サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
1987年生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小5息子の母

ライフオーガナイザー®


おうちの中で楽しむことや暮らしやすさを追求することが好き


当ブログでは「幸せをえらぶ暮らしづくり」をテーマに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
【最新記事】3/27「小学生の愛用キーケース紹介」

ランドセルの鍵が目立たない | 低学年から使えるおすすめキーケース

当ページのリンクには広告が含まれています。

これから小学校に入学するお子さんや、小学校生活に慣れてきたお子さん。

家の鍵を持ち歩く機会も増えるのではないでしょうか。

息子がランドセルに鍵をつけ始めたのは小学2年生のとき。

小学生が鍵を持っていると不審者に狙われる場合があると聞いたことがあったので、なるべく目立たないキーケースを検討していました。

そんな我が家にぴったりだったのが、シブヤ文房具のキーケース。

小学2年生のときから使いはじめて、もうすぐ5年生という今でも変わらず使っています。

親の私も安心して持たせられるキーケースです◎

この記事では小学校低学年から使えるキーケースを紹介します。

小学生だからこそおすすめのポイントもあるので、参考になればうれしいです。

目次

シブヤ文房具のキーケースはランドセルにぴったり

我が家は息子が小学2年生のときに鍵を持ち始めたので、低学年の子どもでも安全に鍵を持ち運べることを重視してキーケースを探しました。

シブヤ文房具のキーケースは、

  • 肩ベルトに固定できる作り
  • リールが伸びてケースを外すことなく使える
  • ファスナーが下向きで勝手に開かない

など、小学生がランドセルにつけるキーケースにぴったり◎

特にいいなと思ったのが、キーケースの色味。

ランドセルになじんで目立ちにくいので、防犯対策にもなると感じました。

低学年でも高学年でも不便なく使える

キーケースを小学校2年生の4月から使いはじめて丸2年が経ちました。

低学年のときから問題なく使えて、学年があがっても不便なく使えているようです。

もうすぐ5年生ですが引き続き使っていきます◎

親目線でも安心して鍵を持たせられるキーケースだと思っていたので、6年間持てるようなシンプルな見た目や作りなのもよかったです。

ランドセルキーリールのメリット

ここではキーケースを使って感じたメリット、

を紹介します。

低学年でも扱いやすい

キーケースの中にはリール(最大伸長71cm)とナスカンがついているので、ランドセルを下ろさなくても鍵を使うことができます。

使いはじめた小2の頃から「ファスナーを開けて鍵を出して解錠→鍵をしまって収納」がスムーズにできていました。

リールの長さや強さも、低学年でも使いやすいものになっています。

これから入学をひかえている新1年生のお子さんにもおすすめのキーケースです。

ベルトに巻けてぶらぶらしない

キーケースを検討したときの心配ごとのひとつが

ぶら下がっていたら目立つ気がする…

というものでした。

防犯上、なるべく鍵の存在を目立たなくさせたいと思っていたので、面ファスナーで肩ベルトにしっかり固定できる作りは安心材料となりました。

ナスカンと面ファスナーのダブルでしっかり固定することができ、防犯だけではなく落としたりなくしたりの心配も減らすことができます。

ランドセルを背負ったまま走り回る息子のような男子にもぴったりです◎

色味がランドセルになじむ

キーケースを目立たせたくないと思っていた私にとって、ランドセルと同色のカラーバリエーションが豊富だったのも魅力に感じた理由のひとつ。

ランドセルの定番カラーである赤・黒はもちろん、ネイビー・パープル・キャメルなどここ数年の人気カラーにも対応◎

ランドセルと同系色だとぱっと見ではキーケースがついていると分かりにくいので、防犯対策の点でもおすすめのキーケースです。

耐久度はイマイチ

親子ともどもお気に入りのキーケースですが、唯一の難点が耐久性がイマイチなこと。

我が家の場合ですが、最初に購入したのが小2の4月。

そこから約1年半後にリールが伸びきってしまい買い換えました。

さらに最初の購入から約2年間のあいだに、リールについているナスカンが壊れて付け替えること3回。

毎回修理はしますが、ちょっと回数が多いかなーと^^;

使いやすさと色味がお気に入りポイントなので、我が家は修理しながら使ったり、必要なら買い替えたりする予定です。

おわりに

小学生が持つキーケースは、大人も安心できるものを選びたいですよね。

シブヤ文房具のキーケースはランドセルになじむ色味と、ナスカンと面ファスナーでしっかり固定できる点で小学生のキーケースにおすすめです。

お子さんが鍵を持つ機会が増えるときには、ランドセルになじむキーケースを使ってみてください◎

目次