北海道胆振東部地震から考えたこと【心構え編】

北海道胆振東部地震で考えたこと (3)

9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震。

  • 震度5弱の揺れ
  • 約24時間の停電
  • 避難する場合は、4歳息子と2人(という心構え)

そんな私が今回の地震を経て感じたこと・良かったこと・改善すべきことを書いていきます。

いつもより雑多な文章かもしれませんが、お付き合いいただければ嬉しいです

夫不在、24時間停電という中、私としては落ち着いて過ごせたと思います。

私は2017年12月にライフオーガナイザー®の資格を取得しましたが、その在り方が活かされていると感じた今回でした。

私はライフオーガナイザー®だったから落ち着けた

ライフオーガナイザー®は、コンサルティング型の片付けサポートを通じて、暮らしの最適化のお手伝いをする仕事です。

その中で大事なのが「自分の基準」を持つこと。

  • どんな暮らしがしたいか
  • 現状はどんな感じか
  • 必要なことは何か

その答えを持っているのは、自分自身です。

暮らしの最適化を目指すうえで必要なモノを選ぶには、自分の基準をもって考えることが大切になります。

私もライフオーガナイザー®の講座を受けて、自分自身と向き合うこと・現状を知ること、そんな力が身に付いていたんだと思います。

 

私の手元には、お米がある。リュックにはアルファ米がある。缶詰があって、水もある。

だから、大丈夫。

ライフオーガナイザー®になる前の私だったら

もし、ライフオーガナイザー®になる前の私だったら。

きっとスーパーの長蛇の列を見て「私も並ぼうかな…?」と何も考えずに並んでいたと思います。

みんなが食料を欲しがるから、きっと必要なモノに違いない!と、息子を巻き込んで長蛇の列に並んでいたでしょう。

長時間の待機に息子はおとなしくしていないだろうし、私もイライラしっぱなしなのが目に見えるようです…地獄絵図!

 

  • 自分の現状を知ること
  • 何が必要か自分の基準で選ぶこと

そんな力が身に付いていたから、落ち着いて過ごせたんだと思います。

スポンサーリンク

情報の取捨選択は大事

自分の基準で選ぶ・選ばないのは、必要な情報を取捨選択するうえでも大事。

SNSが発信といわれている、裏付けのない情報。

私が所属しているLINEグループにも、いくつか流れてきました。

「備えておこう」という意識は確かに大事だけど、必要以上に不安をあおるのはよくない。

そしてそれによって役所が対応に追われるのも、よくない。

 

公式の情報は、ラジオの方が得やすい。

私自身は「できる限り備えよう」と思っただけで不安にはならなかったけど、やっぱりラジオを買おうと思ったのでした。

 

SNSは、最寄りのスーパーの情報や、ほかの地区の停電の情報を得るのに役立ちました!

スポンサーリンク

まとめ:選べる人になろう

ただでさえ情報過多な現代社会。

基準を持たなければ流されるどころか溺れるのも時間の問題。

(私も昔は、漂うことに必死だった、笑)

自分に必要なモノを選べる人になろう。

自分が今現在、持っているモノを知ろう。

そして、必要以上に不安にならないようにしよう。

ABOUT ME
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
転勤族の夫と4歳息子を持つ30代主婦/片付け・手帳・時間活用などを通して【あなたの暮らしにプラスを増やす】情報を発信しています/片付け相談・サポートサービス、講座開催に向けて準備中です(2018年10月現在)