自分時間を確保・最大化する主婦のバーチカル手帳の使い方

時間がない人にこそ読んでほしい! 自分時間を確保する 主婦のバーチカル手帳の使い方

1日24時間という限られた時間、せっかくだから本当にやりたいコトや大切なコトに使いたいですよね。

私は数年前までは家事育児に追われて、いつの間にか時間が過ぎている…という毎日を過ごしていました。

さおり
さおり
「やりたいことはたくさんあるのに!」とモヤモヤしていた頃です

 

そんな私の転機になったのが、バーチカル手帳の活用でした。

これまで手帳は好きで使っていたんですが、主婦に手帳は必要ないのかな?と思っていました。

だけどバーチカル手帳を使うようになって、使える時間が不規則になりがちな主婦にこそ手帳が必要だなと感じるように。

 

今回はそんな私のバーチカル手帳の使い方を紹介します。

  • バーチカル手帳を使う目的は?
  • バーチカル手帳にどんなことを書いているの?
  • 主婦に手帳って必要?

など、バーチカルに興味のある方はもちろん、これから手帳を使ってみようかなと思っている方もぜひ読んでみてください。

バーチカル手帳は使える時間を可視化するために使う

私はブログなどの作業をする時間を確保したいと思ってバーチカル手帳を活用しています。

バーチカル手帳を使うメリットは時間が可視化できるようになることです。

時間は目に見えないので、

  • どのくらい使えるか想像しづらい
  • 使い方を意識しづらい
  • 「何をしようかな」と考えてるうちに過ぎてしまう

など、うまく使おうと思ってもなかなか難しいですよね。

また、私もそうなんですけど、主婦は生活時間を家族にあわせると使える時間が不規則になりがちです。

さおり
さおり
夫の仕事も不規則になりがちだし、息子の行事や習い事の予定もあるよ

 

そんな主婦だからこそ時間を作りたいと思ったら、バーチカル手帳を活用して自分主体で使える時間を意識的に作る必要があります。

スポンサーリンク



時間を確保できるようになるバーチカル手帳の使い方

主婦のバーチカル手帳の使い方

ここでは私のバーチカル手帳の使い方を紹介します。

さおり
さおり
A5サイズのシステム手帳、見開き1週間のバーチカルを使っているよ

最初に重要な予定を書く

まずはバーチカル手帳に重要な予定を書いていきます。

使える時間を可視化するためなので細かく言葉で書くというより、時間軸にしるしを付ける形で書いていきます。

 

主婦のバーチカル手帳の使い方

私は予定の種類によってマイルドライナーで色分けしています。

黄色は子どもに関する予定です(この日は参観日でした)。

 

予定そのものの時間だけじゃなく前後の移動時間も含めて書くと使える時間がわかりやすくなるのでおすすめです。

細かく書くと時間がかかってしまうので、まずはざっくりと重要な予定の時間にしるしをつけていきましょう。

 

私はバーチカル手帳でタスク管理もしているので、バレットジャーナルのキーアイコンを活用しています。

シンプルな記号でタスク管理をラクに!キーアイコンの具体的な使い方

家事をする時間も大まかに予定化する

重要な予定の時間にしるしをつけたら、家事や家仕事の時間も大まかに予定化します。

家事の時間も予定化してバーチカルに書いておくと、より自分時間を確保しやすくなりますよ。

 

主婦のバーチカル手帳の使い方

息子が幼稚園に行っている間に作業を済ませたいので、息子が帰ってきてから寝る前の間に家事をする、という予定で線を引いてます。

 

こちらの記事ではすき間時間に家事を進めるコツを紹介しているので、こちらも読んでみてください。

すき間時間の家事貯金で、炊事を小さくラクに進めるコツ

空いた時間を自分時間のために予定化する

重要な予定・家事に充てる時間を書き込んだあとは、空いている時間を自分が使える時間として書いていきます。

使える時間ができたときに「この時間で何をしようかな」と考えている時間が一番もったいないと思うので、自分のための時間も予定化していきましょう。

さおり
さおり
時間は余ってもお金のように貯めることってできないから、【使える時間をどう活用するか】が大事!

 

主婦のバーチカル手帳の使い方

私はピンクが好きなので、ブログ作業や勉強など自分のために使う時間はピンク色にしています。

何となく過ごしていると時間に追われているような気がしていましたが、空いた時間を意識的に予定化することでやりたいことができるようになりました。

 

このようにバーチカル手帳で時間を可視化・予定化することで、やりたいコトに使える時間を確保しやすくなるのです。

バーチカル手帳で時間を主体的に使おう

今回は、大切なコトに時間を使いたい!と思っている私のバーチカル手帳の使い方を紹介しました。

 

時間を活用するということは、やるべきことを短時間で終わらせることだけではないと思っています。

やるべきことを終わらせたあと、空いた時間をどう使うか主体的に考えることも大切です。

 

転勤族で不規則勤務の夫を持ち、家事・育児が中心の私の日々。

その中でもこうやって作業する時間を作れているのはバーチカル手帳で時間を可視化・予定化しているからです。

限りある時間を、楽しく・有意義に・プラスのことに使えるように、ぜひバーチカル手帳を活用してみてください。

2020年はCITTA手帳のバーチカルを活用します。

おうちとわたしLINE
おうちとわたしLINE

【おうちとわたし】がLINEをはじめました!

ID:@385crths

毎週金曜日、ブログの更新情報をお届けしています

普段お使いのLINEのように、1対1のトークも可能です

ブログのご感想・リクエストも受け付けているので、ぜひ登録してみてくださいね

友達登録をする

関連記事