子どもの作品・思い出の品をすっきり片付ける保管・収納アイデア

子どもの作品・思い出の品をすっきり収納する我が家の保管アイデア

子どもの作品や思い出の品って、どんどん増えていくけれどなかなか手放しにくいですよね。

「思い出の品だから…」と全部を保管してしまいっぱなしになってしまうと、より手放しにくくなってしまいます。

また思い出の品を目で見て懐かしむという意味では、しまい込んでおくのはもったいない。

さおり

さおり

すっきりと収納・保管をして、暮らしの楽しみのひとつとして活用していきたいですよね

今回は子どもの作品や思い出の品を収納・保管するコツや、我が家での実際の収納について紹介します。

  • どんな基準で取っておいているのか
  • どのように収納・保管しているのか

実際の写真とともに紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

量・範囲を決めて保管する

思い出の品は、はじめに保管する量やスペースの範囲を決めるのがおすすめです。

思い出の品は、思い入れがある分、手放しにくく溜まりがち。

なのであらかじめ収納ボックスやスペースを決めて「ここに入る分だけ」という目で見てわかる基準を決めた方が片付けが進めやすくなります。

我が家も決して広くはない賃貸アパート住まい。

優先したいのは過去のモノではなく今の暮らし。

思い出の品は量を決めることで、今の暮らしにも負担なく大切に保管することができています。

範囲を決めて飾る

子どもの作品はしまうだけじゃなくて、飾るという方法の保管もあります。

そのときにもあらかじめ飾る範囲を決めるとモノがあふれにくくなるのでおすすめです。

我が家の場合、季節の作品は下駄箱の上に。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ

毎月持ち帰る折り紙&色塗りのカレンダーは場所を決めて飾っています。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ

このようにあらかじめ範囲を決めておくことで飾る・保管するモノを選びやすくなりました。

手放す前には写真を撮るのもおすすめ

手放しにくい作品は、写真を撮っておくと手放すハードルが下がります。

おすすめは子どもが作品を持ち帰ってきた日に写真を撮ること。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ
年少のときにはじめて幼稚園から持ち帰ってきたこいのぼり

作品を手放す直前に撮るよりも子どもの成長が目に見えるので、作品の思い出と成長の両方を楽しむことができますよ。

大きめの作品は季節小物と一緒に箱で保管

立体的な工作は幼稚園から持ち帰るのがほとんど。

節分のお面や雛飾りなど季節の工作が多いので、自宅にある季節小物と一緒に箱にまとめています。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ

使っているのはストレージクラフトボックス。

押し入れ収納にぴったりのサイズで愛用しています。

出し入れしやすいように蓋はせず、押し入れを開けたらすぐに中身が見えるようにしています。

さおり

さおり

箱の中身がいっぱいになったら量を見直す予定です。

このように大きめの作品は箱に入れて、中身が量がわかりやすいように保管しています。

絵はフォルダにまとめて保管

画用紙サイズの絵は年度末に持ち帰る作品フォルダのまま保管しています。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ
with サイズ比較用サランラップ

あまり見返すこともないので卒園を機に手放すかもしれませんが、今のところ押し入れの上の段にしまうことに。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ

市販のものだと、インスタグラムで話題の作品収納ボックスもありますよね。

まとめてしまって、増えてきたら見直すという形でうまく回っています。

赤ちゃん時代の細かいモノはリュックで保管

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ

細々した思い出の品は、もう使わない子ども用リュックに入れて保管しています。

小さいリュックなので小物類がまぎれることなく保管できています。

このリュックも保管しておきたかったので、思い出の品はこの中に入る分だけと決めています。

実はこのリュック自体も思い出の品なんです。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ
1歳前くらいの写真。おむつやおしりふきを入れて背負っていました
さおり

さおり

名前入りのリュックをしょって歩いている後姿はぜひ写真に残しておきたいかわいさですよ!

リュックの中には、

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ
  • ファーストシューズ
  • へその緒
  • 年少・年中の出席カード

が入っています。

ここに最近、箸が仲間入りしました。

【思い出の品】子どもの作品・過去のモノをすっきり収納するコツ

お食い初めのタイミングで母が買ってくれたのですが、普段ごはんを食べるときは使いにくいらしく、思い出として保管することにしました。

このような細々したモノたちは大きすぎない入れ物にまとめると、まぎれたりなくしたりしにくくなるのでおすすめです。

思い出はしまい込まずに保管しよう

今回は我が家の子どもの作品や思い出の品の収納・保管について紹介しました。

全部取っておこうと思うとすぐに増えてしまいますし、結局しまいっぱなしになってしまいがちな思い出の品。

大切に保管したいモノだからこそ、まずは範囲や量を決めるのがおすすめです。

さおり

さおり

大切な思い出をスッキリ収納できる方法をぜひ探してみてください

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事