スポンサーリンク

モノの量が多いかも?と思ったときにチェックしたい3つのポイント

モノの量が多いかも?と思ったときにチェックしたい3つのポイント

今回は「あなたにとってのモノの適正量」について考えていきます。

 

この記事を読んでくださっている方は、片付けを始めようと思ったときに「もしかしてこの家、モノが多いかも…」と思っているのではないでしょうか。

  • なんとなく捨てられなくてモノを取っておきがち
  • とりあえず物置にしまっているからいいかな?

そんな方もいると思います。

 

モノが適正量より多いと部屋が散らかるだけではなく、時間やエネルギーを余分に消費してしまうというデメリットが…。

ライフオーガナイズは片付けを通して、暮らしを心地よくすることが目的です。

だから、部屋が片付くのはもちろん、時間やエネルギーを有効活用できるという視点も含めて、モノの適正量について考えていきます。

 

この記事で取り上げるのは、

  • モノの量と、時間・エネルギーの消費にどんな関係があるのか
  • なぜモノが適正量だと時間やエネルギーを有効活用できるのか
  • モノの量が適正かどうかのチェックポイント

についてです。

 

片付けを通して暮らしをよりよくしたいと思ったときは、ぜひこの記事のチェックポイントを参考に、モノの量にも注目してみてください◎

モノが適正量だと時間やエネルギーを有効活用できる

モノが適正量であるメリットは、時間やエネルギーを、自分のやりたいことに有効活用できること。

なぜならモノが適正量だと、無駄な迷いや悩みが生まれないからです。

 

たとえば毎日の服選び。

イギリスのスーパーマーケット「マークス・アンド・スペンサー」の調査(2016年)によると、18歳から60歳の女性が服選びに費やしている時間は、1日に平均で約17分というデータが出ています。

服選びは天気やTPO、色合いなど考えることも多いので、時間がかかるのも仕方ありません。

だけど持っている服が適正量より多かったらそれだけ選択肢も増えて、悩んだり迷ったりする時間やエネルギーが多く消費されてしまいます。

 

もし服を適正量まで減らして、毎日の服選びで消費する時間やエネルギーを減らすことができたら、その減らした分の時間やエネルギーをいろいろなことに充てることができます。

  • スキルアップのための勉強
  • 健康維持のためのストレッチ
  • 出発前のリラックスタイム など

いろいろなことができるのはもちろん、心に余裕を作ることも可能◎

 

このようにモノを適正量にして迷いや悩みを減らすことで、その分の時間やエネルギーを有効活用できるようになるのです。

スポンサーリンク



モノの適正量は人それぞれ

1つ注意してほしいのが、モノの適正量は人それぞれということです。

モノの量だけに注目すると、モノを減らしてミニマリストを目指せばいいのでは?と思うかもしれません。

だけど、「モノを適正量にすること」と「ミニマリストを目指すこと」は決してイコールではないのです。

 

モノの量だけにこだわってミニマリストを目指しても、

  • モノが少なくて不便さを感じる
  • 暮らしに快適さがなくなる
  • 生活しづらくなる

このようになってしまっては意味がありません。

 

ライフオーガナイズの片付けは、心地よい暮らしを送ることが目的

そのために必要なモノの量は人それぞれだということを覚えておいてください◎

モノが多いかも?と思ったときにチェックしたい3つのポイント

ここまで読んできて、「今のモノの量が適正かわからない」という方も多いと思います。

そんな方はこちらの3つのポイントをチェックしてみてください。

普段生活するうえで

  • モノを選ぶとき
  • モノを探すとき
  • モノを管理するとき

このような場面で大変さを感じる場合、モノの量があなたの適正より多いかもしれません。

それでは、ひとつひとつ詳しく見ていきます。

モノを選ぶときに大変さを感じる

  • 毎日の着る物
  • 毎食使う食器類
  • 毎日使う文房具

など、使うモノを選ぶたびに「どれを使おうかな」「何を使おうかな」と迷うことを負担に感じていませんか?

モノが多いということは、それだけ選択肢も多いということです。

もし日々の選択と決断に大変さを感じている場合、モノ(=選択肢)を減らすことで選ぶ時間やエネルギーも節約することができます。

モノを探すときに大変さを感じる

パッと見たときにどこにモノがあるか把握できなくて探すときに時間がかかってしまうことはありませんか?

 

部屋全体のモノの量が多くなく見えても、

  • ひとつの引き出しに詰め込みすぎて、いつもガサガサ探し物をしている
  • 押し入れやクローゼットの奥にしまったはずだけど見つからない

ということが多い方は、その収納のモノの量が適正量以上かもしれません。

モノを管理するときに大変さを感じる

特に洗剤や調味料に多いのが、

  • 家に在庫があるかどうかパッと思い出せない
  • それなので、在庫があるのに同じものを買ってきてしまう

このような場合もモノの量を見直してみてください。

在庫があるのに同じものを買ってきてしまうと、その分モノが増えて収納の中が余計にごちゃごちゃしてしまう…という悪循環になってしまいます。

 

  • あるかどうか不安だから買っちゃう
  • 特売があるとついまとめ買いしちゃう

このような方は在庫が増えがちになってしまうので、注意が必要です。

まとめ:モノの量を見直して、時間やエネルギーを有効に使おう

迷いや悩みを解消して、すぐに動ける人になろう

今回は、モノの量が多いかも?と思ったときにチェックしたい3つのポイントについてお話しました。

 

毎日は選択と決断の連続です。

適正量より多いモノを減らすことで、選択と決断に使う時間やエネルギーを節約することが可能になります。

 

このようにモノの量を見直すことは部屋がキレイになるだけじゃなく、時間やエネルギーを有効活用できる暮らしのためにも役立つのです。

 

本当にやりたいことに時間やエネルギーを使えるように、ぜひモノの量を見直してみてください◎

5月18日(土)チャリティイベントのお知らせ
オーガナイズウィークチャリティイベント北海道

5月30日=オーガナイズの日にちなんだチャリティイベントを今年も開催します!

北海道会場のテーマは

手に入れよう!自分のための「選択力」
~災害時にこそライフオーガナイズ~

 

北海道胆振東部地震を経験して重要性を実感した「選択力」

災害が起こった時、あなたは何を優先してどんな行動を選びますか?

 

リレートークとセミナーを通して、行動を起こすヒントや、これからの暮らしについて考えるきっかけとなる内容となっています

皆様のご参加をお待ちしております!

 

日時:2019年5月18日(土) 13:00~15:20
会場:かでる2・7 1030会議室
札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
参加費:3,000円(経費を除いた金額を全額寄付させていただきます)

詳細・お申し込みは
こちらから

関連記事