片付け・収納のコツ

リバウンドと挫折を防ぐ片付けの進め方

片付けをしていく中で、

  • 何から手を付けていけばいいかわからない
  • 捨てたり収納したりしたいけれどモノの移動だけで終わってしまった

こんな壁にぶつかったことはありませんか?

 

この記事では片付けの取り掛かる前に知っておきたい、片付けの手順を紹介していきます。

片付けはひとつひとつ手順を踏んで作業していけば、ゴールを見失うことなく進めることができるようになりますよ。

リバウンドや挫折の原因はいろいろな手順を混合していること

しっかり片付けたつもりでも散らかってしまうリバウンド、そして片付けを進めても挫折してしまう原因のひとつは、片付けの様々な手順が混ざってしまっているから。

 

何気なく口にしている片付けという言葉ですが、その片付けの中身はこのようなピラミッドで考えることができます。

片づけピラミッド

私たちが毎日する片付けは、

  • 片付け=使ったモノを元の場所に戻す
  • 整頓=乱れを正してととのえる

このようなこと。

 

そしてその毎日の片付けをラクにするために必要な手順が、

  1. 思考を整理して暮らしにとって大切な物事を考える
  2. 暮らしに必要なモノを選び定位置を決める
  3. 選んだモノを使いやすいようにしまう

このようなことです。

 

この手順を知っていないと、

  • 不要なモノを捨てながらモノを収納する
  • とりあえず見た目をととのえるためにモノを移動させてみる

など様々な手順が混ざり、全部が中途半場になってしまいます。

これがリバウンドや挫折の原因のひとつ。

 

リバウンドや挫折を防ぐために大切なのは、手順にそってひとつひとつ作業していくことなのです。

片付けの手順を解説します

リバウンドと挫折を防ぐ、片付けの手順を解説します

ここでは片付けの手順、

  • 考える
  • 分ける
  • 収める
  • 見直す

をひとつずつ解説していきます。

自分の暮らしについて「考える」

リバウンドと挫折を防ぐ、片付けの手順を解説します

片付けでモノを手に取る前に大切なのは、自分や暮らしについて考えることです。

片付けの目的は、部屋をキレイにすることではなく、暮らしをよりよく快適にすること。

 

そのためにはモノを手に取る前に、

  • 暮らしの中で自分が大切にしていることは何か
  • 片付けたあとの部屋でどんな暮らしがしたいか
  • 自分にとって片付けやすい方法は何か

など、自分自身や暮らしと向き合って考える思考の整理が大切になってきます。

 

当サイトでは実際にモノを手に取る前の

  • 暮らしの価値観を明確にする
  • 片付けやすさを見つける「利き脳」
  • ちょうどいいモノの量チェック
  • 挫折しない目標を立てる

これらを「考える」パートとして紹介しています。

大切なモノ・必要なモノを「分ける」

リバウンドと挫折を防ぐ、片付けの手順を解説します

思考の整理が終わった後は、モノを全部出して要不要に分け、暮らしにとって大切なモノ、必要なモノを選んでいきます。

 

モノを全部出すのは勇気がいるかもしれませんが、全部出すことによって、

  • モノの全体量が把握できる
  • 想像していた量とのギャップに気付く
  • 探していたものが見つかる

このような効果があるのです。

 

片付けの目的=よりよい暮らしというのを踏まえて、「考える」で明確にした価値観にそってモノの要不要を選んでいきます。

モノを出し入れしやすい場所・方法で「収める」

リバウンドと挫折を防ぐ、片付けの手順を解説します

暮らしにとって大切なモノ・必要なモノを選んだら、

  • モノが使いやすくなる定位置
  • モノが出し入れしやすい収納の仕組み

について考えていきます。

 

モノを収納する方法はいろいろあります。

たとえば洋服ひとつとっても、たたんでしまう方法もあれば、ハンガーにかけてしまう方法もあります。

ライフスタイルや行動パターンなどによって出し入れしやすい収納は人それぞれです。

 

また収納用品を検討するのもこの段階になるんですが、それもライフスタイルや行動パターンによって使いやすいアイテムは変わってくるので、ぜひ使いやすいものを探してみてください。

片付けしやすいように「見直す」

リバウンドと挫折を防ぐ、片付けの手順を解説します

片付けは一度仕組みをととのえて終わりというわけではなく、モノを使ったらしまうという習慣化が大事です。

当サイトではステップの最後で片付けを習慣化しやすくする方法を紹介しています。

 

また片付いたあとの部屋を維持するために、時にはモノの量や収納の仕組みを見直してみるのも大切です。

まとめ

この記事では片付けの手順を紹介しました。

片付けはひとつひとつ順番に取り掛かることで、リバウンドや挫折することなく進めることができます。

モノを手に取る前に片付けの土台である思考の整理=暮らしについて考えてみることからはじめてみてください。

こちらの記事もおすすめです