やりたいことに時間を使いたいと思ったときに見直すべき5つのこと

やりたいことに時間を使いたいと思ったときに見直すべき5つのこと
  • もっとやりたいことに時間を使いたい
  • 新しいことにチャレンジしてみたい

そう思っても、時間を取れないのがネック…という方も多いんじゃないかと思います。

 

私も家事・育児に追われて、やるべきことをやっていたら、あっという間に1日が終わったという毎日が続いていました。

だけど時間の使い方を見直すことで勉強や趣味の時間を無理なく確保することができています。

さおり
さおり
ライフオーガナイザーとして活動したいと思えたのも、時間の使い方を見直して余裕が生まれたからです

 

今回は、時間の有効活用を考えたときに、

  • どんな時間を見直すべきなのか
  • どうやったら時間を生み出せるのか

についてお話します。

時間の使い方を見直して、好きなことを楽しめる時間を増やしていきましょう◎

時間の使い方を4つに分けてみよう

時間管理のマトリクス

時間の使い方は【緊急性】と【重要性】によって4つの領域に分けることができます。

時間管理のマトリクス 4つの領域
  • 「緊急で重要なこと」…第一領域
  • 「緊急でないが重要なこと」…第二領域
  • 「緊急だが重要でないこと」…第三領域
  • 「緊急でも重要でもないこと」…第四領域

 

この4つの領域の中には、【優先すべき時間】と【減らすべき時間】があります。

時間の使い方を見直そうと思ったときは、時間の使い方を4分類してみてください。

 

時間の使い方を見直そうと思ったときには、ライフログが役に立ちます。

ぜひライフログ活用術の記事も参考にしてみてください。

時間管理の第一歩!時間の使い方を見直せるライフログの基本とポイント
時間管理の第一歩!時間の使い方を見直せるライフログの基本とポイントやりたいことはあるけれど、時間を確保するのはなかなか難しいですよね。何で時間が足りないんだろう。そんな疑問を解消したきっかけがライフログでした。時間を可視化できるライフログは、時間管理の第一歩にぴったり!今回はそんなライフログのつけ方やおすすめのツールを紹介します。...

スポンサーリンク

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

優先することを決める

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

理想的な時間の使い方は、【緊急でないが重要なこと】である第二領域を充実させること。

理想の暮らしを送るために

  • 健康維持に努める
  • 仕事・学びにつながる活動に取り組む
  • 人間関係を築く

このような項目は優先させたいことです。

 

緊急性の高い第一領域や第三領域は自然と優先されがちです。

だけど緊急性の低い第二領域は、重要であるにも関わらず後回しにされてしまいます。

 

まずはあなたにとって優先すべき重要なことは何かを考えてみてください。

重要なことを後回しにしたいために、どんな時間を大切にしたいのか意識してみましょう。

やらないことを決める

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

やらないことを決めることは【緊急だが重要でないこと】第三領域の見直しになります。

第三領域は緊急性が高いので優先されがちですが、重要性が高くないので見直すべきポイントなのです。

 

優先することを挙げた後は、それに取り組むために【やらないこと】についても考えてみましょう。

  • 頼める仕事は人に頼む
  • 重要でない飲み会の頻度を見直してみる

など、緊急性が高いと思っていても「これは本当に必要なのか?」と考えるきっかけにもなりますよ。

娯楽の時間を見直す

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

1日の中で【緊急でも重要でもないこと】第四領域に時間を多く使っていませんか?

  • だらだらとゲームをしてしまう
  • SNSを頻繁に開いてしまう
  • なんとなくテレビを見続けてしまう

息抜きや娯楽は必要ですが、無意識のままだと何もせずに時間が過ぎてしまいます。

さおり
さおり
30分だけのスマホタイムがいつの間にか2時間に!

 

おすすめなのは、息抜きや娯楽を予定化することです。

あらかじめ予定として手帳などに書き込むことで、メリハリのある時間の使い方ができるようになります◎

仕組み化・習慣化で時間を節約する

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

第二領域のことに取り組むために、仕組み化・習慣化をうまく活用して時間を節約していきましょう。

 

当ブログでは暮らしをラクにする仕組みづくりや、ラクに片付けができる習慣化についてお伝えしてします。

仕組みを作って習慣化すると、だんだんと速くこなせるようになるというメリットがあるんですよ。

 

仕事でも、最初は「次はどうやるんだっけ?」と思いながら動いていたのが、繰り返すうちに頭を使わなくても動けるようになった、という経験をしたことがあると思います。

暮らしの中にも仕組み化・習慣化を取り入れて繰り返すことで、時間を節約できるようになるのです。

 

家事や仕事に行くまでの準備などの毎日当たり前にやっていることは、仕組み化・習慣化で時間を節約できる可能性が高いです。

ぜひ仕組み化・習慣化を活用して、時間を生み出しましょう。

すき間時間の活用法を考える

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

時間を有効活用したいと思ったときに、すき間時間の活用法を考えるのも大事なポイントです。

通勤で移動時間が多かったり、家事・育児で使える時間が細切れだったりすると、時間がないと思ってしましますよね。

だけどすき間時間も意識して活用することで、様々なことができるようになります。

 

おすすめしているのが。

  • やることを小さく分ける
  • やらないことを決めてみる
  • 実際にかかる時間を可視化する

ことです。

詳しくは家事貯金の記事を参考にしてください。

すき間時間の家事貯金
すき間時間の家事貯金で、炊事を小さくラクに進めるコツ毎日の家事を、仕事や育児と並行して行うのが大変ですよね。そんな毎日をラクにしてくれたのが家事貯金。家事を先回りで少しずつやる(貯める)ことで、毎日の家事の負担が減らせました。今回は毎日のごはん作りを例に、すき間時間に小さく家事を進めるコツをお伝えします。...

所要時間を可視化すると、「すき間時間でもできることはある」ということに気付けます。

意外とあなどれない【すき間時間】をぜひ活用してみてください◎

スポンサーリンク

まとめ:あなたにとって「重要なこと」に時間を使おう

時間を有効活用したいときに見直すべき5つのこと

今回は、時間の使い方で見直すべき5つのポイントを紹介しました。

  • 優先順位を決める
  • やらないことを決める
  • 娯楽の時間を見直す
  • 仕組み化・習慣化で時間を節約する
  • すき間時間の活用法を考える

 

時間を有効活用したいと思っても、何もせずにいたら時間は過ぎていくだけです。

やるべきことだけで毎日が過ぎ去る前に、時間の使い方を見直してみてください。

ぜひあなたにとって重要性の高い時間を大切にして、充実した日々を手に入れてくださいね◎

 

関連記事すき間時間の家事貯金で、炊事を小さくラクに進めるコツ

ABOUT ME
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
転勤族の夫と4歳息子を持つ30代主婦/片付け・手帳・時間活用などを通して【あなたの暮らしにプラスを増やす】情報を発信しています/片付け相談・サポートサービス、講座開催に向けて準備中です(2018年10月現在)