片付けステップ2「収める」:大切なモノ・必要なモノを使いやすく収納しよう

片付けステップ2「収める」:大切なモノ・必要なモノを使いやすく収納しよう

前回はモノを分けて、大切なモノ・必要なモノを選びました。

片付けステップ1「分ける」:モノを全部出して大切なモノ・必要なモノを選ぼう

 

大切なモノ・必要なモノが選べたら、使いやすいように収めていきましょう。

選んだモノを使いやすく収納していこう

片付けステップ2「収める」:大切なモノ・必要なモノを使いやすく収納しよう

選んだモノを使いやすく収めるには、収納場所や収納方法について考える必要があります。

暮らしを最適化するための片付けなので、モノを使うとき・片付けるときに迷ったり悩んだりするのを減らせるように収めるのがポイントです。

 

ここでは使いやすく収めるコツとして、

  • モノの定位置を決める
  • 使い終わったらすぐに戻せる仕組みを作る
  • 収納スペースをうまく使う工夫をする

の3つを紹介します。

スポンサーリンク



モノを使いやすく収める3つのコツ

モノの定位置を決める

片付けステップ2「収める」:大切なモノ・必要なモノを使いやすく収納しよう

モノの定位置(住所)が決まっていると、

  • モノを出すとき
  • モノを片付けるとき

に悩む・迷うことが減って使いやすくなります。

さおり
さおり
探す時間も片付ける時間も減らせそうだね!

 

モノの定位置が決まっていないと出しっぱなしの原因にもなってしまうので、今あるモノはもちろん、新しく購入したモノの定位置も早めに決めたいですね。

 

モノの定位置は

  • 使う場所
  • 使う頻度
  • 使うタイミング

などを考えて決めると、使いやすく収められますよ。

 

定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときの3つのポイント

定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときのポイント3つ
定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときの3つのポイントモノの定位置(住所)が決まっていると、悩む・迷うことが減って片付けやすくなります。 逆に定位置が決まっていないと ...

使い終わったらすぐにしまえる仕組みを作る

片付けステップ2「収める」:大切なモノ・必要なモノを使いやすく収納しよう

使ったモノをすぐにしまえば散らからないんですが、しまいにくさがあるとどうしても片付けがめんどうになってしまいます。

モノを使いやすく収めるには、【使う→しまう】がスムーズな収納の仕組みにも注目してみてください。

 

  • 使いやすい収納アイテムについて考える
  • しまうステップを減らす
  • 「しまう」ではなく「使う」を意識する

このような工夫でモノの出し入れがラクになりますよ。

 

出しっぱなしにさよなら!使ったらすぐにしまえる収納のポイント3つ

出しっぱなしを防ぐ収納のコツ
モノの出しっぱなしを防ぐ!使ったらすぐに片付けられる収納の仕組みを作るポイント「片付けるのがめんどくさい!」と思うあなたへ。めんどくさい片付けをラクにしてくれるの片付けの仕組み作りを紹介します。仕組みを作れば片付けの時間短縮や家族の協力にもつながります。ぜひ片付けの仕組み作りで、快適な空間と時間を手に入れましょう!...

収納スペースをうまく使う工夫をする

モノを使いやすく収めるには、収納スペースの使い方もポイントになります。

 

たとえば、収納スペースにモノをたくさん収めると、探しにくい・出しにくい・戻しにくい収納になっちゃいますよね。

さおり
さおり
戻しにくさは、出しっぱなし・散らかりの原因に…

 

使いやすく収めるにはスペースに余裕を持たせることが必要です。

また使用頻度やモノの重さによって、収納スペースのどこに収めるかも変わってきます。

 

収納スペースをうまく使うには

  • 収納スペースに余裕を持たせる
  • ゴールデンゾーンを意識する
  • 収納アイテムの取り入れ方を考える

このようなことがポイントです。

使いやすく収めて暮らしを快適にしよう

片付けステップ2「収める」:大切なモノ・必要なモノを使いやすく収納しよう

今回はステップ2として、モノを使いやすく収めました。

片付けは「しまう」だけじゃなくて、使いやすくすることも重要です。

ぜひ毎日のモノの出し入れ・片付けがしやすくなる収納を目指していきましょう!