片付けステップ

「ゴールはキレイな部屋」ではない?片付けの本当の目的とは

さおり
さおり
ライフオーガナイザー®の さおり です

「片付けの目的=部屋をキレイにすること」だと思っていませんか?

もちろん片付けで部屋がキレイになることは暮らしにとってプラスになりますが、片付けの目的はもっと別のところにあるんです。

 

この記事では実際に片付ける前に知っておきたい片付けの目的についてお話します。

片付けの目的はよりよい暮らし

片付けの本当の目的は、その後の暮らしをよりよくすることです。

なぜならキレイな部屋は暮らしをよりよくするための手段だから。

 

確かに雑誌やSNSに載っているすっきりした見た目の部屋って憧れますよね。

でもキレイだけを目的にしてもその収納方法やモノの量があなたのライフスタイルにあっていなかったら、

  • 一度キレイにしてもすぐ散らかってしまう
  • 思った通りに片付けられなくてイライラする
  • 片付けられない自分自身を責める

なんてことが起こってしまうかも。

 

私もSNSをみて白い収納ボックスが並んだすっきりした見た目の収納に憧れてマネしていたときがありました。

だけどその収納は私にはあっていなくて、モノを出しっぱなしにしてしまいすぐに散らかってしまいました。

 

大切なのは見た目のキレイさやすっきり感ではありません。

あなた自身やご家族にとってやりやすい片付けや収納の方法を考えること。

そして片付けたあと、家事がラクになったり、気持ちよくくつろげたり、暮らしがよりよくなることが片付けの目的なのです。

ライフオーガナイズは暮らし・人生をととのえる考え方

ライフオーガナイズは片付けのやり方のひとつで、暮らしや人生をよりよくするための考え方です。

ライフオーガナイズの教科書』では、

ライフオーガナイズとは、ものの要・不要の区別ができるスキル、思考や時間・情報の整理術、再現性のある具体的な片づけ・収納の技術を、総合的にまとめた、人生を最適化するための考え方のことです。

引用:『ライフオーガナイズの教科書

と書かれています。

 

ポイントは、

  • あなたにとって大切なモノ・コトを選ぶこと
  • 思考や空間・心・時間・情報など暮らしのあらゆる事柄をととのえること
  • あなたにとって最適な暮らしを目指すこと

 

片付けのやり方のひとつではあるんですが、空間(部屋)の片付けだけではなく、思考・時間・心・情報など人生のあらゆるモノ・コトの片付けができるのも大きな特徴なのです。

暮らしをよりよくする片付け、ライフオーガナイズの特徴

見た目のキレイさではなく、片付けたあとの暮らしに注目する

目的は部屋の見た目のキレイさではなく、片付けたあとの暮らしやすさです。

さおり
さおり
どんなに見た目が美しくても、片付けや家事が大変だと思ったら意味がないんです

 

私も一時期SNSのマネをして収納アイテムをそろえたことがありましたが、自分の行動特性やライフスタイルにあわなかった…という経験があります。

SNSで見かける部屋はスッキリとしていて憧れますが、片付けてもキレイを維持できなかったり、片付けるたびにイライラするのは本末転倒。

 

片付けで暮らし全体をととのえるためには

  • 家事や子育てがしやすい収納
  • スムーズに行動できる動線
  • 大切なコトに時間を使える仕組み

など、このようなキレイな見た目以上に大切な目的があるのです。

モノを手に取る前に、自分自身や暮らしに目を向ける

暮らしやすさを実現するために、モノを手に取る前に自分自身に目を向ける=思考の整理から始めるのも特徴のひとつです。

 

「片付けをしよう」と思ったときに

  • モノを捨てる
  • 収納アイテムを買う
  • 雑誌やSNSで情報を集める

このようなことをしたことはありませんか?

さおり
さおり
これ全部…過去の私です!笑

 

でもモノを捨てても片付かなかったり、収納アイテムを買っても使いづらかったり、失敗も多かったです。

片付けをしよう!と思ったときに、モノを手に取る前に必要なのが思考の整理。

 

片付ける前にあなた自身や今の暮らしについて向き合って思考を整理することで、

  • どんな暮らしがしたいか
  • どんなことを大切にしたいか
  • どんなときに幸せを感じるか

など暮らしの価値観がはっきりします。

 

暮らしの価値観をはっきりさせることで、

  • 片付けのゴール(理想だと思う暮らし)を決めることができる
  • 大切なモノ・コトを基準を持って選べるようになる

このように、片付けの目的であるよりよい暮らしへアプローチしやすくなります。

 

ゴールがあいまいなマラソンをいつまでも走り続けるのは心が折れそうになりますよね。

片付けもはっきりとしたゴールがなければ挫折してしまいます。

まずはモノを手に取る前に思考の整理から始めて、理想の暮らしや大切なモノ・コトについて考えるのが大切なのです。

「捨てる」からではなく、大切なモノ・コトを「選ぶ」

ライフオーガナイズの片付けではモノを捨てるのではなく、大切なモノ・コトを選ぶことを大切にしています。

 

片付けしようと思ったときに、まずゴミ袋を用意してモノを捨てたという経験はありませんか?

確かにモノを減らせば片付けの手間もモノを探す手間も省けます。

だけどモノを減らすことを目的にするのはちょっと危ないんです。

 

片付けの目的は暮らしをよりよくすること。

モノを減らすことにこだわりすぎると、暮らしが不便になったり、「捨てなきゃよかった…」と思ってしまうことも。

 

たとえば靴を多く持っていて、その全部に愛着があってしっかり管理している人が「同年代の平均所持数より多いから捨てなきゃ!」と靴を減らして幸せになれると思いますか?

靴の管理が大変だったり、意味なく持っていたりする場合は処分もありですが、大切なのはモノの量・数ではなくてモノの持ち方です。

 

片付けのやりやすさが人それぞれなように、モノの適量も人それぞれ。

よりよい暮らしのために大切なこと。

それはモノを捨てることから始めるのではなく、あなたの暮らしにとって大切なモノ・必要なモノを選ぶこと。

 

大切なモノ・必要なモノを選べるとそれ以外のモノは自然と手放せるので、

  • 暮らすうえで必要なモノ
  • あなたが大切にしたいモノ
  • 暮らしの中で使いやすいモノ

このようなモノを選ぶことを重視しています。

まとめ

今回は片付ける前に知っておきたい、片付けのことについてお話しました。

片付けの目的はキレイな部屋だと思われがちですが、本当に大切なのは片付けたあとの暮らしです。

 

そこで暮らしをよりよくする片付けで知っておきたいこととして、

  • 片付けやすさは人それぞれということ
  • 「片付け=モノを捨てる」ではないこと
  • 片付けは思考の整理から始めること

について書きました。

理想の暮らしを目指す片付けにぜひお役立てください。

 

【次の記事】

リバウンドと挫折を防ぐ、片付けの進め方を解説 片付けをしていく中で、 何から手を付けていけばいいかわからない 捨てたり収納したりしたいけれどモノの移動だけで終...
こちらの記事もおすすめです