スポンサーリンク

時間管理の第一歩!時間の使い方を見直せるライフログの基本とポイント

時間管理の第一歩!時間の使い方を見直せるライフログの基本とポイント
  • 時間をもっと活用したいけれど、何をすればいいかわからない
  • 時間の使い方を見直したいけれど難しそう…

やりたいことはあるけれど、そのための時間を確保するのはなかなか難しいですよね。

さおり
さおり
 私も数年前、家事・育児で1日が終わる!時間が足りない!と感じていました。

 

家事・育児だけなのに、すごく忙しくて大変!というわけじゃないのに、何で時間が足りないんだろう。

そんな疑問を解消した方法が、ライフログで時間の使い方を可視化することでした。

 

ライフログは日々の行動記録のことで、記録をつけることで

  • 時間が足りないと感じる原因
  • 時間を生み出す方法

を見つけられるメリットがあります。

 

今回は時間管理の第一歩として、ライフログのつけ方やポイントを紹介します。

時間管理は難しそう…と思っているあなたも、ぜひ1枚の用紙と1本のペンで始められるライフログを試してみてください◎

見えない時間はライフログで可視化できる

時間管理の第一歩にライフログがおすすめの理由

時間管理の第一歩にライフログをおすすめする理由は、見えない時間を可視化できるからです。

ライフログとは、使った時間(仕事・睡眠・娯楽など)を全部記録していくというもの。

 

過去に話題になった、食べた物を全部記録するレコーディングダイエットを知っていますか?

何をどれだけ食べたかを記録することによって、摂取カロリーを可視化できるのが特徴です。

摂取カロリーを可視化したことで食べ過ぎを防ぎ、ダイエットに効果的というものでした。

 

ライフログも同じように自分の行動を記録することによって、何にどれだけ時間を使っているかを可視化することができるのです。

使った時間を可視化することで、時間の使い方を客観的に見ることができるようになります。

 

時間は目に見えないものなので、何気なく過ごしていると何にどのくらい時間を使っているか把握しづらいもの。

だから時間管理の第一歩として、使った時間を可視化できるライフログをおすすめするのです。

 

ライフログをつけるときにおすすめなのがカンミ堂の1マイ手帳です。

  • 無料で利用できるバーチカルタイプのウィークリー
  • 表示期間・表示時間を設定できる
  • Google カレンダーの予定を印刷できる

このような特徴があるので、ぜひ活用してみてください

【参考】1マイ手帳 | カンミ堂

時間が足りないと感じる原因は行動の細切れさ

私がライフログをつけてわかったことは、行動も休憩も細切れだったことでした。

無計画に家事育児に取り組んでいたので、ちょっと動いて、なんとなく休憩して…の繰り返し。

時間の使い方にメリハリがなく、達成感も充実感もない時間を過ごしていました。

 

ライフログを見てみると、物理的に時間がないというのはありませんでした。

ただ時間に流されるように過ごしていたので、それが日々のモヤモヤにつながっていたのです。

私の場合は作業も休憩も予定化することで、メリハリのある日々を過ごせるようになりました。

スポンサーリンク

ライフログをつけてみよう!基本とポイントについて

ライフログをつけてみよう!基本とポイントについて

やったことを全部書き出してみよう

時間に限らず、思考や空間をととのえるとき、最初にやるべきなのは【全部出す】ことです。

 

大まかな流れは

  1. 全部出す
  2. 分ける
  3. 選ぶ
  4. 収める
  5. 維持する

このようになります。

さおり
さおり
実はこれ、部屋を片付けるときの手順と同じなんです

 

思考・空間・時間をととのえようと思ったときに大事なのは、ひとつひとつ順番にやっていくこと。

「出しながら選ぶ」「選びながら収納する」のように、同時に2つのことをやろうとしてもスムーズに進みません。

 

同じように、時間をととのえるためにライフログをつけるときには、まずあなたの行動・使った時間を全部書き出してみてください。

2週間、記録をしてみよう

ライフログはどのくらいつければいいの?と思ったとき、とりあえず2週間ライフログをつけるのをおすすめします。

 

ライフログを2週間つけると

  • ダラダラしちゃう時間帯
  • 疲れが出てくる曜日
  • 衝動的になってしまうきっかけ

など、行動や時間の使い方のクセが見えてきます。

 

自分のクセを知ることで、その時間帯・曜日だけ意識すれば、少しずつ生活習慣を改善することができます。

  • この時間帯はダラダラしがちだから、ストレッチをしてみよう
  • この曜日は疲れがちだから、予定は入れないようにしよう
  • この仕事の後はつい甘いものを食べてしまうから、コンビニに寄らないようにしよう

 

24時間ずっと、自分の行動について考えることはできません。

だから自分のクセを知って、行動・時間の使い方をピンポイントで見直すことがおすすめです。

使った時間を分類しよう

時間管理のマトリクス

日々の行動・時間の使い方は【緊急性】と【重要性】によって4つに分けられます。

時間管理のマトリクス 4つの領域
  • 「緊急で重要なこと」…第一領域
  • 「緊急でないが重要なこと」…第二領域
  • 「緊急だが重要でないこと」…第三領域
  • 「緊急でも重要でもないこと」…第四領域

緊急は「今すぐやらなければならないこと」を指し、重要は「あなたにとって何より大切なこと」を指します。

 

ライフログをつけたら、あなたの時間の使い方を4つに分類してみてください。

  • 日々を充実させるために増やす時間は何か
  • 日々を充実させるために減らすべき時間は何か

 

どんな時間を見直せばいいかについては、時間を有効活用したいときに見直すべき5つのことという記事で詳しく解説しているので、こちらも読んでみてください。

やりたいことに時間を使いたいと思ったときに見直すべき5つのこと
やりたいことに時間を使いたいと思ったときに見直すべき5つのことやりたいことに時間を使いたい…そう思っても、時間を確保するのは難しいですよね。そこで今回は、時間の有効活用を考えたときに【見直したい時間】や【時間を生み出すコツ】についてお話します。時間の使い方を見直して、好きなことを楽しめる時間を増やしていきましょう!...

まとめ:ライフログで時間の使い方を考えてみよう

ライフログで時間の使い方を考えてみよう

この記事では時間管理の第一歩として役立つライフログについてお話しました。

 

ライフログをつけてみると、

  • 本当に大切にしたいのはどんな時間か
  • 減らした方がいいのはどんな時間か

など、いろいろなことが見えてきます。

 

なんとなく過ごしていると、あっという間に時間は過ぎてしまいます。

時間を活用したい思ったら、まずは2週間、ライフログをつけてみてください。

そのライフログから見えてきた時間の使い方や行動のクセを少しずつ変化させれば、無理なく生活を見直すことができます。

 

時間の使い方を見直して、あなたの毎日が理想の暮らしに近付きますように◎

 

関連記事時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

ABOUT ME
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
転勤族の夫と4歳息子を持つ30代主婦/片付け・手帳・時間活用などを通して【あなたの暮らしにプラスを増やす】情報を発信しています/片付け相談・サポートサービス、講座開催に向けて準備中です(2018年10月現在)