片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

片付けの方法や収納術は、雑誌やSNSで紹介されています。

もちろんこのブログでも片付けの手順について情報を発信しているんですが…

片付けたあと、そのキレイさ・収納を維持できていますか?

 

雑誌やSNSをお手本にして一度は見た目がスッキリしても、それを無理なく続けなければ意味がありません。

さおり
さおり
一度キレイにしたのに、散らかるのは何がいけないんだろう…

 

そこで今回は、片付けや収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックするポイントを紹介します。

片付けの仕組みを見直し・改善して、快適な暮らしに近付いていきましょう!

片付けは仕組みが合わなかったら何度でも見直し・改善しよう

片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

思考の整理や手順にそった片付けでととのった状態になっても、そのあと暮らしていくうちに、

  • 最初はできたのに、だんだん片付けづらくなった
  • 片付けたときはできる!と思ったのに実際にはできない

こんな悩みが出てくるかもしれません。

 

そんなときはモノ・収納・仕組みを何度でも見直して改善していきましょう

 

片付けって、一度やればおしまい!というわけではないんです。

  • 日々モノが増えたり減ったりする
  • 子どもの成長や進級などの変化
  • 自分や配偶者の勤務体制の変化

などライフスタイルによって最適な仕組みは変わってきます。

だから、片付けづらい…散らかってきた…と思ったら、何度でも見直して改善することが大事なのです。

スポンサーリンク



片付けづらくなったときにチェックしたいポイント

モノの量はちょうどいい?

片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

もらいものだったり、新しく購入したりと、気付かないうちにモノの量が増えてしまうことはよくあります。

また片付けたときはすっきり収まる量だったのに、いざ管理しようと思ったら管理しきれない量だったという可能性も。

 

そんなときは一度、あなたにとってのちょうどいい量を見直してみるのがおすすめです。

もちろんモノは少ない方が片付けや管理がしやすいです。

だけどモノを減らしすぎると、不便さを感じたり快適さが薄れてしまったりする可能性も。

 

ちょうどいい量は人それぞれ違います。

ぜひ「あなたにとってちょうどいい量」を見つけてみてください。

ちょうどいい量って?モノが多いかもと思ったときにチェックしたい3つのポイント

モノが多いかも?と思ったときにチェックしたい3つのポイント
ちょうどいい量って?モノが多いかもと思ったときにチェックしたい3つのポイントモノが適正量より多いと時間やエネルギーを余分に消費してしまいます。今回は【モノの量が適正かどうか3つのチェックポイント】について。片付けを通して暮らしをよりよくしたいと思ったときは、ぜひこの記事のチェックポイントを参考に、モノの量にも注目してみてください◎...

モノの住所は決まっている?

片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

新しいモノが入ってくると、定位置(しまう場所=モノの住所)が決まっていないモノが出てきてしまうことも。

定位置が決まっていないと、つい置きっぱなし・出しっぱなしにしてしまい、部屋が散らかる原因に…。

 

片付けやすさのポイントのひとつに、モノの定位置が決まっているというものがあります。

モノの定位置が決まっていると悩んだり迷ったりすることがなくなるので、新しく入ってきたモノは早めに定位置を決めるのが散らかりづらくするポイントです。

 

定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときの3つのポイント

定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときのポイント3つ
定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときの3つのポイントモノの定位置(住所)が決まっていると、悩む・迷うことが減って片付けやすくなります。 逆に定位置が決まっていないと ...

使ったらすぐに戻せる仕組みになっている?

片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

モノは増えていないし、しまう場所も決まっているのに散らかっちゃう…。

やっぱり片付けられないのは性格のせい?と思うかもしれませんが、一度収納方法の見直しをしてみませんか?

 

モノの出し入れは毎日のこと。

片付けたときはスッキリと収納できたのに、いざ使ってみると使いにくい…

そんなときは「収納すること」だけではなく、「出し入れのしやすさ」に注目してみてください。

 

片付けでスッキリ収納することと、モノの出し入れのしやすさは別物なんだと、私も実際に片付けに取り組んできて実感しました。

ぜひ出しっぱなしを防ぐ仕組みについて考えてみてください。

出しっぱなしにさよなら!使ったらすぐにしまえる収納のポイント3つ

出しっぱなしにさよなら! 使ったらすぐにしまえる 収納のポイント3つ
出しっぱなしにさよなら!使ったらすぐにしまえる収納のポイント3つ「片付けるのがめんどくさい!」と思うあなたへ。めんどくさい片付けをラクにしてくれるの片付けの仕組み作りを紹介します。仕組みを作れば片付けの時間短縮や家族の協力にもつながります。ぜひ片付けの仕組み作りで、快適な空間と時間を手に入れましょう!...

片付けやすさを追求していこう

片付け・収納の仕組みがうまくいかなくなったときにチェックしたい3つのポイント

今回は片付けがうまくいかなくなったときにチェックしたいポイントを紹介しました。

片付けは一度やれば終わりではなく、ライフスタイルの変化によって見直していくことが大切です。

片付けたけど散らかりやすくなったなあと思ったときは、ぜひチェックをしてみてくださいね。

  1. 片付けはライフスタイルの変化によって最適な仕組みが変わってくる
  2. 気付かないうちにモノが増えていたら、ちょうどいいモノの量・モノの定位置について考えてみよう
  3. 収納は「スッキリしまう」だけではなく「毎日の出し入れのしやすさ」にも注目してみよう
関連記事