【小1片付け】ニトリカラボで作る「ひとりで準備できる」教科書・学用品収納

【小1片付け】ニトリカラボで作る「ひとりで準備できる」教科書・学用品収納
  • 小学校に入って教科書とか勉強道具とか子どもの持ち物が増えた!
  • みんなどんな収納棚を使っている?どうやって収納してる?

小学校に入学すると持ち物が一気に増えて、モノの収納・管理が大変!と思ったことはありませんか?

幼稚園の頃はお弁当と連絡帳を持たせればOKだったところ、教科書やノートが増え、毎日時間割通りそろえるという重労働に。

リビング学習を想定しつつ、もともとあったニトリのカラーボックスで、少しずつ小1息子の学用品置き場を作ってきました。

この記事ではそんな我が家の教科書・学用品収納を紹介します。

私が目指したのは「息子がひとりで学校の準備ができるスペース」

そのために工夫したポイントやコツも紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

カラーボックス×2で「ひとりで準備できる」スペース作り

我が家の学用品収納はニトリのカラーボックス2つ分です。

ちなみにランドセルは床置きOKにしています。

関連床にランドセルを置くときのたったひとつ約束

今回学用品の収納でゴールにしたのが「ひとりで学校の準備ができる」こと。

これは私自身に「自分の用意は自分でできるようになってほしい」という思いがあるからです。

さおり

さおり

それを収納の仕組み作りでととのえるのが私の役目かなと思っています

ついつい「やりなさい」と口にしたくなってしまうのが親心。

それでも子どもには自分で考えられる子になってほしいので、口を出すことが減るような仕組みを作っていきたいなと思うのです。

そのために重視したのが使う本人(子ども)主体で収納の仕組みを作ること

子どもにとって使いやすい・使いたいと思えるスペースにすることで、片付けや準備がしやすいスペースを作ることができました。

子どもが自分でできる仕組みを作ると親もちょっとラクになるのでオススメです◎

では実際に小1息子が使っているスペースを紹介します。

小1息子の学用品収納実例

1:教科書は教科ごとに横置き

教科書類は横置きで収納しています。

息子にとっては立てるよりラクみたいです。

教科ごとに棚を分けていて、上から

  • 算数
  • 国語
  • その他(今は音楽・図工)

となっています。

同じ教科でまとめることで、我が家では忘れ物防止にもなっています。

2:プリント類専用のスペースとファイル

小テストなど過去のプリントをしまう専用のスペースです。

正直、ここはまだ模索中なんです。

プリントの保管期間をまだ模索中なので、仮置きがずっと続いている状態です。

ファスナーファイルもあるんですが1回1回しまうのは大変らしく、こんな風に積みっぱなしになることも多いです。

今は増えてきたらファスナーファイルに分類しているという状態ですが、もうちょっと改善したいと思っている場所です。

3:文具ケース

宿題や家庭学習で使う文具はケースに入れて置いてあります。

リビングで宿題をしているので、ここから鉛筆と消しゴムを持って行って使っています。

片付けるときもポンっと置くだけなのでテーブルに置きっぱなしもほとんどなくなりました ◎

息子の場合はケースに横置きがピッタリでしたが、収納方法は1つじゃありません。

文具は横置きだけじゃなく立てる収納もあるので、ぜひお子さんにあってる方法を見つけてみてください。

我が家では私と息子の片付けやすさも違います。

文具収納の違いについてはこちらの記事にあるので参考にしてみてください。

関連親子で異なる我が家の文具収納を紹介

4:給食で使うもの・ハンカチティッシュ

学用品がメインの棚ですが、学校に持っていく給食セットやハンカチティッシュもこちらに。

移動することなく1か所で準備ができるので、準備のめんどくささが減らせてるのかな?と勝手に思っています。

ちなみにハンカチ入れの中身は、

きっちりたたんではいませんし、「たたんでしまいなさい」とも言いません。

ポケットにしまうとき、使うとき、絶対にくちゃくちゃになるので、別にいいかな?と思ってます笑。

さおり

さおり

この箱にしまってくれればOK!

片付けの最低ラインを決めたり最初は小さな約束から始めたりするのも、子どもの片付けのポイントかな?と思います。

5:リビングで遊びたいもの

自室(という名のおもちゃ&服置き場)にも本やおもちゃはありますが、リビングで使いたいものはこちらに置いています。

左下の本のスペースからものがあふれています。

こんな風になったら収納の見直しチャンス!

息子とは「この棚に入る分だけ」と約束しているので、あふれてきたら

  • このままリビングに置いておくモノ
  • 自分の部屋に片付けるモノ
  • もう使わない・必要ないモノ

に分けるようにしています。

右の2つのボックスはリビングで遊ぶものたちです。

息子が作った工作物が入っていたり、私がボードゲーム好きなので一緒に遊べるものが入っています。

片付けを通してどんな子になってほしいですか?

この記事では小1息子の教科書・学用品収納を紹介しました。

正直そんなに「キレイ!」「SNS映え!」みたいな感じはないですよね。

けれど片付けのゴールだった「ひとりで学校の準備ができる収納スペース」としてはいい方向に進んでいるんじゃないかな?と思っています。

キレイにととのっているのもステキだけど、それ以上に子どもが使いやすいスペースを作りたい。

そんな私の子育て方針?は垣間見えたんじゃないかなと思います。

片付けの目的は、片付けた後にある暮らしの最適化。

片付けを通してどんな暮らしを目指したいですか?

キレイの向こう側にある暮らしにもぜひ目を向けてみてくださいね◎

関連記事