子どもの片付け・収納

【おもちゃ収納】ニトリのカラーボックス・インボックスのおすすめポイント3つ

おもちゃの収納はニトリが便利! カラーボックス・インボックス おすすめポイント

おもちゃの収納に関して

  • どんな収納アイテムを使えばいいの?
  • どうやって整理すればいいの?

こう思ったことはありませんか?

 

転勤族の我が家では扱いやすいニトリのカラーボックスを多用しており、同じくニトリのインボックスを使ったおもちゃ収納に落ち着きました。

 

今回は我が家のおもちゃ収納で愛用しているニトリのカラーボックス・インボックスの使い方を紹介します。

おもちゃ収納を見直したい!整理したい!という方の参考になれば嬉しいです。

カラーボックスはライフスタイルの変化に対応しやすい

ニトリおもちゃ収納

ニトリのカラーボックス・インボックスで使いやすい!と感じているところは、ライフスタイルの変化に対応しやすいところです。

 

カラーボックスの棚板の位置が変えられる点や、インボックスのサイズが豊富な点は、子どもの成長にともなって変化する

  • おもちゃの種類
  • おもちゃの量
  • おもちゃのグループ分け

に対応しやすいのが魅力的だと感じています。

 

耐久性を考えるとずっと使い続けるものではないのかもしれませんが、転勤族の我が家にとって今はカラーボックスがちょうどいいなと思っています。

 

我が家では幼稚園に通う息子の身支度ロッカーにもニトリのカラーボックスを使っています。

ニトリのカラボ活用術! 幼稚園年長の 身支度ロッカー
【年長・子ども服収納】ニトリのカラボで作れる幼稚園児の身支度ロッカーできることが増えてくると見直したいのが、子どもの片付け・収納の仕組み作り。 今回は進級にあわせて見直した、子ども服や幼稚園グッズを入れている身支度ロッカーの中身を紹介します。 年中さんまでの収納から改良して、 息子ができるようになったこと お手伝いしてほしいなと思っていること を踏まえた身支度ロッカーにしてみました。 (内部) 年長さんだけではなく、これから入園をひかえているお子さんが身支度ロッカーを活用していくポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。...

 

ニトリのカラーボックスはライフスタイルの変化に対応しやすいので、特に成長する子ども用品の管理に便利だと感じています。

おもちゃ収納にニトリカラーボックス・インボックスが便利な3つのポイント

ここではカラーボックス・インボックスがおもちゃ収納にぴったりだと感じるポイント、

  • インボックスはサイズが豊富
  • おもちゃの量が調節しやすい
  • 無駄なスペースができない

この3つを紹介します。

インボックスはサイズが豊富

1つ目のポイントは、インボックスのサイズが豊富なところです。

箱が大きすぎると小さなおもちゃは探しづらいし、おもちゃの量が増えてくると箱をサイズアップすることも考えられます。

インボックスはカラーボックスにぴったりと収まるうえにサイズがいろいろあるので本当に便利なんです!

 

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

我が家は3種類のインボックスを使っています

収納ケース Nインボックス ハーフ(ピュアホワイト)

created by Rinker

収納ケース Nインボックス クォーター(ピュアホワイト)

created by Rinker

 

大きなレール系や増えてきたレゴブロックには深いボックス。

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

 

浅いボックスはパッと見て中を把握できるので便利です。

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

 

小さいボックスはグループ分けしたものを入れると探す負担も減らせます。

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

 

このようにおもちゃの種類やグループによってボックスの大きさを変えられるので、出し入れや片付けがしやすくなりますよ。

おもちゃの量が調節しやすい

2つ目のポイントは、おもちゃの量が調節しやすいところです。

片付けやおもちゃを見直すときに「箱(インボックス)に入る分だけ取っておく」というのは、目に見えるわかりやすい基準になります。

 

子どものおもちゃは買ったものだけではなく、お子様ランチのおまけや幼稚園でのお買い物ごっこなど、細々したものがいつの間にか増えてしまいますよね。

親としては少しでも減らしたいと思っていても、お子さんが全部取っておきたい!という場合も多いです。

 

親がやみくもに「捨てなさい!」と言ってもお子さんは納得できません。

また片付けの方法として「暮らしに必要なモノ・大切なモノを選ぶ」というのがあるんですが、必要・大切という基準は子どもにとって難しいかもしれません。

 

そんなときに目に見えるわかりやすい基準が「箱に入る分だけ」というもの。

遊ぶ頻度が高いおもちゃを箱に入れて収納し、入りきらなかったおもちゃ(遊ぶ頻度が低いもの)は押し入れなどで保管すると、毎日の片付けの負担を減らせます。

 

我が家も細々したおもちゃやぬいぐるみは、インボックス1つ分と決めてときどき息子と一緒に見直しています。

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

5歳となると遊ぶ・遊ばないがはっきりしてくるみたいで、「これはいらないから捨てる」と私がびっくりするくらい即決することも…笑。

 

このようにインボックスという範囲を決めておくこと、おもちゃの量が調節しやすくなります。

無駄なスペースができない

3つ目のポイントは、ニトリのカラーボックスにインボックスを入れることで、無駄なスペースができないところです。

 

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

ニトリのカラーボックスにインボックスがぴったり入るので、無駄なスペースができることなく収納を最大限に生かすことができます。

 

我が家の場合はニトリですが、棚と収納アイテムは同じ会社の製品を組み合わせるのがおすすめです。

 

インボックスに似た収納アイテムは100均にもありますよね。

だけど微妙に幅が狭かったり高さが低かったりする収納アイテムだと、無駄なスペースができてしまいます。

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

 

比較してみるとこんな感じです。

(中に入っているおもちゃの量は同じ)

ニトリのカラーボックスでおもちゃ収納

こうやって見ると全然違いますよね。

 

収納スペースを最大限に生かしておもちゃをスッキリ収納するためには、棚と同じシリーズの収納アイテムがおすすめです。

片付け・収納はライフスタイルによって変わっていくもの

今回は我が家のおもちゃ収納に愛用しているニトリのカラーボックスとインボックスを紹介しました。

 

片付けや収納の仕組みは一度決めれば終わり!というものではなく、

  • 子どもの成長
  • 家族の人数
  • 住まいの形式・広さ

など様々な場面で変わりゆくものです。

 

我が家は息子が幼稚園児で転勤族ということもあり、変化に対応しやすいニトリのカラーボックスが活躍しています。

ぜひそれぞれのご家庭にあった収納方法・収納アイテムについて考えてみてください!

収納ケース Nインボックス ハーフ(ピュアホワイト)

created by Rinker

収納ケース Nインボックス クォーター(ピュアホワイト)

created by Rinker

こちらの記事もおすすめです