北海道胆振東部地震から考えたこと【行動記録】

北海道胆振東部地震で考えたこと (4)

9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震。

  • 震度5弱の揺れ
  • 約24時間の停電
  • 避難する場合は、4歳息子と2人(という心構え)

そんな私が今回の地震を経て感じたこと・良かったこと・改善すべきことを書いていきます。

いつもより雑多な文章かもしれませんが、お付き合いいただければ嬉しいです

気持ちを落ち着かせるために、twitterに投稿をしていました。

そのまとめです。

2018年9月6日未明、震度5弱の揺れ

大きな揺れと緊急地震速報の音で飛び起きた。4歳息子は寝ている…

 


居間のテレビをつけて、スマホを見ているときでした。

 

湯船に水を溜めて、いつでも避難できる準備をしていました。

 

明るくなってから、容量不明の100均モバイルバッテリーに不安を覚えてコンビニを覗きましたが、すでに売り切れ…お菓子だけ買って帰ってきました。

 

結局ノートパソコンにつないでちびちびと充電をば。

ちなみにお二階さんも、こういう時はご主人が不在になってしまうので、一緒に避難しよう!と話していました。

 

 

通信できるできないの話が錯綜していましたが、まあ電波が拾えなくなるのも無理はない。

ちなみに4歳息子は、地震から6日経った今でも「こないだ信号消えてたね」って言う。

 

ツイートの順番が前後しますが、こんなことを思っていました。

スポンサーリンク

2018年9月7日未明、電気復旧


周りが復旧するなか、少々の心細さを感じつつ、笑。

同じ区画のアパートに住む友人(お米を分けてくれた)とLINEをしながらその時を待ちました。

 

 

 

電気が復旧して元気が出てきたので、台所に立ちました。

お肉も根菜類も無事だったので、シチューごはんになりました。

スポンサーリンク

2018年9月8日、スーパーへ

正味3日はシチューごはんか…と思い、ダメもとでスーパーを見に行きました。

入店制限はなく、レジもそこまで並ばず買えました!

シチューは冷凍保存しました。

2018年9月9日、ドラッグストアへ

2018年9月10日、通常保育開始

2018年9月10日、節電について考える

ABOUT ME
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
転勤族の夫と4歳息子を持つ30代主婦/片付け・手帳・時間活用などを通して【あなたの暮らしにプラスを増やす】情報を発信しています/片付け相談・サポートサービス、講座開催に向けて準備中です(2018年10月現在)