片付け・収納のコツ

片付けのハードルを下げる | 出し入れしやすい収納3つのポイント

片付けのハードルを下げる | 出し入れしやすい収納3つのポイント
さおり
さおり
ライフオーガナイザー®さおりです

モノを出すこと・使うこと・しまうことは毎日当たり前に行うこと。

ですが、モノの出しっぱなしは部屋が散らかる原因のひとつです。

 

使ったらすぐにしまえば散らからないんですが、収納に「しまいにくさ」があるとどうしても片付けがめんどうになってしまいます。

 

今回はついモノを出しっぱなしにしがちなあなたに、モノの出し入れ・片付けがしやすくなる収納の仕組み作りのコツを紹介します。

「出しっぱなしにしちゃうのは性格のせいかも…」

そう思っていたあなたも、収納の仕組みを変えれば出しっぱなしが改善できるかもしれません。

また「家族が片付けてくれない…」とお悩みの方にもおすすめです。

 

さおり
さおり
我が家で実践している具体的な方法を紹介しているので、ぜひ読んでみてください

出し入れしやすい仕組みで片付けやすくする

まず最初に覚えてほしいのが、片付けられないのは性格がダメとか気合が足りないとかではないということ。

特に「(自分以外の)家族が片付けてくれない!」と思っている方は、家族の性格に原因があるんじゃないかと思いがちではないでしょうか。

だけどそれ以上に出しっぱなしの原因になるのが、片付けにくさ・しまいにくさなんです。

 

例えば使ったモノをしまうために、棚に前にある荷物をよけて~引き出しを開けて~引き出しの奥から小物入れを出して~…

いちいちこんなことをしていたら、片付けがイヤになっちゃいますよね。

 

「ウチの片付けはそんなに大変じゃない!」と思うかもしれませんが、片付けが苦手な人にとってはそのくらいのハードルの高さなんです。

さおり
さおり
私も出しっぱなし常習犯だったので、片付けのハードルは高いとずっと思っていました

 

ハードルを越えてほしいと思ったとき、やるべきこと。

それは精いっぱい応援することではなく、越えられる高さまでハードルを下げること。

さおり
さおり
片付けのハードルは収納の仕組み次第で高さを変えることができるんです

 

では実際に我が家で取り入れている片付けの仕組みを紹介します。

片付けやすくなる収納の仕組み作りのコツ

1:出し入れのステップを減らす

1つ目のポイントは、しまうときのステップ(工程)を減らすこと。

 

モノの出しっぱなしを防ぐ!使ったらすぐに片付けられる収納の仕組みを作るポイント

たとえばこのような「棚にある箱の中にモノをしまう」としたら、

  1. 棚から箱を出す
  2. 箱のふたを開ける
  3. モノをしまう
  4. 箱のふたを閉める
  5. 箱を棚にしまう

このように5つのステップが必要です。

「5つもステップを踏んでられない…!」

そう思ってしまった人は、モノを出しっぱなしにする可能性がとても高いです。

 

この場合、箱のふたを取れば、

モノの出しっぱなしを防ぐ!使ったらすぐに片付けられる収納の仕組みを作るポイント
  1. 棚から箱を出す
  2. モノをしまう
  3. 箱を棚にしまう

ステップを2つも減らすことができました。

 

箱のふたを取るという小さなことですが、ステップを減らすことで片付けのハードルが下がるのでオススメです。

2:出し入れしやすい高さに注目する

2つ目のポイントは、収納スペースの高さに注目すること。

これは背の高い食器棚や押し入れなどに活用できる方法です。

 

立った状態で出し入れができる目線からひざの高さは、出し入れがしやすい収納のゴールデンゾーンと言われています。

例えば食器棚のゴールデンゾーンによく使う食器を収納すると、

  • ごはん支度のときにスムーズに出し入れができる
  • 食器を洗った後ラクにしまうことができる

などのメリットがあります。

 

なので、よく使うモノ・出し入れするモノをこのスペースに収納すると片付けやすくなるのでおすすめです。

モノ、詰め込みすぎてない?スペースを有効活用する 押し入れ収納のコツ
もう押し入れ収納に悩まない | 大きなスペースを活用する収納のコツ 押し入れやクローゼットなど大きな収納スペースってモノがごちゃごちゃになりがちじゃないですか? もちろん「モノが多くてごちゃ...

3:出し入れしやすく空間に余裕をもってしまう

3つ目のポイントは、空間に余裕を持たせて収納すること。

いわゆる7割収納というものです。

 

収納するときにはつい「しまうこと」を意識して、限られたスペースにモノをたくさんしまおうとしていませんか?

モノがたくさんあると出し入れがしにくくなって、家事や仕事がスムーズにいかなくなってしまいます。

 

そこで見直すのが空間に余裕を持たせた収納です。

私が意識するようになったきっかけは、シンク下の片付けをしたときでした。

使いやすいシンク下収納

シンク下専用のフリーラックにボウルや保存容器がすっきり収まった!と思ったんですが、すぐに使いづらくなってしまいました。

その原因は、棚板の高さがギリギリで、ボウルが出し入れしづらいことでした。

 

シンク下を片付けたときは床に座ってしまっていたんですが、調理中には立ちながらの出し入れになります。

そのことを考えていなくて棚板を調節したので、立った状態ではボウルが引っかかって出し入れしづらかったのです。

 

すっきりしまおうと思いすぎて使うときのことを考えていなかった。

そんな片付けの経験から「しまう」ではなく「使う」を意識した、空間に余裕のある収納を実践するようになりました。

 

片付けをするときは、ぜひ実際に動きながら出し入れのしやすさを考えてみてください。

シンク下収納を紹介 出し入れしやすい収納でキレイを維持しよう
【シンク下収納】出し入れしやすい収納でキレイを維持しよう片付けはモノを収納するのことも大事ですが、片付け後の状態を維持することも大切な要素です。今回は、片付けたあともキレイを維持しやすい収納のコツについてお話します。収納を見直すだけで毎日の片付けがグッとラクになるので、ぜひ参考にしてみてください。...

片付けのハードルは仕組みで下げよう

今回はモノの出し入れ・片付けがしやすくなる収納の仕組みを紹介しました。

 

「ついモノを出しっぱなしにしてしまう」「家族がモノを出しっぱなしにして困る」

こんなモヤモヤがあるときは、まず収納の仕組みを見直してみるのがおすすめです。

 

ぜひ出し入れのしやすい収納の方法について考えてみてください。

こちらの記事もおすすめです