大谷翔平選手に学ぶ!理想の実現にグッと近付く目標シートの書き方

大谷翔平選手に学ぶ!理想の実現にグッと近付く目標シートの書き方

今回は、理想の実現に近付ける目標シートについてお話します。

  • 漠然とした目標や理想はあるけど、どうやって実現させればいいかわからない
  • 目標達成・理想の実現のために、何をすればいいかわからない

そう思ったことはありませんか?

さおり
さおり
 私も理想の実現のためにどうしようか悩みがちでした

 

そんな私にぴったりだったのが、大谷翔平選手の目標シートでした。

目標シートに書き込むことで、好きなことをどう活かしていくか、そのためにどう行動するかを考えられるようになりました。

 

今回は目標達成・理想の実現に近付ける目標シートの書き方についてお話していきます。

ダウンロードできる目標シートも作ったので、ぜひ活用して理想にグッと近付いていきましょう!

目標シートは理想を具体的な行動に掘り下げることができる

目標シートの大きなメリットは、理想を具体的な行動に掘り下げることができることです。

大谷翔平 目標シート

出典:大谷翔平の目標達成シートは、凡人にも効果があるのか試してみた | 日刊SPA!

大谷選手が書いた目標シートとは、

  • 達成したい目標
  • 目標達成のための要素
  • 要素を取り込むための行動

を書き込んだ9×9マスのシートです。

 

目標シートはその構造に特徴があります。

目標シートの真ん中に長期的な目標を書き、その周りに達成のための要素・要素を取り込むための行動を書くという構造。

これは【未来の目標・理想】と【今の行動】のつながりを論理的な構造でまとめているものです。

 

目標を達成するためには【未来の目標・理想】と【今の行動】がつながっている、ということを意識する必要があります。

そのつながりを意識できなければ、いくら行動をしても「何のために行動しているんだろう…」と見失ってしまう可能性があるのです。

 

目標・理想を大きく広げるだけでもなく、やみくもに行動するだけでもない。

目標達成・理想の実現に【今の行動】をどうするのか、両方のつながりを意識できるのがこの目標シートなのです。

スポンサーリンク

目標シートに書き込んだら、やりたいことがつながった

私も実際に目標シートに書き込んでみたんですが、目標シートを書いたことでやりたいことがつながりました。

 

ライフオーガナイザー®を取得して、自分自身のライフワークとして活かしたいと思っていた私。

漠然とした理想も好きなこともいろいろありました。

むしろ好きなことは多くて、頭の中でバラバラになりがちでした。

さおり
さおり
好奇心と学習欲が旺盛なんですよね…

 

そこで、目標シートの真ん中には私のライフワークの目標を書いてみました。

それが自分自身や好きなことをマネタイズするにはどうしたからいいか、と考えるいい機会になったのです。

全部のマスを埋めるには、とことん自分と向き合わなければいけません。

 

目標シートを書いたことで、やりたいことがつながってきました。

 

さおり
さおり
印刷をしたかったので目標シートを作ってみました!

ぜひお気軽に印刷して書き込んでみてください。

目標シートをダウンロードする(pdf)

スポンサーリンク

目標シートの書き方

1:中央に長期的な目標を書く

まずは中央のマスに大きな目標を書きます。

すぐには達成できない、長期的な目標を書いて、それを達成するための要素を考えていきます。

 

最初に目標を書いてから、目標達成のための行動を逆算して考えるのです。

 

大谷選手の目標は「ドラ1、8球団(ドラフト1位、8球団から指名)」というものでした。

私はライフオーガナイザー®を含めて、自分自身のマネタイズに関する目標を書いてみました。

2:周りに目標達成のための要素を書く

次に、目標達成のための要素を8つ書きます。

大谷選手の挙げた要素は「体づくり」「コントロール」「キレ」「メンタル」「スピード160km/h」「人間性」「運」「変化球」でした。

 

さおり
さおり
 私も書いてみましたが、8つの要素は意外と多い!

スラスラと書けると思っていたのですが、自分の深い部分にまで目を向けなければ8つの要素は挙げられないと感じました。

 

しっかり考えると直接的な活動以外にも

  • 健康維持
  • 家事の効率化

などの要素も出てきました。

3:要素を取り込むための具体的行動を書く

そして最後に埋めるのが、要素の周りのマスです。

8つの要素を取り込むための具体的行動を、ひとつの要素につき8つずつ挙げていきます。

 

このいちばん外側のマスが、いちばん大事です!

とにかく、具体的に!

 

このマスが抽象的だと行動に移せないので、すぐにでも行動に移せるような言葉で書いてください。

達成しやすい目標を立てるポイントの記事に「具体的」のポイントがあるので、こちらも参考にしてみてください。

達成しやすい目標を立てるときに知っておきたい5つのポイント
達成しやすい目標を立てるときに知っておきたい5つのポイント目標を立てても達成できずに挫折ばかり…そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。今回は片付けを例に挙げて達成しやすい目標を立てるときの5つのポイントをお伝えします。この5つのポイントにそって目標を立てると、スムーズに行動に移せるようになりますよ!...

 

このマスがいちばん大事だと個人的に思っています!

ぜひすぐに行動を起こせるようなイメージで書き込んでみてください。

まとめ:目標シートで【今の行動】を可視化しよう

今回は、目標達成・理想の実現に役立つ目標シートについてお話しました。

漠然とした目標・理想があっても、そのためにこれをしよう!とすぐに行動できる人は多くないと思います。

だからこそ目標シートを活用して、自己実現のための具体的な行動を可視化するのが必要なのです。

 

未来と今のつながりを感じつつ、今すべき行動ができれば、目標達成も・理想の実現は目に見える範囲にまで近付くはず。

目標シートで【今の行動】とを可視化して、理想へ近づいていきましょう◎

目標シートをダウンロードする(pdf)

ABOUT ME
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
転勤族の夫と4歳息子を持つ30代主婦/片付け・手帳・時間活用などを通して【あなたの暮らしにプラスを増やす】情報を発信しています/片付け相談・サポートサービス、講座開催に向けて準備中です(2018年10月現在)