片付けを始める前に

理想の暮らしの作り方 | 思考の整理から始める片付けの基本5ステップ

片付けから始める理想の暮らしの作り方 思考の整理から始める 片付けの基本5ステップ

「片付けをしよう!」と意気込んでも、

  • いつまでもダラダラと片付けてしまう
  • モノを減らせずに結局あまり変化がなかった
  • 頑張って片付けてもすぐに散らかってしまう

こんな風になってしまったことはありませんか?

さおり
さおり
私も以前までは片付けては散らかっての繰り返しでした

 

使うモノは自分の周りに置いておきたい!と思うあまり……

こんな状態になっていました。

さおり
さおり
机の前に無洗米……!

 

そんな私が片付けられるようになったきっかけが、ライフオーガナイザー®講座でした。

暮らしのモヤモヤからの脱却!ライフオーガナイザー®講座を受けて変化したこと
【体験談】暮らしのモヤモヤからの脱却!ライフオーガナイザー®講座を受けて変化したこと転勤族・不規則勤務の夫を持つ、いわゆるワンオペ主婦。散らかった部屋の中でモヤモヤを抱えていた私がライフオーガナイザー®を取得したら、片付けだけじゃなくて生きることそのものがラクになりました。キレイだけじゃない【暮らしをととのえる片付け】を知ってもらえたら嬉しいです。...

講座を受けて片付けの目的や取り組む順番を知れたことで、無理なく片付けをすることができました。

 

今回は私の片付けビフォーアフター写真と共に、片付けの基本5ステップを紹介します。

これまで片付けに挫折してきた方も、ひとつひとつ順番に取り組むことで無理なく進めることができます。

さおり
さおり
ぜひ片付けをきっかけに、暮らしやすい空間づくりをしていきましょう

片付けはひとつひとつ順番にやっていくのが大事

実は片付けには取り組む順番があるんです。

そして順番通りひとつひとつやっていくことが大事になります。

 

「片付け」と一言で言っても、段階によってやるべきことが変わってきます。

たとえば、片付けにまつわる言葉、

  • 片付け
  • 整理整頓
  • 収納

これらの言葉の違いを知っていますか?

さおり
さおり
全部「部屋をキレイにする」という同じような言葉だと思っていました

実はこれらの言葉は意味がそれぞれ違っていて、順序があるのです。

 

これは片付けピラミッドと呼ばれるもので、下から順番に取り組むことを示している図です。

いちばん下にあるオーガナイズは、当サイトでベースにしている「思考の整理から始める暮らしの片付け」ライフオーガナイズ。

 

ライフオーガナイズの片付けではモノを捨てたり収納アイテムを買うより先に、

  • 片付いたあとの空間でどんな風に暮らしたいか
  • 暮らしや人生において何を大切にしているか
  • どんな方法だと片付けやすいのか

このように自分自身や暮らしと向き合って思考の整理をすることから始めます。

 

私もこれまで何度も片付けをしてはすぐに散らかってしまうということを繰り返してきました。

さおり
さおり
中途半端になっちゃうこともありました

 

それは、

  • 自分にあった片付けのやり方を知らなかった
  • ただモノを減らしたり棚にしまえばいいと思っていた
  • 出す・分ける・収めるを同時にやろうとしていた

こういうことが原因だったのかな?と思っています。

さおり
さおり
片付けの目的や順序を知るだけでも片付けやすくなりました

基本の片付け5ステップ

この写真は私がライフオーガナイザー®2級講座を受けたあとに実際に片付けたビフォー・アフターです。

ここからは私が実際に片付けたときの体験をもとにしながら基本の片付け5ステップを開設していきます。

1:どんな風に暮らしたいかをイメージする

まずはモノを手に取る前に

片付けたあとのおうちでどんな風に暮らしたいか

を考えていきます。

 

それは片付けの目的が「暮らしの最適化」だからです。

たとえモノを減らしても、収納スペースにしまって部屋の見た目がキレイになっても、

  • すぐに散らかった状態になってしまう
  • 家事がスムーズに進まなくなる
  • 家族が片付けづらくなってしまう

このようになっては片付けの意味がありません。

さおり
さおり
私も以前は部屋の見た目だけにこだわっていました

 

片付けたあと、どんな風に暮らしたいかを最初に考えることで、

  • 暮らしにとって必要なモノ・大切なモノを選ぶことができる
  • モノの数量ではなく自分にとって最適な量を持つことができる
  • おうちで過ごしやすくなる仕組みをととのえることができる

など暮らしやすい空間に近付くことができます。

 

私が机を片付けたときは「使いたいモノだけを置く、作業しやすいスペース作り」をゴールにしました。

さおり
さおり
具体的にイメージするほど片付けやすくなるので、ぜひじっくり考えてみてください

 

「どんな風に暮らしたいか」を考えるときには、こちらの5つの質問もぜひ活用してみてください。

暮らしの価値観が明確になる | 片付けがスムーズに進む5つの質問片付けが思うように進まない!そんな困り事を解決するコツは、片付ける前に理想の暮らしについて考えてみること。理想の暮らしを考えると片付けの目的がはっきりするので、片付けがスムーズに進みます。今回は理想の暮らしを考えるときのポイントついてお話します。...

