片付けの手順

【はじめに】片付けの前に知っておきたい片付けのこと

【はじめに】片付けの前に知っておきたい片付けのこと

ライフオーガナイザー®つしまさおりです。

今回は「おうちの片付け、はじめの一歩」シリーズの最初として、片付けをする前にぜひ知っておいてほしいことについて書きました。

【おうちとわたし】で紹介している片づけは、一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会が提唱する片づけをベースにしています

この記事を読んでいるあなたは、過去に片付けをしようとして挫折した経験があるのではないでしょうか。

さおり
さおり
もちろんこの記事を書いている私も、片付けの挫折経験アリです笑

 

なぜ片付けがうまくいかなかったのか。

ズボラで飽きっぽい性格だから?

家族が協力してくれないから?

実はそうではなく、片付けのことを知らなかったから、じゃないかなと思うのです。

 

私も以前は自己流で片付けを続けていて、挫折を繰り返していました。

だけどライフオーガナイザー®講座で

  • 片付けの意味や目的
  • 自分にあった片付けの方法
  • 片付けの手順

これらを知ったことで、長年悩んでいたモノがあふれていたスペースが片付いたのです。

 

このような経験から片付けをする前に片付けについて知ることが必要だと感じ、「はじめの一歩」シリーズの最初としてこの記事を書きました。

これから片付けを始めてみようかな?と思っているあなたが、片付けのゴールにたどり着くお役に立てたら嬉しく思います。

思考の整理から習慣化まで、片付けの手順をまとめました

暮らしをととのえる片付けの手順まとめ

片付けの目的はよりよい暮らし

最初にお話したいのは、片付けの目的について。

片付けの目的=キレイな部屋と思っているかもしれません。

でも片付けの本当の目的は、片付けたあとにある暮らしです。

なぜならキレイな部屋は暮らしをよりよくするための手段だから。

 

確かに雑誌やSNSに載っているすっきりした見た目の部屋って憧れますよね。

でもキレイだけを目的にしてもその収納方法やモノの量があなたのライフスタイルにあっていなかったら、

  • 一度キレイにしてもすぐ散らかってしまう
  • 思った通りに片付けられなくてイライラする
  • 片付けられない自分自身を責める

なんてことが起こってしまうかも。

 

私もSNSをみて白い収納ボックスが並んだすっきりした見た目の収納に憧れてマネしていたときがありました。

だけどその収納は私にはあっていなくて、モノを出しっぱなしにしてしまいすぐに散らかってしまいました。

 

大切なのは見た目のキレイさやすっきり感ではありません。

あなた自身やご家族にとってやりやすい片付けや収納の方法を考えること。

そして片付けたあと、家事がラクになったり、気持ちよくくつろげたり、暮らしがよりよくなることが片付けのゴールなのです。

 

ではよりよい暮らしを目指すにはどうしたらいいのか。

片付けをはじめる前にぜひ知っておきたい片付けのことについてお話します。

スポンサーリンク



片付ける前に知っておきたい片付けのこと

片付けやすさは人それぞれ

趣味や日々の過ごし方が人それぞれなのと同じように、片付けやすさも人それぞれです。

私もSNSの片付けをマネして挫折したからよくわかるんですが、

  • 片付けやすい収納の仕方
  • 出し入れしやすいモノの配置
  • 必要なモノの量

このようなことはライフスタイルや家族構成などで全然違ってきます。

 

たとえば服の収納ひとつとっても

  • ハンガーにかけて収納
  • たたんで引き出しに収納

など、方法はいろいろあります。

 

また(ステップ2で詳しくお話しますが)、

  • 中身が見える透明な収納ボックスがわかりやすい
  • 文字でラベリングした収納ボックスがわかりやすい

人によってはこのような違いもあるんです。

 

これまで何かのマネをしても片付かなかった…と挫折経験があっても、それは性格が原因というよりは、片付けにくかった仕組みが原因かもしれません。

片付けやすさは人それぞれなので、あなたのライフスタイルや行動にあわせた収納の仕組みを作ることが大切です。

「片付け=モノを捨てる」ではない

片付けしようと思ったときに、まずゴミ袋を用意してモノを捨てたという経験はありませんか?

