片付けたあともキレイを維持する!「しまう収納」ではなく「使う収納」という考え方

片付けたあともキレイを維持する!「しまう収納」ではなく「使う収納」という考え方

今回は、片付けたあともキレイを維持しやすい収納のコツについてお話します。

 

片付けのゴールと聞くと、「床にあるモノを収納スペースにしまうこと」だと思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろんモノを収納するのも大事ではあるんですが、片付けはしまうことだけがゴールではありません。

片付けは、片付け後の状態を維持することも大切な要素です。

 

だけどせっかく片付けても

  • いつの間にか散らかってしまう
  • 収納スペースの中がグチャグチャになりがち

という方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、我が家のシンク下収納で工夫している、キレイを維持する収納のコツについてお話します。

収納を見直すだけで毎日の片付けがグッとラクになるので、ぜひ参考にしてみてください◎

 

▼シンク下のスペースを最大限活用するなら、専用ラックがおすすめ

【しまう収納】にこだわっていませんか?

片付けた空間をラクに維持する

片付けをするとき、見た目のキレイさを重視しすぎて【モノをしまうこと】にこだわっていませんか?

 

【モノをしまうこと】を重視しすぎると

  • しまえればいいので、収納スペースに詰め込みすぎてしまう
  • しまうことしか考えていないので、モノの出し入れがしづらい

という使いにくい収納を生み出してしまいます。

使いにくい収納は「しまうのが面倒くさい収納」につながり、いつの間にかモノが出しっぱなしになる可能性が高いです。

 

キレイな部屋を目指すと、「どうやったらモノを全部しまえるのかな?」という【しまう収納】に目が行きがち。

だけど片付けるときに意識したいのは、モノが出し入れしやすい【使う収納】

毎日の家事や身支度で当たり前のように行うモノの出し入れ。

それが少しでもラクになる収納の仕組みを作るのがおすすめです◎

スポンサーリンク



片付いた後もキレイを維持する【使う収納】のコツ

使いやすいシンク下収納

ここでは実際にシンク下収納を見直した時の体験談を交えながら、キレイを維持する【使う収納】のコツについてお話していきます。

 

現在は保存容器やボウル類をしまっている我が家のシンク下。

それまではモノの定位置が決まっていなくて、保存容器や、ラップ・ポリ袋などの消耗品類であふれていました。

以前は整理整頓ができていなかったシンク下ですが、今では毎日無理なく片付けられています◎

 

そんな我が家のラクに片付けられる収納のポイント、

  • 7割収納を目指す
  • 出し入れがしやすい収納方法を考える
  • 実際に動きながら出し入れしてみる

について紹介していきます。

7割収納を目指す

モノの出し入れのしやすさを考えると、モノの占める割合は収納スペースの7割にするのがおすすめです。

 

我が家のシンク下もそうなんですが、作業をしながら手探りでモノ出し入れすることはありませんか?

そんなとき、ぎゅうぎゅうの10割収納だと、すごく出し入れがしづらくなってしまいます。

 

モノを出し入れするときに、手やモノ同士がぶつからないようにするためにも、まずは7割収納を目指してみてください◎

出し入れがしやすい収納方法を考える

キレイを維持しやすくするには、出し入れしやすい収納について考えてみるのが大事です。

 

私の場合、シンク下収納がこの形に定着する前は、収納用のカゴに保存容器をまとめていました。

それは「開けたときにスッキリ見えそう!」という見た目だけの理由だったのですが、これが大失敗!

使うたびにカゴを引き出して容器を取り出すのがめんどくさい!

私は利き脳が右脳タイプということもあって、ワンステップ収納が自分に合っています。

それなので、今は戸を開けてすぐに容器を取り出せるような形になりました。

 

また、容器は容器、ふたはふたでまとめて、収納スペースを節約しよう!と思ったこともありました。

だけど実際に使っているうちに、多少かさばっても容器とふたを1セットごとにしまった方が使いやすいこともわかったのです。

 

出し入れがしやすい形は人それぞれ。

ぜひあなたにとって出し入れがしやすい収納について考えてみてください。

実際に動きながら出し入れしてみる

シンク下の見直し・片付けをして気付いたことの1つ。

それは、「さあ、片付けよう!」と思って収納するのと、実際に調理をしながら出し入れするのとでは動きが違うことでした。

 

片付けるときはシンク前に座ってモノを出し入れしていました。

だけど調理中は中腰で、中を見ずに手探りだけでモノを出し入れしていたのです。

そうすると、片付けたときにはちょうど良かった棚板の高さが、実際に使ってみると出し入れしづらい高さだったことも判明!

 

実はこの体験が【しまう収納】と【使う収納】について考えるきっかけでした。

今までの私は、見た目のキレイさやモノをしまうことだけにこだわっていました。

だけどそれだけじゃキレイな空間は維持できないと実感したのです。

 

片付けはモノをしまうことがゴールじゃない。

実際に生活していく中で使いやすい収納を見つけて、無理なく片付けられる仕組みを作ることが大事だと実感しました。

まとめ:【使う収納】でキレイを維持しやすい仕組みを作ろう

片付けた空間をラクに維持する

今回は、片付けたあとにキレイを維持しやすい収納のコツについてお話しました。

片付けは【片付くこと】が大事なのはもちろんですが、【片付けた空間を維持すること】もとても大事。

そして片付けた空間を維持するためには、毎日の生活で【使う収納】を意識することがポイントです。

 

収納スペースを見直して使いやすい収納にすることで、無理なくキレイが維持できる暮らしを目指せますよ◎

ぜひ実際に動いてみながら、あなたにとっての使いやすい収納を見つけてみてください。

片づいた空間を維持する収納のコツ
  • 7割収納を目指す
  • 出し入れがしやすい収納方法を考える
  • 実際に動きながら出し入れしてみる
関連記事