A5システム手帳でプリント管理に活用するときの_3つのポイント

A5システム手帳活用術 プリント管理に活用するときの _3つのポイント

息子が幼稚園に通うようになって、おたよりや書類など持ち帰ってくる紙類が一気に増えました。

さおり
さおり
息子が年少の頃は、プリント類で机周りが散らかりがちに…!

 

そんなプリント類で散らかった机周りをスッキリさせるときに役立ったのがA5サイズのシステム手帳でした。

システム手帳にはさんでプリント管理するようにしてからは、管理がラクに、机も散らかりづらくなりました。

 

今回は私が実際にやっている、プリントの管理がラクになる、A5システム手帳を活用するときの3つのポイントを紹介します。

  • プリントなど紙類の管理が大変
  • 書類の管理にうまく手帳を活用したい

このように思っている方におすすめの記事です。

プリント管理がラクになるおすすめアイテムも紹介しているので、ぜひ読んでみてください◎

手元に溜まる紙類は管理が大変

主婦がA5サイズのシステム手帳を使う3つのメリット

プリントや書類は、

  • あらゆる方向から入ってくる
  • 整理する前に新しいものが入ってくる
  • 紙で手元に来る

という面で、管理するのが大変です。

さおり
さおり
 紙類は手元に溜まっちゃうので、整理整頓が大変ですよね

 

  • どのくらいの期間保管するか
  • 家族の誰が保管するのか
  • どのような形で保管するのか

このようなことをあらかじめ決めておかないとすぐに溜まってしまうので、プリントなど紙類の片付けは思っているよりも大変です。

 

この記事ではプリント類の中でも

  • 保管は短期間
  • すぐに確認できる形で保管する

このようなものをA5システム手帳で管理するときのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク



A5システム手帳でプリントが散らかりづらくなった

プリントをA5システム手帳1冊にまとめたことで、部屋にプリント類が散らかりづらくなりました。

 

プリントは、すぐに探したり出したりできて、確認しやすい方法で保管したかった私。

クリアファイルに挟んで棚に立てると部屋はスッキリしますが、

  • 目的のファイルが探しづらい
  • プリントを確認するのに出し入れがしづらい

要はめんどくさいと感じてしまって、プリントがだんだん机に置きっぱなしになってしまいました。

さおり
さおり
置きっぱなしは失くすリスクも高いですよね

 

A5システム手帳でプリントを管理すると、

  • 1冊にまとまっていて探しやすい
  • 手帳を開けばすぐに確認できる
  • リフィル化したプリントをはさめる

このようにプリントの管理をラクにすることができました。

プリント管理にA5システム手帳を活用するときの3つのポイント

必要なプリントだけを挟む

主婦がA5サイズのシステム手帳を使う3つのメリット

手帳でプリントを管理するときは、必要なプリントだけを挟むのがおすすめ。

 

情報はどんどん入ってくるうえに、プリントなどの紙類は手元に溜まりがちになってしまいます

さおり
さおり
 全部保管しようとすると管理が大変!

たとえば、

  • こまめな確認が必要・不必要
  • いつまで保管しておくか
  • 誰がプリントを確認するか

このような基準でプリントを分類すると、

  • 手帳にはさむ
  • ファイリングして棚に保管する
  • 家族全員が確認しやすい形にする

など保管方法も変わってきます。

 

システム手帳には本当に必要な情報だけを挟むと、確認がラクになりますよ◎

 

私が愛用しているのはキャサロス ファイルノートカバーです。

表紙裏にポケットが多いので、ふせんや小さめのルーズリーフを入れることができるのもお気に入りポイント◎

さおり
さおり
幼稚園のおたよりはB判なので、折りたたんでしまっています

プリントをリフィル化する

主婦がA5サイズのシステム手帳を使う3つのメリット

システム手帳でプリントを管理するときは、穴あけパンチで紙類をリフィル化するのがおすすめです。

 

プリントをリフィル化すると、

  • ファイルの置き場所を決める必要がない
  • 机に出しっぱなしにならない
  • 手帳を開くだけで確認がしやすい

このようなメリットがあります。

 

情報をあちこちに置きっぱなしにすることがなくなり、手帳を開けば必要な情報がすぐに見つかる。

プリントをリフィル化するだけで、探す・出し入れする・確認するのがラクになるのです。

 

穴あけパンチは、「ミニサイズ」「バイブルサイズ」「A5サイズ」に対応している、オープン工業 穴あけパンチ手帳用がおすすめ◎

プリント管理の流れをシンプルにする

主婦がA5サイズのシステム手帳を使う3つのメリット

プリント管理に手帳を活用するときは、プリントを持ち帰ってきたときの流れをシンプルにすることがポイントです。

 

プリント管理する場所が多いと、

  • プリントをしまうとき
  • プリントを出して確認するとき

このようなときに迷ったり探したりする手間が出てきてしまいます。

 

手帳でプリントの管理をすれば、プリントを目的によって分類した後は手帳に挟むだけ、という行動のシンプル化につながります。

 

「全部を1冊にまとめると、探すのが大変では?」と思うかもしれません。

1冊にまとめた情報を探すときにおすすめなのがフィルムインデックスです。

シールタイプのインデックスはよく見かけますが、こちらはふせんタイプ。

プリントに直接貼っても紙を傷めることなくはがせて、何回も使うことができます。

厚口タイプのフィルムふせんはよれる心配がないので、ぜひ活用してみてください◎

まとめ:A5システム手帳でプリントがととのう仕組みを作ろう

主婦がA5サイズのシステム手帳を使う3つのメリット

今回は、プリントの管理がラクになる、A5サイズのシステム手帳の活用術についてお話しました。

プリントを1冊の手帳にまとめると、探しだり迷ったりすることがグッと減ってラクになります◎

 

主婦の手帳は、家のこと・子どものこと・家族のスケジュールなど情報量が多くなりがちです。

だからこそ保管・管理を工夫して少しでも負担を減らすのがおすすめです。

 

ぜひA5システム手帳を活用して、プリント類の管理がラクになる仕組みを作ってみてください◎

\こちらの記事もおすすめです/

我が家の書類はA5システム手帳とインデックスフォルダで整理しています

こちらの記事ではかわいいラベルが作れるテーププリンター「こはる」を紹介しています◎

 

テーププリンター「こはる」で家族の書類を整理しよう

書類をかわいくラベリング! テーププリンター こはる
【書類整理】かわいくラベリングするなら、テーププリンター「こはる」この記事では、かわいいラベルが作れるテーププリンター「こはる」を使った家族の書類整理についてお話します。 家族みんなの書類を見やす...