SNSのマネをやめてみませんか?自分らしく片付けるための3つのポイント

SNSのマネをやめてみませんか? 自分らしく片付けるための 3つのポイント

SNSや雑誌を見て、

さおり
さおり
あの部屋みたいに片付けたい♡

って思ったことはありませんか?

特にインスタグラムで、ずらっと並んだキレイな部屋の写真は見ているだけで片付けたくなるんですよね。

 

だけどSNSや雑誌を見ながら片付けても

  • 片付けが思うように進まない
  • 1回はキレイにできても、いつの間にか散らかってしまう

そんな経験はありませんか?

私もインスタグラムで見た収納をマネしてみたことがありましたが、気付いたら机の上にモノが散らかっているという状態でした。

 

そんな私が片付けられるようになったきっかけのひとつが、「片付けは人それぞれ」ということを知ったことでした。

今回はSNSや雑誌のマネをしても片付かないとお悩みのあなたに、自分らしく片付けるための3つのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

片付けはいろんなことが「人それぞれ」

SNSや雑誌のマネではない片付けをするコツ、片付けはいろんなことが人それぞれというのを知ることです。

雑誌の特集で片付け術というのを見たことがあると思うんですけど、実は片付けって正しい方法っていうのがないんですよね。

片付けやすい方法や収納場所に正解はなくて、答えはその人自身が持っているものなんです◎

 

SNSや雑誌はいろんなテクニックや収納アイテムが載っていて参考にしたいことも多いんですが、片付けの方法や使いやすさは、あなた自身のライフスタイルに合わせて考えるのがおすすめです。

 

私も「自分に合った片付けって何だろう?」と考えたことがきっかけで、片付けたあとも維持できるようになったり、片付け以外の場面でも暮らしやすい仕組みが作れるようになりました。

 

ではどんなことが人それぞれなのか、あなたらしく片付けるためにどんなことを考えればいいのかを詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク



自分らしく片付けるために考える3つのポイント

ここでは自分らしく片付けるポイントとして、片付けるときに考えたい3つのことを紹介します。

片付けの目的・ゴールを考える

片付けをする目的・ゴールは人によって違います。

まず知ってほしいのが、片付けのゴールはキレイな部屋じゃなくて、その人にとっての暮らしやすさなんです。

それによって手元に置いておくモノや収納する場所も人によって変わってきます。

 

たとえば台所の片付けの場合、

「掃除を楽にしたい」という方だったら、調理器具は全部引き出しなどにしまった方が掃除がしやすくなりますよね。

そういう人もいれば、「調理中にパッと出し入れしたい」という方は、出し入れしやすいように調理器具を外に出した収納の方が使いやすくなります。

 

このように片付けの目的・ゴール、そしてそれを達成するためにやることは人それぞれなんです。

 

使いやすい収納アイテムについて考える

家具屋さんや最近では100均でもいろいろな収納アイテムがあるんですが、人によって使いやすい収納アイテムというのは変わってきます。

その中のひとつがライフオーガナイズで取り入れている利き脳です。

さおり
さおり
利き手や利き足があるように、よく使われてる脳も人それぞれ!

 

【関連記事】
自分に合った片付けが見つかる!利き脳チェックで得意な方法を知ろう

 

私は色や形を認識しやすい右脳タイプで、収納アイテムは中が見える透明なものが使いやすいです。

左脳タイプの場合は文字を認識しやすいので、白いボックスにラベリングという収納方法もおすすめ◎

 

そのほかにも

  • 服をたたむ or かける
  • 小物類を引き出しにしまう or 立てる

このような収納方法の違いでも使うアイテムが変わってきます。

 

ぜひあなたの脳タイプや行動のクセ、ライフスタイルに合ったアイテムについて考えてみてください。

 

ちょうどいいモノの量を考える

暮らしにとってちょうどいいモノの量というのも人によって違ってきます。

シンプルライフやミニマリストという言葉が広がってきて、モノは少ない方がいいと思っている方も増えてきたんじゃないかな?と思います。

 

確かにモノは少ない方が片付けや管理が楽です。

だけどモノが少ないことで暮らしが不便になってしまっては意味がありません。

 

たとえば「家に置くペンは1本だけ!」と決意したとします。

リビングで書く時、台所で書く時、玄関で書く時、いろんな場所でペンを使うときにいちいちその1本だけのペンを持っていくのがめんどくさい!と思っちゃったら、それは減らしすぎのサインです。

 

先ほども書きましたが、片付けの目的は暮らしやすさ。

たとえモノを減らしても、不便さを感じては本末転倒です。

この場合だったら、リビングに1本、台所に1本、玄関に1本と、場所ごとに1本ずつ置いた方が暮らしやすくなるかな、と感じます。

 

このように快適な暮らしにとってちょうどいいモノの量も人それぞれです。

ぜひあなたにとってのちょうどいい量を考えてみてください。

 

【関連記事】
モノの量が多いかも?と思ったときにチェックしたい3つのポイント

 

あなたの暮らしのために片付けをしよう

今回は、自分らしく片付けるために知っておきたいことについてお話しました。

これまでSNSや雑誌のマネをしても片付けられなかった人は、もしかしたらその方法があなたの行動のクセライフスタイルに合っていなかったからかもしれません。

 

片付けに正しい方法はありません。

ぜひあなたのライフスタイルにあった片付けをして、暮らしやすい部屋や仕組みを作ってみてください◎