サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小3息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


おうちで過ごす時間や暮らすことが好き

特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
おうちママの幸せな暮らしのととのえ方

理想の暮らしにつながる片付けは、思考の整理からはじめる

理想の暮らしにつながる片付けは思考の整理からはじめる

片付けをはじめてみたとき、「どこに向かって片付けているんだろう」という迷子になってしまったことはありませんか?

片付けはじめてみたのはいいものの、途中で

さおり

何のために片付けてるんだっけ

と思ってしまったこともありました。

そんな片付け迷子の原因は、片付け前の準備不足にあったのです。

片付けでモノを手に取る前の準備として大事なのは思考の整理です。

私はライフオーガナイズで思考の整理から始まる片付けを知り、キレイだけじゃない、快適な暮らしにつながる片付けができるようになりました。

さおり

片付けで大切なのは、見た目のキレイさだけじゃなかった…!

この記事ではモノを手に取る前に考えたい、思考の整理を解説します。

さおり

今すぐ片付けられる5つの質問もあるので、読んでいただけるとうれしいです◎

目次

思考の整理は、暮らしについて考えること

片付けでの思考の整理は、暮らしについて考えることです。

  • 片付けた部屋でどんな暮らしがしたいか
  • 自分にとってどんなモノ・コトが大切なのか
  • 自分のライフスタイルはどういうものか

このような暮らしの価値観をみつけることがポイントです。

片付けと聞くとモノを捨てたりスッキリ収納したりを思い浮かべるかもしれません。

けれど価値観がハッキリしていないと「なんとなく必要そうだから」とモノを手放せなかったり、なんとなく収納してみたけどすぐ散らかったりしてしまいます。

思考の整理で暮らしを向き合うことで、必要なモノを選べたり、ライフスタイルにあった収納ができたり、暮らし全体の快適さにつながります。

片付けを進めて暮らしをととのえるためにも、思考の整理は大事なステップです。

思考の整理で片付けのゴールがぶれなくなる

思考の整理の大きなメリットは、片付けのゴールがぶれなくなることです。

たとえば旅行するときに目的地の駅がハッキリしていないと乗る電車も決められませんよね。

片付けも同じように、最終的なゴールが決まっていないと、具体的な行動に移せません。

片付けのゴールは、理想の暮らしを実現できる部屋作りです。

さおり

私の場合は「毎日のごはん作りをスムーズにする台所」や「パソコン仕事が快適にできるワークスペース」になります

思考の整理で「どんな暮らしがしたいか」が明確になると、片付けるべき場所が見えてきたり、片付いたあとの状態を具体的に想像できたり、片付けのゴールや道のりがハッキリします。

やみくもにモノを捨てたり収納スペースにしまったりしても快適な暮らしにはつながりません。

思考の整理で暮らしを向き合うことで、理想の暮らしを目指した片付けができるようになるのです。

さおり

次はそんな片付けのゴールや道のりを見つけるヒントになる5つの質問を紹介します

片付けのゴールが見つかる5つの質問

ここでは片付けのゴールと、ゴールにつながる具体的な行動を見つける5つの質問、

をしていきます。

今の暮らしを思い浮かべながら読んでいただけるとうれしいです♡

1:暮らしのモヤモヤは何ですか?

「理想の暮らしは何ですか?」と聞かれてもなかなか難しいと思うので、暮らしのモヤモヤから理想の暮らしを見つけていきます。

  • 毎日の家事や育児でなかなかスムーズにいかないこと
  • 本当はやりたいけれどなかなか取り掛かれないこと
  • 家の中にリラックスできる場所がないこと など

このような暮らしのモヤモヤを書き出してみましょう。

私の場合

私がライフオーガナイズの講座を受けてワークスペースを片付けたときは、

さおり

周りにモノがあった方が便利だと思ったけど、モノが多すぎてパソコンも書き物もしにくい

というモヤモヤがありました。

2:本当はどう過ごしたいですか?

暮らしのモヤモヤを書き出したら、そこから理想の暮らしを探っていきます。

  • ごはん作りの時間をもっと短くしたい!
  • 朝のウォーキングを習慣にしたい!
  • ソファに座ってゆっくりコーヒーが飲みたい! など

理想の暮らしと言われると難しく感じるかもしれませんが、今あるモヤモヤを解消するというイメージだとわかりやすいかなと思います。

私の場合

モノが多くてパソコン仕事や書き物がしにくいワークスペースだったので、

机の上をスッキリさせて、パソコン仕事や手帳タイムを快適にしたい!

というのが理想のワークスペースでした。

3:そのためにどこを片付けますか?

理想の暮らしを想像できたら、片付ける場所をひとつ決めていきます。

  • ごはん作りをもっと短く→台所の作業スペースや収納
  • ウォーキングを習慣に→玄関や下駄箱
  • ゆっくりコーヒーを→リビングのソファやテーブル

一気に広いスペースに手を付けると挫折の原因になるので、小さな1か所を決めるのがおすすめです。

私の場合

私の場合は、机の上とその周辺で決まりです◎

4:今の暮らしとのギャップは何ですか?

次は理想の暮らしと今の暮らしを比べて、何が違うかを見つけていきます。

  • 台所の作業スペースや収納→使っていない調理器具でごちゃごちゃしてる
  • 玄関や下駄箱→ウォーキングシューズが出しづらい
  • リビングのソファやテーブル→おろした洗濯物が置きっぱなし

理想の暮らしに近付くことは、今の暮らしとのギャップを埋める作業でもあります。

私の場合

とにかく机の上のモノが多かった!

というより、机の上が物置き状態になっていました…。

5:理想に近付くために何をしますか?

最後に理想の暮らしに近付くための具体的な行動を見つけます。

  • 調理器具が置きっぱなし→調理器具を見直して効率よく動けるスペースを作る
  • ウォーキングシューズが出しづらい→下駄箱の上にシューズを置けるようにする
  • 洗濯物がそのまま→洗濯物をおろしたあとの片付けまでの動線を作る

片付けの1歩を踏み出しやすくするためには、具体的な行動を見つけるのがポイントです。

今すぐに動き出せそうなくらいまで具体的に落とし込んでみてください◎

私の場合

とにかくモノが多かったので、

  • 本当に必要なモノなのか
  • ここに置いておく必要があるのか

などモノを分けてみることから始まりました。

「パソコン仕事と書き物を快適に」という理想の暮らしを基準に、モノを手放せたり、別の場所で保管したり、スッキリしたワークスペースを作ることができました。

思考の整理で理想に近付く片付けをしよう

この記事では片付けで大事なステップ「思考の整理」を解説しました。

片付けと聞くとモノや部屋にばかり注目しがちですが、自分の暮らしや気持ちと向き合うことも重要なポイントです。

「どんな暮らしがしたいのか」「何を大切にしているか」

さおり

思考の整理から始める片付けで、片付けの向こう側になるステキな暮らしを目指していきましょう◎

あわせて読みたい

目次
閉じる