2:モノを全部出す

「どんな風に暮らしたいか」がイメージできたら、実際にモノの片付け・整理に入っていきます。

最初にすることは、モノを全部出すことです。

 

モノを全部出すことで

  • モノの全体量が把握できる
  • 想像していた量とのギャップに気付く
  • 探していたものが見つかる

など、出してみて初めてわかることがいろいろあります。

さおり
さおり
私も持っていたボールペンの多さにびっくりしました!

 

モノを全部出すのは大変で手間がかかりますが、持っているモノを把握することでこのあと分けたり選んだりしやすくなりますよ。

 

いきなり全部は出せない!という方は、引き出し一段のモノを全部出すことからはじめてみてください。

3:モノを分ける

モノを全部出したら、モノをざっくりと4つに分けていきます。

4つに分けるのは、

  • 要る・要らないの2つに分けて捨てるのは難しい
  • 使わないけれど捨てたくないモノもある

このような理由からです。

さおり
さおり
「捨てるために分ける」というよりは、「大切なモノを選ぶために分ける」イメージです

 

最初は感情に左右されないカテゴリで分けるのがおすすめです。

さおり
さおり
あまり考えなくてもスムーズに分けられるキーワードを考えていきましょう

 

要る・要らないの2つに分けて捨てるのは難しい 使わないけれど捨てたくないモノもある

私の場合は片付けのゴールである「作業しやすいスペース作り」にそって、

  • 文具類
  • 化粧品類
  • 書類・資料
  • 家計簿・手帳類
  • +明らかに不要なモノ

というカテゴリで分けてみました。

 

このようにカテゴリごとに分けてみると、

  • 同じようなペンを何本も持っていた
  • 使いかけのノートが何冊も出てきた

このようなことに気付けるので、モノを減らしやすくなりますよ。

さおり
さおり
古い書類があったり、リップクリームが2本出てきたり、明らかに要らないモノも多く出てきました

 

カテゴリごとにざっくり分けたあとは、箱ごとにモノの要・不要で分けたり、大切なモノ・必要なモノを選んでいきます。

私は使用頻度もあわせて、

  • 必要なモノで、ここで使う
  • 必要だけど、ここでは使わない(別の場所で保管)
  • 要らないから、すぐに処分する

というように分けていきました。

 

分け方は【好き・きらい】という感情や、【使っている・使っていない】という使用頻度などいろいろ考えられます。

さおり
さおり
ぜひあなたにとって分けやすいキーワードを考えてみてくださいね

4:モノを収める

モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

モノを分けたあとは、残したモノをそれぞれ使いやすいように収めたり配置したりします。

 

モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

文房具類は机の上に置きたかったので、とりあえずカゴごと仮置き。

さおり
さおり
使い勝手を見ながら過ごす、お試し期間です

 

お試し期間を設けることで実際に暮らす中での改善点が見えることもあります。

またお試し期間のあとに収納アイテムを購入することで、よりライフスタイルにあった収納アイテムを選ぶこともできるようになりますよ。

 

収納場所を考えるときの3つのポイントをこちらの記事にまとめたので、ぜひあわせて読んでみてください。

【シンプル収納のコツ】散らかりにくくなるモノの定位置3つの決め方モノの収納場所=定位置が決まっていると、悩む・迷うことが減って片付けやすくなります。 逆に定位置が決まっていないと ...

5:片付いた状態をキープする

片付けたあとは、その片付いた状態をキープすることも大切です。

そこでおすすめしたいのが片付けの習慣化

さおり
さおり
でも習慣化って難しそう

 

私もずっと挫折したり中途半端に終わってしまったり、習慣化とは無縁でした。

それでも無理なく習慣化できる3つのポイントを知ってから、住まいが変わっても、ライフスタイルが変わっても、散らかりづらくなりました。

さおり
さおり
一度習慣化すれば考えずに動くことができるのでラクなんです

 

習慣化の3つのポイントとは、

①少しずつ始める

②いつもの習慣の「ついでに」始める

③本来の目的以外の喜びを得る

引用:石川善樹『疲れない脳を作る生活習慣』

です。

 

こちらの記事ではこの3つのポイントを片付けにアレンジして紹介しているのでぜひ読んでみてください。

毎日の片付けがラクになる 片付け習慣を身に付ける3つのコツ
毎日の片付けがラクになる | 片付け習慣を身に付ける3つのコツ「毎日、ちゃんと片付けよう!片付けを続けよう!」と思っても、続けるのってなかなか難しいですよね。 今回は新しいこと...

片付けから理想の暮らしへの一歩を踏み出そう

今回は片付けの基本5ステップを紹介しました。

片付けを始めようと思っていた方の中には「片付けって大変そう」と思ってしまった方もいるかもしれません。

 

確かに片付けは時間がかかるかもしれませんが、思考の整理から始める片付けは、

  • 毎日の家事育児がラクになったり
  • 物事の選択がラクになったり
  • 本当に大切な物事を大切にできるようになったり

あなたにとって理想の暮らしの土台になってくれます。

まずは

「片付けたあとのおうちでどんな風に暮らしたいか」

考えることから始めてみてください。

 

さおり
さおり
少しずつ理想の暮らしを目指しましょう