毎日の片付けをラクにする!片付けの負担を減らす仕組み3つのポイント

片付けの負担を減らす仕組み

モノの出し入れや片付けは毎日のことです。

だけど

  • 片付けるのがめんどくさい
  • 今日は片付ける気分になれない…

思う方も多いのではないでしょうか。

さおり
さおり
 私もかつて、「片付けは気合を入れてするもの」「片付けは疲れること・大変なこと」だと思い込んでいました

 

そんな大変で疲れると思っていた片付けをラクにしてくれたのが、片付けの仕組み作りです。

片付けの仕組みを作ると

  • 毎日の片付けがラクになる
  • 片付けに使うエネルギーを減らすことができる
  • 家族で片付けを共有しやすくなる

このようなメリットが生まれます。

 

今回は「モノがしまいやすい仕組み」を作るときの3つのポイントについてお話するので、使えそうなところはどんどん取り入れてみてくださいね!

片付けが大変だと思うのは、エネルギーを使うから

片付かないのは「めんどくさい」があるから

片付けとは【使ったモノを元の場所に戻す行為】のこと。

元の場所に戻すだけの片付けはかんたんそうに見えますが、スムーズに元の場所に戻せないとその分余計なエネルギーを使うことになります。

 

いざ片づけようとモノを手に取ったとき、

  • どこにしまおうか考える
  • モノをしまうために、ほかのモノをよける必要がある
  • 前はどこにしまっていたのか思い出そうとする

このようにスムーズに元の場所に戻せないと、片付けのたびに余計なエネルギーを使う必要が出てくるのです。

 

毎日の片付けでめんどくさいと感じるパターンとして挙げられるのは

  • そのモノをしまう場所が決まっていない(しまう場所を考える必要がある)
  • 使った場所と片付ける場所が離れている(戻しに行くのがめんどくさい)
  • モノをしまおうと思ったとき、ほかのモノをよける必要がある(スムーズにしまえない)

このようなことです。

モノを片付けようと思ったときにスムーズに元の場所に戻せないと、毎日の片付けが大変でめんどくさいと感じてしまいがち。

これが毎日の片付けが続かなかったり、部屋が散らかりがちになったりする原因です。

スポンサーリンク



モノがしまいやすい仕組みで、片付けで使うエネルギーを減らそう

仕組みを作れば頭を使う必要がなくなる

大変・疲れる・めんどくさい…そんな片付けあるあるは、仕組みを作ることで解消できます。

仕組みを作る最大のメリットは、片付けで余計なエネルギーを使う必要がなくなること

 

 

片付けの仕組みを作ることができれば、

  • しまう場所が決まっているので考えなくていい
  • モノをよけずにスムーズにしまえる

このように決まった場所にモノをスムーズにしまえることができて、毎日の片付けに使うエネルギーを節約することができます。

 

またこの仕組み作りは、家族の中で片付けの情報を共有しやすくなるメリットもあるんですよ◎

 

モノをしまう場所・しまうときのコツなどを共有できていない場合、

  • 片付けを頼んでもイメージと違う結果になった
  • 家族が片付けのゴールをイメージできずそのまま放置する

そんなもめごとの原因につながってしまいます。

 

あなたにとっては「普通に考えれば【ここに】【こうやって】しまうってわかるでしょ?」ということでも、ほかの家族がそうとは限りません。

以前おもちゃの片付けの仕組み作りについて書きましたが、片付けやすさ・使いやすさ・モノを使う場所や頻度は人それぞれ。

あなた1人のイメージではなく家族みんなが片付けやすい仕組みを考えることで家族みんなが片付けやすくなりますよ◎

片付けの仕組みを作るときのポイント

モノの住所を決める

モノの住所を決める

片付けの仕組みを作るときに欠かせないのが、モノをしまう場所をきちんと決めることです。

先ほども書きましたが、【片付け=使ったモノを元の場所に戻す行為】。

だから片付けるというのは、そのモノを戻す場所があるというのが前提になります。

 

「しまおうと思ってもしまうスペースがない!」という場合は、モノの量の見直しが必要かもしれません。

  • 持っているモノの量は適正か
  • ここにしまう必要はあるのか

このようなことを考える必要が出てきます。

 

最初はなかなかスムーズに進まないかもしれませんが、まずは1つのモノから小さな引き出し1つから始めてみましょう。

まずは小さな一歩、ベビーステップで疲れない片付け習慣を作ってみてください。

使う場所の近くにモノを片付ける

モノを使った後にスムーズに片付けるには、使う場所の近くに収納があると片付けやすくなります。

 

我が家の場合なんですが、救急用品は1ヶ所にまとまっていません。

薬は台所収納

風邪薬や頭痛薬は水と一緒に飲むので、台所のラックの上に置いてあります。

息子が赤ちゃんのときから、薬の誤飲防止のために高い位置に置くのが定着しました。

 

体温計はリビングに

ばんそうこうや体温計はリビングで使うことが多いので、私の作業スペースの引き出しにしまっています。

 

こうすれば薬を飲むときは台所1ヶ所で済みますし、体温計も熱を測ったあとすぐに片付けることができます。

モノの住所に悩んだときは、ぜひ普段の行動を思い出しながら考えてみてください。

出し入れしやすい収納方法を考える

出し入れしやすい収納方法を考える

片付けやすい仕組みを作るときは、出し入れのしやすさも大事になります。

 

たとえばモノをしまおうと思ったとき、

  1. 棚から箱を出す
  2. 箱の蓋を開ける
  3. モノをしまう
  4. 箱の蓋を閉める
  5. 箱を棚に戻す

毎回この5段階をやっていたら疲れると思いませんか?

年に数回しか使わないモノならいいかもしれませんが、毎日使うモノだと片付けるのが大変です。

ちなみに私が散らかりがちだった原因がこれでした。

しまいづらさが「片付けるのがめんどくさい」につながって、モノが出しっぱなしになりがちだったのです。

 

先ほどの5段階の場合、箱の蓋を取り除くだけで、

  1. 棚から箱を出す
  2. モノをしまう
  3. 箱を棚に戻す

手順を2つ減らすことができました。

モノの出し入れは毎日のことなので、ぜひ実際に動いてみながらあなたに合った収納方法を見つけてみてください。

まとめ:モノがしまいやすい仕組み作りで片付けをラクにしよう

片付けの仕組み作りで快適な空間と時間を手に入れよう

今回は、毎日の片付けがラクになる仕組み作りのポイントについてお話しました。

片付けの仕組みを作るとモノがしまいやすくなるのはもちろん、家族みんなで片付けを共有しやすくなるのもメリットです。

 

モノの出し入れ・片付けは毎日のことなので、キレイな空間や快適な暮らしのためにはスムーズに、そしてラクに続けられる仕組み作りが大切。

ぜひあなたやご家族にとって片付けやすい仕組みについて考えてみてください。

関連記事