子どもが絵本をラクに片付けられる、我が家のカゴ収納を紹介

子どもが絵本をラクに片付けられる、我が家のカゴ収納を紹介

5歳息子が片付けやすいような仕組みを考えてきた我が家。

収納ボックスを見直しておもちゃの片付けはスムーズにできるようになったものの、絵本を棚にしまうのがどうもめんどくさい様子。

だんだんと絵本は棚の中や床に積まれるようになっていきました。

声をかけたりサポートしたりすれば片付けられないこともないのですが、やっぱり1人でラクに片付けられる仕組みを作りたい!

 

そこで我が家で取り入れたのが、絵本のカゴ収納

棚に立てていた絵本をカゴにしまうことで、

  • 棚の中や床に絵本が平積みされている
  • 平積みされているので何の絵本かわからない
  • 下にある本を無理やり抜こうとして崩れる

このような問題点が改善されました!

 

今回は我が家が取り入れた子どもがラクに片付けられるようになる絵本のカゴ収納についてお話します。

カゴ収納にしてからの片付けの変化、今までの収納の問題点。

そして5歳息子が実際に片付けている動画もあるので、ぜひ参考にしてみてください◎

絵本を棚にしまう作業は意外と【大変】で【難しい】

ニトリおもちゃ収納

この写真は我が家のレゴの収納の記事にも載せたもので、いちばん右のカラーボックス2段に絵本をしまっていました。

一見ぴしっと片付いているように見えますが、これは私の声掛けとサポートがあってのもの。

おもちゃは片付けるタイミングで割とスムーズに片付けられるのですが、何も言わないと絵本は棚の中や床の上に積まれてしまっていました。

 

そこで5歳息子が片付けている様子を見ていると、絵本を棚に立てるのは大変で難しい作業なんだと気付きました。

 

たとえば片付けようと思ったときに絵本が倒れていたら、片手で倒れた絵本を支えながら、もう片方の手で絵本をしまう必要があります。

倒れた絵本が数冊あるだけで、子どもにとっては片手で支えるのに大変な重さ。

 

また絵本が開く方を奥にして前から押し込むとき、絵本が開かないようにしながら片付けるのも難しさのひとつだと感じました。

本が広がって中の紙が傷まないように、毎回片付けをサポートする親も大変ですよね。

 

片付けの中にある【大変さ】や【難しさ】は散らかる原因のひとつ。

お子さんに限りませんがスムーズに片付けるためには、ラクに片付けられる・かんたんに片付けられる仕組み作りが大切です。

 

そんなとき、えほん図書館で見かけた絵本のしまい方を参考に、5歳息子がラクに片付けられる仕組みを考えてみました。

 

▼我が家のおもちゃ収納はニトリです

〔幅38.9×奥行26.6×高さ12cm〕インボックス ハーフ(IV) 12個セット ニトリ 【玄関先迄納品】

スポンサーリンク

カゴ収納は絵本を上からしまうからラクに片付けられる

子どもが片付けやすい絵本収納

5歳息子が絵本をラクに片付けられるような仕組み。

それは棚収納からカゴ収納に変えることでした。

 

私が参考にしたのが、えほん図書館での絵本のしまい方です。

えほん図書館では棚に立てた絵本のほかに、浅い木箱に絵本がしまわれていました。

それは、5歳息子だけでなく、未就園児の子でもスムーズに片付けられる仕組み。

 

さっそくカゴ収納に変えて感じたのは、カゴ収納は絵本を上からしまうので、ラクに片付けられるということでした。

棚に絵本を立てていたときの

  • 倒れている絵本を支えながらしまう大変さ
  • 絵本が開かないようにしながら押し込むむずかしさ

これらの問題点。

 

絵本をカゴに収納することは、

  • 本が倒れていても上からすっとさし込める
  • 本をしまうときに本が広がりづらい

など、棚に立てるのにくらべてラクに片付けられるポイントが多いのです。

 

絵本を上からしまうことで、片付けの【大変さ】【難しさ】を減らし、ラクに片付けられる仕組みを作ることができました。

絵本のカゴ収納でラクに片付けられる我が家の実例(動画)

先週(収納を改善して約1ヶ月後)、絵本をカゴから全部出していたので、5歳息子にお願いして実際に片付けてもらいました。

音声なし・3倍速でお送りしています。

 

【床に絵本を置きっぱなしにしないでカゴにしまう】を片付けのゴールにしているので、絵本は順不同、多少ピシッとしていなくてもオッケーです◎

絵本が床に積まれていた頃と比べて、スムーズに片付けられるようになりました。

 

しかも本を平積みしていたときは上の方にある絵本ばかり読んでいたのですが、カゴに収納するようになってからいろいろな絵本を読むようになったのも大きなメリットです!

 

カゴにしまうことで絵本が滑りづらく倒れにくいのも、片付けやすいポイントだと思います。

スポンサーリンク

まとめ:子どもがラクに絵本を片付けられる収納を考えてみよう

今回は、子どもが絵本をラクに片付けられる、カゴ収納についてお話しました。

 

これまでは「絵本は棚に立てるもの」という思い込みがあったので、息子にとって片付けづらくなっていた我が家の収納。

だけどえほん図書館でのしまい方を見て「絵本をしまうのは棚じゃなくてもいいんだ」という気付くことができました。

 

片付けやすい仕組みを作るときは、これまでの方法やイメージにこだわらないことが大事◎

そして片付けに正解や不正解はない!ということも知っていただけたら嬉しいです。

 

ぜひ大人のサポートがなくてもお子さんがラクに片付けられる仕組みを見つけてみてください。

〔幅38.9×奥行26.6×高さ12cm〕インボックス ハーフ(IV) 12個セット ニトリ 【玄関先迄納品】