MENU
カテゴリー
おすすめ記事
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小2息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


おうちで過ごす時間や暮らすことが好き

特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
自分サイズのシンプルで心地よい暮らし

北海道胆振東部地震で考えたこと【まとめ】

9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震。

  • 震度5弱の揺れ
  • 約24時間の停電
  • 避難する場合は、4歳息子と2人(という心構え)

そんな私が今回の地震を経て感じたこと・良かったこと・改善すべきことを書いていきます。

いつもより雑多な文章かもしれませんが、お付き合いいただければ嬉しいです

目次

食料のこと

缶詰類・冷凍野菜・米・飲料水・非常食…不安にならないくらいにはそろっていました。

まだまだ改善すべきこともありますが、「特別な用意」じゃなくて、「日常の充実化」を図りたいなと感じました。

やっぱり「食料がある」というのは、精神的な余裕も生み出します。

非常用として構えて準備するんじゃなくて、日常生活+αの準備ができたらいいなと思います。

北海道胆振東部地震で考えたこと【食料編】

備えたいモノのこと

こちらは食料と打って変わって、反省点の多い項目でした。

まだまだ足りない。

停電が24時間で復旧したからこそ、今ちゃんと落ち着けているということを忘れてはならない。

購入検討リストも兼ねた記事を書きました。

北海道胆振東部地震から考えたこと【備えたいモノ編】

心構えのこと

我が家は夫の職業柄、避難するときは息子と2人です。

息子は4歳。判断するのは私1人…なんだか責任重大な感じ。

そんな中でも割と落ち着いて過ごせたのは、ライフオーガナイザー®講座で身に付いた力があったから。

「現状を知ること」「本当に必要なモノを選ぶこと」

非常時でも日常でも、大切なこと。

北海道胆振東部地震から考えたこと【心構え編】

行動記録

あ、残しておこう、と思ったのと、言葉にすると落ち着けるので、SNSの存在は本当にありがたかったです。

いいねくださった方、リプくださった方、DMくださった方、みんなに感謝しています。

北海道胆振東部地震から考えたこと【行動記録】

防災グッズについて

災害時には息子と2人のワンオペママです。

北海道胆振東部地震で24時間の停電を経験した私が選んだ防災グッズをまとめました。

地震で24時間の停電を経験した私が選んだ息子と2人で乗り切る防災グッズまとめ

この記事をSNSでシェアする
目次
閉じる