ラク家事の仕組み

おいしいみそ汁を手軽に | だしパックを使った我が家のだしの作り置き

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

おいしいみそ汁が飲みたいけれど、だしをとるのってちょっとハードルが高いんですよね。

そんな私のおいしいみそ汁のハードルを下げてくれたのが、だしパックを使っただしの作り置きでした。

だしを作り置きすることで毎朝手軽にみそ汁が飲めるようになったので、おいしいみそ汁へのハードルが下がりました!

寝起きの頭で即準備できる! パターン化した 小1男児の朝ごはん紹介
寝起きに考えない献立 | パターン化した小1男児の朝ごはん紹介ごはん作りは嫌いではないんですが、毎日献立を考えるとなるとやっぱりちょっと疲れちゃいます。 一度だけ、献立を考えない一週間を過ごし...

 

この記事ではだしパックを使った、我が家のだしの作り置きを紹介します。

毎日手軽においしいみそ汁を飲めるようになるのでおすすめです!

だしの作り置きのおかげでラクになった我が家のパターン化した朝ごはんの記事も

だしの作り置き、我が家が使っているもの

久世福商店「毎日だし」

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

使っているだしパックは、久世福商店の「毎日だし」です。

 

  • 化学調味料・保存料不使用
  • 塩分控えめ

というからだにやさしいのが特徴。

塩分はひかえめですが魚の旨味が濃厚で、とてもおいしいです。

また袋の後ろには、水の量や煮出し時間も詳しく書かれているので、はじめて使うという方も安心です。

鉄玉子

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

意識的に鉄分を補給したいなと思い、鉄玉子を使い始めました。

鍋に入れてお湯を沸かすと鉄が溶出するというアイテムで、みそ汁を作るときやお茶を煮出すときに使えば鉄を補給することができます。

 

これをだしパックと一緒に煮出すことで、みそ汁で鉄分補給をしています。

ホームコーディ 冷水筒

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

作っただしは、ホームコーディ(トップバリュブランド)の冷水筒に入れています。

熱湯も入れることができるので、作ってすぐに入れてしばらく冷まして冷蔵庫で保存しています。

だしの作り置き手順

①鍋に鉄玉子、だし2包、水800mlを入れる

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

公式のだしの取り方は「水400mlに1包」で、私はその倍の量で作っています。

 

ちなみに使っている鍋はこちら。

今回のようにだしをとったり、1人前のお湯を沸かしたり、ブロッコリーを茹でたりするときに活用してます。

②沸騰したら弱火で4分

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

だいたい中火にかけて沸騰したら、弱火にして4分くらい煮出しています。

③ピッチャーに入れて冷ます

だしがとれたらピッチャーに入れて冷ますのですが、その前にだしパックと鉄玉子を取り出します。

鉄玉子はお玉で取り出して、水道水である程度冷まし、水気を取って自然乾燥させます。

 

だしパックを使った我が家のだしの作り置き

熱湯OKのピッチャーに入れて冷ましておきます。

冷めたら冷蔵庫の野菜室に入れるんですが、このピッチャーは上にも取っ手があるので、一番下についている野菜室から持ち上げるときも便利です。

まとめ

今回は我が家のだしの作り置きを紹介しました。

おいしいだしが常に冷蔵庫にあると料理もはかどりますし、おいしいみそ汁が手軽に飲めるようになるのでおすすめです。

ぜひ便利なだしパックとだしの作り置きで体にいい汁物を摂っていきましょう!

こちらの記事もおすすめです