サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
1987年生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小5息子の母

ライフオーガナイザー
ポジティブ心理学実践インストラクター


おうちの中で楽しむことや暮らしやすさを追求することが好き


当ブログでは

・空間や物の整理
・心と体のセルフケア
・暮らしの仕組み作り

など、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
【最新記事】5/24「スぺパを意識した物選び」

プロフィール・このブログについて

ご訪問ありがとうございます^^

このページでは運営者である「さおり」のことや、当ブログ「おうちとわたし」のことを紹介します。

目次

運営者について

プロフィール

1987年9月生まれ。札幌在住。

転勤族・不規則勤務の夫と、小5息子の3人家族です。

昔から音楽だったり文章だったり、インドア趣味を多く持っていました。

今でもおうち大好きインドア派!

おうちの中で楽しむことや暮らしやすさを追求することが好きです。

これまでのこと

転勤族の夫と結婚してからは、転勤についていきつつ、パート主婦として暮らしていました。

そんな中での妊娠。

体調を大きく崩してしまい、予定より早めの退職に。

安定期に入ってからは、在宅ワークでライターをしていました。

そこで触れたワードプレスに興味を持ち、自分でもブログの運営をしたいと思うように。

これが「おうちとわたし」のきっかけでした。

ライフオーガナイズのこと

2013年12月に息子を出産。

縁もゆかりもない土地でのはじめての育児、 気晴らしの散歩もできない季節、友人と気軽に会えない距離、不規則勤務の夫、ワンオペ育児の日々。

「夫がもっと協力的なら」「子どもがもっと成長すれば」

そんな風に自分の外側だけに答えを求めモヤモヤを抱えていました。

息子が幼稚園に入園して自分の時間が取れるようになったころ。

「思考の整理からはじめる片付け」という言葉に惹かれてライフオーガナイズ講座を受講。

ライフオーガナイズ講座は、「自分はこんな暮らしがしたかったんだ」と気付くきっかけになりました。

2017年12月、ライフオーガナイザー®取得。

自分の暮らしと向き合えるようになってからさまざまな変化がありました。

ライフスタイルにあった物選びや仕組み作りができるようになったこと。

本当に大切にしたいもの・ことを大切にできるようになったこと。

そして、暮らしは自分の手でととのえられるという自信になりました。

自分の外側だけに答えを求めていた私が自分軸でいられるようになった、人生ががらっと変わったきっかけとなったのです。

関連 自分の手で暮らしを楽しめるようになるまでの話

ポジティブ心理学のこと

ライフオーガナイザー®を取得し、ブログの運営を開始。

暮らしの仕組みなど自分の外側をととのえられるようになってから、自分の内側と向き合う学びに関心が生まれました。

その中でもポジティブ心理学を選んだのは、以前からの習慣であった「3つのいいこと日記」がポジティブ心理学の領域だったからです。

ポジティブ心理学と聞くと「常に明るく前向きに」というイメージもありました。

けれどそれだけではなく、モヤモヤにも向き合いやすくなったり、落ち込んだ気持ちをフラットに戻しやすくなったり、ネガティブとの付き合い方にも役立つと体感。

家族が優先になりがちな暮らしをしているからこそ、自分と向き合う手段を身につけられてよかったと感じた学びでした。

関連 「ポジティブ心理学実践インストラクター」レビュー

「おうちとわたし」について

「おうちとわたし」概要

「おうちとわたし」というブログ名は、

まずは「おうち」や「わたし」のような身近なところから暮らしをととのえる

というところから名付けました。

「おうちとわたし」は、おうちで家事育児をこなすママに向けて、暮らしをととのえるヒントやアイデアを発信しているブログです。

  • 毎日をすこやかに過ごしたい
  • 自分や家族にやさしくありたい
  • 大切にしたいものごとを大切にしたい

暮らしを今より心地よくしたいと思ったときに、暮らしをととのえるきっかけやヒントなればうれしいです。

「おうちとわたし」カテゴリ

このブログでは、

このようなカテゴリの記事を書いています。

興味のある情報があればぜひのぞいてみてください♪

お問い合わせ

ブログ記事についてのお問い合わせや、メディア掲載、執筆依頼等をご検討の場合は、以下のフォームからお問い合わせください。

※対応可能なご依頼のみお返事させていただきますことをご了承ください。

おわりに

読んでくださりありがとうございます^^

このブログがおうちママのヒントや一歩を踏み出すきっかけになればうれしく思います。