!

持っているモノを分けて、大切なモノ・必要なモノを選ぼう

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

今回はステップ1として、モノを分けていきました。

モノを要る・要らないの2択で分けるのは難しいので、大切なモノ・必要なモノを選ぶという意識で4つに分けてみてください。

関連記事