確かにモノを減らせば片付けの手間もモノを探す手間も省けます。

だけどモノを減らすことを目的にするのはちょっと危ないんです。

 

最初にもお話しましたが、片付けの目的は暮らしをよりよくすること。

モノを減らすことにこだわりすぎると、暮らしが不便になったり、「捨てなきゃよかった…」と思ってしまうことも。

 

たとえば靴を多く持っていて、その全部に愛着があってしっかり管理している人が「同年代の平均所持数より多いから捨てなきゃ!」と靴を減らして幸せになれると思いますか?

靴の管理が大変だったり、意味なく持っていたりする場合は処分もありですが、大切なのはモノの量・数ではなくてモノの持ち方です。

 

片付けのやりやすさが人それぞれなように、モノの適量も人それぞれ(ステップ3で詳しく解説)。

注目するべきなのはモノの数・量ではないのです。

 

よりよい暮らしのために大切なこと。

それはモノを捨てることから始めるのではなく、あなたの暮らしにとって大切なモノ・必要なモノを選ぶこと。

大切なモノ・必要なモノを選べるとそれ以外のモノは自然と手放せるので、まずはモノを選ぶことを重視しています。

片付けは思考の整理からはじめよう

暮らしをよりよくするための片付けでまずやること。

それはは思考の整理です。

 

あなた自身や今の暮らしについて向き合って思考を整理することで、

  • どんな暮らしがしたいか
  • どんなことを大切にしたいか
  • どんなときに幸せを感じるか

など暮らしの価値観がはっきりします。

(ステップ4で詳しく書いています)。

 

暮らしの価値観をはっきりさせることで、

  • 片付けのゴール(理想だと思う暮らし)を決めることができる
  • 大切なモノ・コトを基準を持って選べるようになる

このように、心地よさや快適さを感じられる暮らしにアプローチしやすくなるんですよ。

 

ゴールのないマラソンをいつまでも走り続けるのは心が折れそうになりますよね。

片付けもはっきりとしたゴールがなければ挫折してしまいます。

まずはモノを手に取る前に思考の整理から始めて、理想の暮らしや大切なモノ・コトについて考えるのが大切です。

まとめ

今回は片付ける前に知っておきたい、片付けのことについてお話しました。

片付けの目的はキレイな部屋だと思われがちですが、本当に大切なのは片付けたあとの暮らしです。

 

そこで暮らしをよりよくする片付けで知っておきたいこととして、

  • 片付けやすさは人それぞれということ
  • 「片付け=モノを捨てる」ではないこと
  • 片付けは思考の整理から始めること

について書きました。

理想の暮らしを目指す片付けにぜひお役立てください。

 

次の記事では、片付けやすさを見つけるヒントになる利き脳についてお話します。

【ステップ1】利き脳チェックで片付けやすさを見つけよう

【ステップ1】あなたらしい片付けの第一歩 !利き脳チェックで 片付けやすさを見つけよう
【ステップ1】利き脳チェックで片付けやすさを見つけよう私が片付けられるようになったきっかけの1つが利き脳でした。自分の脳タイプに合った片付けや収納法を知ることで、片付けられるようになりました。今回は利き脳のチェック法や、右脳・左脳、それぞれに合った片付け・収納についてお話していきます。...

思考の整理から習慣化まで、片付けの手順をまとめました

暮らしをととのえる片付けの手順まとめ

おうちとわたしLINE
おうちとわたしLINE

【おうちとわたし】がLINEをはじめました!

ID:@385crths

ブログの更新情報や暮らしのヒントをお届けしています

普段お使いのLINEのように、1対1のトークも可能です

ブログのご感想・リクエストも受け付けているので、ぜひ登録してみてくださいね

更新情報を受け取る