モノの出しっぱなしを防ぐ!使ったらすぐに片付けられる収納の仕組みを作るポイント

出しっぱなしを防ぐ収納のコツ

モノを出すこと・使うこと・しまうことは毎日当たり前に行うことです。

部屋が散らかる原因のひとつに「出しっぱなし」があります。

さおり
さおり
使い終わったあと、つい出しっぱなしにしちゃうんだよね… 

使ったらすぐにしまえば散らからないんですが、収納に「しまいにくい」があるとどうしても片付けがめんどうになってしまいます。

 

今回は何となくしまうのがめんどくさくてモノを出しっぱなしにしちゃいがちなあたなに、使ったらすぐにしまえる収納にコツを3つ紹介します。

「出しっぱなしにしちゃうのは性格のせいかも…」と思っていたあなたも、収納の仕組みを変えれば改善できるかもしれませんよ。

また「家族が片付けてくれない…」とお悩みの方のヒントになれば嬉しいです。

 

我が家で実際に使っているおすすめの収納アイテムも紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

出しっぱなしは気合じゃなくて仕組みで防ごう

まず最初に覚えてほしいのが、片付けられないのは性格がダメとか気合が足りないとかではないということ。

特に「(自分以外の)家族が片付けてくれない!」と思っている方は、家族の性格に原因があるんじゃないかと思いがちではないでしょうか。

 

だけどそれ以上に出しっぱなしの原因になるのが、片付けにくさ・しまいにくさなんです。

例えば使ったモノをしまうために、棚に前にある荷物をよけて~引き出しを開けて~引き出しの奥から小物入れを出して~…

いちいちこんなことをやっていたら、誰だって片付けがイヤになっちゃいますよね。

 

「ウチの片付けはそんなに大変じゃない!」と思うかもしれませんが、片付けが苦手な人にとってはそのくらいのハードルの高さなんです。

さおり
さおり
私も出しっぱなし常習犯だったので、片付けのハードルは高いとずっと思っていました

 

ハードルを越えてほしいと思ったとき、やるべきことは精いっぱい応援することではなく、ハードルを越えられる高さまで下げること。

片付けのハードルは収納の仕組み次第で高さを変えることができるんです^^

 

さおり
さおり
今回はそんな片付けのハードルを下げる収納の仕組みを作るポイントを紹介していきますね

 

先にモノの定位置を決めたいという方にはこちらの記事もおすすめです。

定位置を決めて片付けやすく!モノの住所を決めるときの3つのポイント

スポンサーリンク



使ったらすぐにしまえる収納の仕組み3つのポイント

使いやすい収納アイテムについて考える

1つ目は、収納アイテムを使いやすいものにすること。

 

モノのしまい方にはいろんな方法があります。

たとえば服だったら

  • タンスにたたんでしまう
  • クローゼットにかけてしまう

このような方法が考えられます。

 

もし服をかけてしまいたい人の部屋にタンスしかなかったら…

  • 洗濯してハンガーからおろすのがめんどくさいからかけっぱなし
  • たたむのがめんどくさいから置きっぱなし
  • 引き出しを開けるのがめんどくさいから決まった服しか着ない

こんなことも十分にあり得ます。

 

服をかけたい人にはハンガーラックがぴったりなように、人それぞれしまいやすい方法によって収納アイテムが変わってきます

 

私が実際に使って良かったと思ったのは、文房具を収納するライフスタイルツールです。

右脳タイプ、ライフスタイルツール

文房具は引き出しにしまうよりも立てた方が私にはあっていたんです^^

ライフスタイルツールを取り入れたことで、机の上に出しっぱなしになりがちだったペン類が片付けやすくなりました。

文房具を立ててすっきり収納できる ナカバヤシ ライフスタイルツール
【文房具収納】立ててすっきり収納!ナカバヤシ「ライフスタイルツール」ペンやハサミを「またあとで使おう」と思って結局そのまま出しっぱなし…今回はそんな私の机をスッキリ片付けやすくしてくれた収納ボックス、「ライフスタイルツール」を紹介します。ライフスタイルツールは使いやすさとスッキリを両方叶えてくれる収納ボックスです。...

 

このようにしまい方によって使う収納アイテムは変わってくるので、まずはどの方法がしまいやすいかを考えてみてください。

しまうステップを減らす

2つ目は、しまうときのステップ(工程)を減らすことです。

 

モノの出しっぱなしを防ぐ!使ったらすぐに片付けられる収納の仕組みを作るポイント

たとえば「棚にある箱の中にモノをしまう」としたら、

  1. 棚から箱を出す
  2. 箱のふたを開ける
  3. モノをしまう
  4. 箱のふたを閉める
  5. 箱を棚にしまう

このように5つのステップが必要です。

さおり
さおり
5つもステップを踏んでられない…!

こう思ってしまう私は、このモノを出しっぱなしにする可能性がとても高いです。

(だって5ステップなんてめんどくさい!)

 

モノの出しっぱなしを防ぐ!使ったらすぐに片付けられる収納の仕組みを作るポイント

この場合、箱のふたを取れば

  1. 棚から箱を出す
  2. モノをしまう
  3. 箱を棚にしまう

ステップを2つも減らすことができました。

 

特によく使うモノはなるべく出し入れのステップを減らして散らかりにくくしたいですよね。

 

我が家では無印良品キッチンツールスタンドを使って調理器具を立ててしまっています。

無印良品キッチンツールスタンド

(撮影のために普段置いてある場所から移動させています)

毎日ひんぱんに使う調理器具は出し入れしやすさを重視して、引き出しではなくツールスタンドを取り入れました。

さおり
さおり
「キレイ」よりも「使いやすさ」を重視した方が片付けやすくなりますよ!

「しまう」ではなく「使う」を意識する

3つ目は、収納するときに「しまう」ではなく「使う」を意識することです。

収納なのに「しまう」を意識しないの?と思うかもしれません。

実はしまいやすい収納は、使っているときに注目するのも大事なんですよ。

 

私が意識するようになったきっかけは、シンク下の片付けをしたときでした。

使いやすいシンク下収納

シンク下専用のフリーラックを購入し組み立てて、ボウルや保存容器がすっきり収まった!と思ってすぐ…

さおり
さおり
ボウルが出し入れしづらい…?

そう思ったのです。

 

出し入れしづらい原因は棚板の高さでした。

シンク下を片付けたときは床に座ってしまっていたんですが、調理中には立ちながらの出し入れになります。

そのことを考えていなくて棚板を調節したので、立った状態ではボウルが引っかかって出し入れしづらかったのです。

 

すっきりしまおうと思いすぎて使うときのことを考えていなかった…。

そんな片付けの経験から「しまう」ではなく「使う」を意識した収納を考えるようになりました。

さおり
さおり
今でも収納について考えるときは実際に動きながら出し入れのしやすさを考えています

【シンク下収納】出し入れしやすい収納でキレイを維持しよう

出しっぱなしを防ぐ収納のコツまとめ

今回は出しっぱなしを防ぐ、使ったらすぐにしまえる収納のポイントを紹介しました。

  • 使いやすい収納アイテムについて考える
  • しまうステップを減らす
  • 「しまう」ではなく「使う」を意識する

使った後についつい出しっぱなし…私もよくあります。

ついつい自分を責めたり開き直ったりしたくなりますが、そんなときはぜひ収納にしまいにくさはないかな?ということを考えてみてくださいね^^