MENU
カテゴリー
おすすめ記事
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小2息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


おうちで過ごす時間や暮らすことが好き

特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
自分サイズのシンプルで心地よい暮らし

お弁当作りがラクになった、狭いキッチンだからこそ工夫したい収納のコツ

息子が通う幼稚園は、週に2回、お弁当の日があります。

そんなお弁当作りに、ちょっとした悩みがありました。

それは、お弁当を作るたびにバタバタとモノを出し入れしていること。

収納スペースは割とすっきりして、出し入れ自体はしやすかったんです。

それなのにお弁当作りでバタバタしてしまったのはモノのグループ分けが原因でした。

今回はお弁当作りがラクになった我が家の収納とモノのグループ分けを紹介します。

収納の仕組み自体は変えてませんが、グループを見直しただけで週2回、朝のバタバタの改善になりました!

これから片付け・収納を見直そうと思っている方はもちろん、何となく使いづらいな…という方にも読んでいただけると嬉しいです。

目次

モノのグループ分けは動きを意識しよう

使いやすい収納のコツに、モノのグループ分けがあります。

同じタイミングで使うモノをまとめると準備も片付けもラクになるので、片付け・収納のときには意識したいポイントです。

たとえば出かけるときにカバンに入れる財布やハンカチなどを同じ場所にまとめていたら、出かけるときの準備がラクになります。

このように使うタイミングや準備・作業の動きにあわせた収納を意識するのがおすすめなんです。

私のお弁当グッズ収納はモノの種類でグループ分けしていたんですが、お弁当作りという動きにあわせたことで大変さが改善されました。

実際にどんな問題があったか、どう改善したか見ていくよ!

我が家のお弁当グッズ収納とグループ分けのコツ

モノの種類でのグループ分けが使いづらさの原因だった

以前までの収納は、お弁当のおにぎりを作るときにいろんなところから、いろんなモノを出し入れすることが大変だと感じていました。

台所で使うモノはだいたいラックにしまっています。

【お弁当グッズ収納】準備も片付けもラクになるモノのグループ分けのコツ

のりが入っている乾物類はここ。

【お弁当グッズ収納】準備も片付けもラクになるモノのグループ分けのコツ

ラップやアルミホイルはここ。

ね、割とすっきりしてるでしょ?

一見すっきり収納しているように見えるんですが、お弁当を作るには大変な収納になっていたんです。

これまでは【乾物類】【ラップ類】とモノの種類でグルーピングしていました。

それこそがおにぎりを作るたびにいろんなところからモノを出す原因になっていたんです。

使いづらさの原因は、いろんなところからモノを出し入れする必要があること。

この使いづらさを解消していくためにはどうすればいいか?考えていきます。

問題点がわかったら、さっそく改善!

動きにあわせた【お弁当を作る】というグループ

これまでは【乾物類】【ラップ類】というモノの種類でグルーピングをしていました。

だけど私に必要だったのは【お弁当作り】というグルーピングでした。

仲間分けをするとき、無意識にモノの名前・種類など名詞でグルーピングしがちですが、使いやすくするためには動きでグルーピングすることがポイントです。

モノじゃなくて、私がどう動くかがポイントだったんだね

こうして【お弁当を作る】というグルーピングで、お弁当グッズがひとつのカゴにまとまりました。

【お弁当グッズ収納】準備も片付けもラクになるモノのグループ分けのコツ

もともと中に入っていた

  • お弁当箱
  • おかず用シリコンカップ
  • おにぎり型

に加えて

  • おにぎり用のり
  • おにぎり用アルミホイル

を追加しました。

このグルーピングにするにあたって、お弁当専用のアルミホイルとのりを新しく買いました。

以前までは、【兼用】を選んだ方が作業が効率よくなるんじゃないかと思っていました。

兼用のアイテムはいろんなところに使えるし、作業も片付けもしやすくなるんじゃないの?

だけど最近は

  • モノを収納する場所
  • モノを使うタイミング
  • モノを使う頻度

によっては、専用のモノを買った方が作業の効率化につながるんだなとも感じています。

出し入れしやすく、お弁当作りがスムーズに進む収納に

グルーピングを見直したことで、週2回のお弁当作りがスムーズになりました。

【お弁当グッズ収納】準備も片付けもラクになるモノのグループ分けのコツ

カゴはシンクの後ろの食器棚に入っています。

少ない動きで出し入れできるので便利です。

【お弁当グッズ収納】準備も片付けもラクになるモノのグループ分けのコツ

最近のお弁当作りの光景です。

シンク横のスペースにカゴをひとつ置くだけで、お弁当グッズがそろうようになりました。

台所が狭いから、このカゴひとつで済むのは嬉しいね!

狭い台所を有効に使えるようになったし、モノの出し入れも最小限で済むようになったので、お弁当作りの負担を減らすことができました。

準備・片付けがしやすいグループ分けを考えてみよう

今回はお弁当作りがラクになる、我が家の収納とグルーピングを紹介しました。

収納自体はすっきりしていたので「何で出し入れが大変なんだろう」と思っていましたが、グルーピングを見直すだけで使いやすい収納になりました。

モノは種類ごとに分けがちですが、大事なのは動きにあわせてグルーピングすること。

動きにあわせたグルーピングで、準備・出し入れ・片付けがラクになりますよ。

毎日おうちで過ごす中で「ちょっと使いづらいな…」と思ったらグルーピングを見直してみるのもおすすめです。

この記事をSNSでシェアする
目次
閉じる