MENU
カテゴリー
おすすめ記事
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小2息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


おうちで過ごす時間や暮らすことが好き

特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています

もう挫折しない!物事を続ける・習慣化させる3つのコツ

  • 毎日片付けを頑張ろう!
  • 毎日ダイエットを頑張ろう!
  • 毎日勉強を頑張ろう!

そう思って決意してみても、続けることってなかなか難しいですよね。

私の場合、忙しさで続けてきたことが途切れてしまうと、そのまま自然消滅しがちなのが悩みでした。

継続が苦手な私でしたが、今でも続けられているのが寝る前の片付けです。

もちろん最初から続けられたわけではありませんが、すっかり習慣化したことで「片付けておくかー」と軽い気持ちで取り組むことができています。

この記事では、習慣化が身に付きやすくなる3つのコツを紹介します。

何か新しいことを始めようと思ったとき、苦手なことをラクにしたいとき、習慣化が大きな味方になってくれるので、ぜひこの記事を読んで今日からはじめてみてください。

目次

習慣化は続けることが成功のカギ

習慣化のために大切なことは「続けること」です。

なぜなら習慣化するまでにはある程度の期間がかかるからです。

習慣化するために必要な日数について、

  • 21日で身に付く
  • 66日かかる

など、いろいろな数字を聞いたことはありませんか?

「結局習慣化にはどのくらいかかるの?」と思っていたんですが、実は分野によって習慣化に必要な日数は変わります。

  • 片付け・勉強・日記・読書・節約などの行動習慣=約1か月
  • ダイエット・運動・早寝早起き・筋トレ・禁煙などの身体習慣=約3か月
  • プラス思考・論理的思考・ストレス発散などの思考習慣=約6か月

なので片付けや勉強ならまずは1か月、ダイエットなら3か月続けることが大事です。

関連習慣化までの期間は? | 3つの分野と必要な期間まとめ

では実際に習慣化するまで続けるためにはどんなことをすればいいのかを解説していきます。

習慣化したいことを続ける3つのコツ

1:「何のためにするのか」目的をはっきりさせる

  • 「何のためにこれをするのか」
  • 「習慣化によってどんな自分になりたいのか」

このようなハッキリとした目的やゴールは、モチベーションを維持するためには欠かせません。

確かに、ゴールがあいまいだと「何の意味があるだろう」「今日はめんどくさいからいいや」という気持ちになりがちですよね。

  • 片付いた部屋でのんびりリラックスタイムを取る
  • あと3キロ痩せて大好きなデニムをはく
  • 資格を取得してステップアップする

このように目的やゴールがハッキリしていると、「もうちょっと頑張ってみようかな」という気持ちになれますよ。

2:いまある生活習慣とセットにして片付ける

新しく片付けという習慣を身に付けるとき、元からある習慣とくっつけることで習慣化しやすくなります。

毎日当たり前のように行っている、

  • トイレに行く
  • 歯を磨く
  • 顔を洗う
  • 台所に行く など

このように生活習慣とくっつけて

○○(いつもしていること)をしたら、☆☆(続けたいこと)をする

という形で実践するとハードルがグッと下がるのでオススメです。

たとえば

  • 寝る前のトイレに行ったら片付ける
  • 朝、子どもを見送ったらウォーキングをする
  • 夜のドラマが終わったら参考書を開く

このような感じ。

今までは「片付けしなきゃな~」と思いつつも、ダラダラとスマホを見ることも多かった私。

それが「歯磨きをしたら片付ける」という流れを意識するようになったら、歯磨きがトリガー(きっかけ)となって、片付けという次の行動をスムーズに起こせるようになりました。

単体でやると腰が重いことは、普段の習慣とくっつけて行動を起こすのがおすすめです。

3:1日1分など、最初は小さくはじめる

新しいことをはじめようと思ったときつい大きな行動目標を立ててしまいがち。

でもそれは三日坊主や挫折の原因になってしまいます。

脳は安定化思考なので、急激な変化は苦手です。

なので急に大きなことをはじめようとすると、脳が拒否反応を起こしてしまいます。

これまで目標を立てても続けられずに「私はダメな人間だ」と自分を責めてしまったことはありませんか?

それはもしかしたら、脳が拒否反応を起こしていただけかもしれません。

続けられなかったときにすべきなのは自分を責めることではなく、やることを小さく細分化して取り組みやすくすることなんです。

大切なのは大きなことをやるよりも、小さなことを続けること

まずは1日1か所、1日1分など、小さく始めてみてください。

私の片付け習慣も、1日10秒、リモコンを片付けることから始まりました。

関連1日10秒からでOK | 片付けの習慣化で今日からできるたったひとつのこと

1日10秒の片付けが今では部屋全体の片付けにつながっています。

続けること・習慣化することは暮らしをラクに快適にするポイントのひとつだなと改めて感じました。

続けたいことは今日から小さく始めよう

今回は習慣化するためのコツを紹介しました

最初は毎日続けることが大変に感じるかもしれません。

けれど大変なのは最初だけ。

一度習慣化すれば体が勝手に動いてくれるので、大変だと感じることはなくなります。

まずは今日から、最初は1分から、未来の自分のために習慣化のスタートを切ってみてください。

この記事をSNSでシェアする
目次
閉じる