スポンサーリンク

普段使いのモノをかわいく収納!「大人のお道具箱」活用法とモノをうまく収納する5ステップ

大人のお道具箱活用法

今回は、裁縫セットを収納するために買ってきた【大人のお道具箱】を紹介します。

 

浅型でかわいい柄のボックスは、裁縫セットをしまって机の上に置いておくのにちょうどいい!

だけど大人のお道具箱に裁縫セット全部を入れることはできませんでした。

そんなとき、あなたならどうしますか?

 

今回は【大人のお道具箱】の活用法と、モノをうまく収納する5ステップについてお話します。

活用したい収納アイテムがあるという方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

「大人のお道具箱」について

大人のお道具箱で裁縫セットを収納する

こちらはロフトで購入した大人のお道具箱です。

ちょうどポイントが貯まっていたので、Lサイズ、Mサイズ、Sサイズ、SSサイズの全種類を大人買い!

サイズは、いちばん大きなLサイズのトレーが【たて214.5×横141×高さ34mm】です(ロフト公式ショップより)。

 

今回はLサイズとMサイズは花柄、SサイズとSSサイズはドット柄にしました。

それ以外にもたくさんの種類の柄があったので(どれも可愛い!)、ぜひ実際にお店に行っていろいろ組み合わせてみてください◎

 

ロフト公式ストアで
「大人のお道具箱」を見る

「大人のお道具箱」は仕切りボックスで無駄なスペースなし

大人のお道具箱で裁縫セットを収納する

大人のお道具箱、Lサイズのボックスに【Mサイズ・Sサイズ・SSサイズ】を入れてみました。

Lサイズのボックスの大きさは、

  • Mサイズなら2つ分
  • Sサイズなら4つ分
  • SSサイズなら8つ分

が中に入る大きさになっています。

隙間なくぴったりと収まるので、見た目もすっきりします。

 

大人のお道具箱のように箱と仕切りが同じシリーズでそろえられると、無駄なスペースがなくなるのでおすすめです◎

 

ロフト公式ストアで
「大人のお道具箱」を見る

スポンサーリンク

「大人のお道具箱」に裁縫セットをしまう

私の大人のお道具箱の活用法は、【裁縫セットを収納して机の上に置く】というもの。

今まで裁縫セットは居間の棚に入っていたのですが、机で作業するときに手が届くところに裁縫セットがあったらいいなと思ったので買ってきました。

 

だけど私の手持ちの裁縫セット全部は入りません。

大人のお道具箱は浅型のボックスなので、モノを大量に入れるというよりは、普段使いのモノを厳選して入れて、手の届くところに置いておくサイズだと感じました。

 

今回は、

  1. 目的を考える
  2. 今の状態を知る
  3. 目的にそってモノを分ける
  4. モノをしまう場所を考える
  5. 実際にモノを収納する

この5ステップで大人のお道具箱に裁縫セットを収納していきます。

1.目的を考える

「裁縫」と一言で言っても、作業することは人によって違います。

  • 何かを作るため
  • 修繕をするため など

「裁縫」は作業することの範囲が大きいので、まずは目的をハッキリさせることが大切です。

 

私の場合は、

  • はずれた服のボタンをつける
  • 服や小物のほつれを修繕する

机で作業するのは主にこの2つ。

目的がハッキリしたら、今持っている裁縫セットを見ていきます。

2.今の状態を知る

大人のお道具箱に裁縫セットを収納する

まずは現状を知るために、棚から裁縫セットを全部出してきました。

モノの量が多いと「全部出す」のは勇気がいるかもしれませんが、

  • どのくらいの量を持っているのか
  • どんなモノを持っているのか

これらを知るためには全部出すのがいちばんわかりやすいです。

 

ざっと見ただけで、大人のお道具箱に全部は収納できないだろうな、というのがわかりますよね。

 

ここで「とりあえず全部収納しよう!」とするとごちゃごちゃした使いづらい収納になってしまうので、箱に収納するモノを減らす方向で考えることにしました。

3.目的にそってモノを分ける

さっき、私が裁縫セットを机に置く目的は、

  • はずれた服のボタンをつける
  • 服や小物のほつれを修繕する

と書きました。

 

この目的にそってみると、

  • 机の上に置いておく必要があるモノ
  • 机の上に置いておかなくてもいいモノ
  • 処分するモノ

このように分類することができます。

 

  • かけ紐やお名前テープは、年に一度使うかな?という程度
  • 縫い針や糸はボタン付けでよく使う

というように、今回は使用頻度にそってモノを分類しました。

 

もちろんこれ以外にも分け方はあるので、分けやすいカテゴリを考えてみてください。

4.モノをしまう場所を考える

次は、3で分けたモノをどこにしまえば使いやすいか考えていきます。

 

たとえば、大量にあったまち針。

ハンドメイドの作業では多く使いますが、修繕のためならそこまで本数は必要ありません。

数本を大人のお道具箱にしまうことにして、残りはハンドメイド用品と一緒に押し入れにしまってもいいかな、と考えました。

ひもやゴムは使う頻度が低いので、こちらも押し入れへ。

 

あと、私が愛用している「裁ほう上手」という布用の接着剤。

裁ほう上手とアイロンを使うことで、裁縫が苦手でもバッグや袋類を作ることができるという便利アイテムです。

ほつれやはがれたワッペンの修繕に活用していますが、アイロンと一緒に使うモノなので、机の上じゃなくてアイロンと一緒に置いた方が便利だと考えました。

 

このように「どこにしまえば使いやすいか」を考えることで、片付けがスムーズに進みます。

5.実際にモノを収納する

大人のお道具箱に裁縫セットを収納する

こうして実際に収納してみた写真がこちらです。

  • まち針や糸は数を減らす
  • ひもやゴムなどの副資材は別の場所にしまう
  • ゴムひも通しは2本あったので1本を処分

 

このように目的にそってモノを見直すと、スッキリとした収納を実現することができます。

 

大人のお道具箱に裁縫大人のお道具箱に裁縫セットを収納する

机に置いた引き出しの奥、いつも座っているところから手を伸ばせば届くところに大人のお道具箱を置きました。

これで棚まで裁縫セットを取りに行かなくても、簡単な修繕作業ができるようになりました。

 

ロフト公式ストアで
「大人のお道具箱」を見る

まとめ:使う頻度でモノを見直してみよう

今回は大人のお道具箱に裁縫セットを収納したお話でした。

収納アイテムの中がぐちゃぐちゃでお悩みの方は、モノを捨てるだけではなく、

  • ここで何をするのか
  • ここにしまう必要があるのか

など目的についても考えてみてください。

今回は使う頻度でモノを分類して、収納場所を変えることで箱の中に裁縫セットをしまうことができました。

 

ぜひ今回紹介した5つのステップで、収納アイテムをもっとを使いやすくしてみてください。

 

ロフト公式ストアで
「大人のお道具箱」を見る