サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小3息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


おうちで過ごす時間や暮らすことが好き

特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
おうちママの幸せな暮らしのととのえ方

片付けで目指したいのはキレイさよりも暮らしの快適さ

片付けで目指したいのはキレイさよりも暮らしの快適さ

おうちをきっちりキレイにしたものの、なぜか暮らしにくかったり不便になってしまったことはありませんか?

さおり

部屋を片付けよう!と見た目をととのえてもなぜかすぐに散らかってしまっていました

これまで片付けは見た目にこだわっていましたが、片付けを学んで気付いたことは本当に大切なのは快適な暮らしにフォーカスした片付けということです。

暮らしにフォーカスした片付けはおうちママの家事や子育てをスムーズに回す空間につながります。

また暮らしに必要なモノを選べるようになり、結果的にモノもスッキリ整理収納できるようになったというメリットも感じました。

この記事では快適な暮らしにフォーカスした片付けの効果や具体例を紹介します。

さおり

快適な暮らしにつながる片付けを取り入れるきっかけになればうれしいです

目次

片付けの目的はキレイな部屋ではなく暮らしの快適さ

片付けのいちばんの目的はキレイな部屋ではなくて暮らしが快適になることです。

暮らしの快適さにフォーカスすると、

  • 家事育児がスムーズになったり
  • おうちで過ごす時間が心地よく感じたり
  • お気に入りのモノや使いやすいモノだけに囲まれたり

ママの暮らしにも気持ちにもうれしいメリットがたくさんあります。

さおり

心地よい空間だと気持ちも上向きになりますね♪

以前は「片付け=キレイな部屋」だと思っていて、

  • 見た目だけにこだわり片付けがしにかった
  • モノを減らしすぎて不便になった
  • キレイな部屋を求めて延々と片付けてしまった

ということがありました。

さおり

SNSのマネをして片付けて、すぐに散らかってしまった経験もあります

キレイな部屋にこだわって片付けても暮らしがラクになることはありませんでした。

片付けで本当に大切なのは快適な暮らしができる空間づくりなのです。

快適さを心がけた片付けで感じた効果

ここでは私が快適な暮らしにフォーカスした片付けで感じた、

という暮らしの変化についてお話します。

家事がスムーズに回るようになった

1つ目の変化は、家事がスムーズに回るようになったことです。

片付けできていなかった頃は、家事も子育ても部屋中をバタバタ動き回っていて、それだけで大変さを感じていました。

そこから片付けを進めるうちに家事がしやすいモノの場所があるんだなと感じようになり、モノの配置によって家事の動線がととのえられるのを実感。

暮らしにフォーカスして自分のライフスタイルにあった片付けをすることで、家事がスムーズにまわるようになりました。

我が家の場合

これまで掃除機はリビングに置くのが当たり前だと思っていました。

引っ越しをきっかけに脱衣所に置いたことで、朝の洗濯干しから掃除機かけがスムーズになりました。

髪の毛が落ちやすい脱衣所もサッと掃除機をかけられて、キレイさもキープしやすくなったのも嬉しい変化です。

使いやすいモノだけがそろうようになった

2つ目の変化は、使いやすいモノだけがそろうようになったことです。

これまではモノは多い方がいいと思い「便利そうだから取っておこう」となかなか捨てられずにため込みがちに。

自分の暮らしと向き合ってモノの整理をすると、暮らしにとって本当に必要だと思うモノを選べるようになりました。

また片付けを通して感じたのが、便利グッズは誰にとっても便利というわけじゃないということ。

自分の暮らしにピッタリの機能であってはじめて便利グッズになるのかなと感じています。

このようにモノの性能だけにとらわれることなく、自分にとって使いやすいモノだけを残すことができるようになりました。

我が家の場合

片付けで目指したいのはキレイさよりも暮らしの快適さ

特に調理系の便利グッズはあれば便利かなと買うこともありましたが、失敗も多かったです。

自分の暮らしを考えたときに、調理がラクになる機能よりも、使い終わったあとに洗いやすいグッズの方が使い続けやすいと感じるようになりました。

そこから調理グッズの購入を検討をするときは洗いやすさを重視するようにしています。

さおり

写真のフードプロセッサーは、パーツがシンプルで洗いやすくてお気に入りです♡

モノの量にとらわれなくなった

3つ目の変化は、モノの量にとらわれなくなったことです。

片付けと聞くと、

  • モノを減らす必要がある
  • モノが少ない方が暮らしが快適になる

というイメージがありました。

たしかにモノは少ない方が片付けやすいメリットがあります。

けれどモノを減らしすぎると暮らしが不便になってしまうこともあるのです。

たとえば家にペンが1本しかない場合、別の場所で使うときには1か所か持ち出す必要があります

さおり

いちいち取りに行くのがめんどくさいな…

その場合、使う場所ごとに複数のペンを置いた方が暮らしは快適になると感じます。

モノは少ない方が維持管理はラクですが、暮らしが快適になるモノの量は人それぞれです。

片付けを通してモノの個数にこだわらなくなり、自分の暮らしにとって必要な量を見つけることができました。

我が家の場合

我が家には菜箸が10膳あります。

一般的に見れば多い方だと思いますが、副菜の作り置きをするときにいちいち洗う必要がないので、調理に集中できるというメリットがあるのです。

もし私が作り置きしないタイプだったら、ここまで菜箸を持っていなかったかもしれません。

このようにライフスタイルによって快適なモノの量は違ってくるのです。

快適な暮らしの片付けは思考の整理が大事

快適な暮らしにフォーカスした片付けの最初の一歩は思考の整理です。

片付けでの思考の整理は、自分の暮らしと向き合うことを言います。

暮らしと向き合うことで、

  • 片付けた部屋でどんな暮らしがしたいか
  • 自分にとってどんなモノ・コトが大切なのか
  • 自分のライフスタイルはどういうものか

暮らしに対する価値観が見つかります。

この暮らしの価値観がハッキリすることで、必要なモノを選べたり、ライフスタイルにあった収納ができたり、暮らし全体の快適さにつながるのです。

快適な暮らしにフォーカスする片付けには思考の整理が欠かせません。

思考に整理についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでみてください。

自分にとっての快適さを目指そう

この記事では片付けで目指したい暮らしの快適さについてお話しました。

快適な暮らしは人それぞれ。

たとえば「なるべく家事をしない暮らし」が快適な場合も「家事に手をかける暮らし」が快適な場合もあるのです。

そしてライフスタイルによって必要なモノの量や収納場所も変わってきます。

まずは片付けをする前に自分の暮らしと向き合って、自分にとってどんな空間に快適さを感じるかを見つけることが大切です。

さおり

ぜひあなたにとっての快適さを探してみてください^^

▼暮らしと向き合うおすすめ質問本▼

あわせて読みたい

目次
閉じる