子どもが片付けやすくなる!おもちゃ収納の仕組み作りのポイント3つ

子どもが片付けやすくなる! おもちゃ収納の仕組み作り 3つのポイント

あなたのお子さんは片付けが上手ですか?

おそらくこの記事を読んでくださっているあなたは

  • 子どもがおもちゃをちゃんとしまわない
  • 子どもが「片付けた」って言うけどグチャグチャのまま!

このような思いを持っているんじゃないかな、と思います。

さおり
さおり
我が家も「片付けなさい!」「棚に載せただけで片付けたって言うの!?」なんてことは日常茶飯事でした

 

「子どもが片付けられるようになるには、どんな教育が必要なんだろう」と思ったこともあります。

だけどライフオーガナイズを知ってわかったことは、必要なのは教育じゃなくて仕組み作りということでした。

 

この記事では、おもちゃを片付けやすくなる収納の仕組み作りのポイントを紹介します。

さおり
さおり
おもちゃの片付けは、ママだけが頑張ってもうまくいかないんです

 

片付けの仕組みはお子さんの片付けが楽になるのはもちろん、ママのストレスも減らせるので、ぜひ試してみてください。

大事なのは子どもと一緒に片付けの仕組みを考えること

子どもが片付けやすくなる!おもちゃ収納の仕組み作りのポイント3つ

おもちゃ収納の仕組み作りで大切なのは、お子さんと一緒に仕組みを考えることです。

お子さんと一緒に考えることで、お子さんにとって無理なく片付けられる仕組みを作れるようになるんですよ。

 

子どもが小さいときはリビングにおもちゃを置いているおうちも多いと思います。

そうなると自然とママがおもちゃの収納をととのえることが多くなりますよね。

だけどママが1人で収納をととのえても、それはお子さんにとって片付けやすい収納とは限らないのです。

 

片付けやすい方法は、たとえ親子でも違ってきます。

ママが1人で頑張って収納をととのえても、子どもにとって使いづらい・片付けづらい状態だと意味がないのです。

ぜひ片付けやすいおもちゃ収納の仕組みを考えるときはお子さんと一緒に考えてみてください。

スポンサーリンク



子どもが片付けやすい仕組み作りのポイント

片付けのゴールを親子で共有する

子どもが片付けやすくなる!おもちゃ収納の仕組み作りのポイント3つ

まずは親子で片付けのゴールを共有することが大事です。

「片付いた部屋」と一言で言っても、イメージする状態は人それぞれ。

 

たとえばママにとっての片付けは

  • おもちゃの元の場所に戻す
  • 本をキレイに並べて立てる

このようなイメージかもしれません。

 

だけどお子さんの中には

  • 床にモノがなければいい→棚に載せたら片付け完了
  • 一ヶ所にまとめればそれらしく見える
  • そもそも「片付け」で何をすればいいかわからない

そう考えている子もいるかもしれません。

 

さおり
さおり
我が家もこれが原因で私がイライラしていました

息子が部屋の端っこにおもちゃを集めて「片付けたよ!」と言っても、私にとっては「これのどこが片付けたって言うの!」ということが起こってしまったのです。

我が家の片付けの仕組みも、「片付いた」のゴールの共有から始まりました。

 

片付けで目指すゴールをはっきりさせて共有することで、

  • このおもちゃは箱にしまう
  • このおもちゃは棚に並べる
  • 本は本棚にしまう

など、具体的な行動につなげることができます。

 

片付けと一言で言っても、ゴールのイメージはきちんと伝えないと共有できないもの。

まずは親子で片付けのゴールを共有することから始めていきましょう。

おもちゃの住所を決める

モノの住所を決める

片付けで大事なのは、モノをしまう場所が決まっていることです。

さおり
さおり
「片付け」の意味は、「モノを元の場所に収める」ことなんですよ

しまう場所=モノの住所が決まっていると迷わずに行動しやすくなるので、片付けのストレスを減らすことができます。

 

たとえばおもちゃの住所を決めるときは

  • よく遊ぶモノは出し入れしやすい高さに置く
  • 重いモノは下の方に置く
  • おもちゃをグループ分けしてまとめる

など、いろいろな方法が考えられます。

 

ぜひお子さんと一緒にスムーズに片付けられるおもちゃの住所を考えてみてください。

片付けづらいポイントを改善する

子どもが片付けやすくなる!おもちゃ収納の仕組み作りのポイント3つ

片付けで何をすればいいかわかるし、しまう場所も決まっているのに片付けられない…

その場合はもしかしたら片付けづらいポイントがあるのかもしれません。

 

大人でも自分の身長より高い場所にしまうときって、ちょっと片付けづらいですよね?

同じようにおもちゃの収納も

  • 出し入れするには高い
  • おもちゃ箱が重い
  • どこにしまえばいいかわからない など

片付けづらさがあると、それだけで片付けのハードルが上がってしまいます。

お子さんがスムーズに片付けられるように、片付けづらいポイントは改善していきましょう。

 

片付けづらいポイントを見つけるコツは、お子さんが片付けている様子を見ることです。

そうするとお子さんの片付けのクセが見えてきます。

  • 片付ける場所がわからなくて迷いがち
  • いつも同じ高さの場所におもちゃが溜まる
  • 箱にしまわずに蓋の上に置いてしまう

このような片付けのクセが見えてきたらチャンス!

 

お子さん片付けのクセがわかると、

  • 写真でラベリングをする
  • よく遊ぶおもちゃを出し入れしやすい場所にしまう
  • 箱の蓋をはずしてしまいやすくする

など、このように収納の仕組み作りがしやすくなるんですよ。

 

私も息子の片付けを見ていると、いろんなことが見えてきました。

  • トミカを並べて置いている
  • 棚から箱を出すのがめんどくさそう
  • 棚の上にモノがたまりがち

 

このようなことから

  • トミカを並べてしまえる収納アイテム
  • 一番下の箱を撤去して、直接置けるようにした
  • 棚の上に浅い箱を置いて、そこにしまってもらう

こんな収納になりました。

 

「うちの子は片付けられない性格」と思うかもしれませんが、もしかしたら性格ではなくて片付けづらさが原因かもしれません。

ぜひお子さんが片付けている様子を見ながら収納方法や収納アイテムを見直してみてください。

 

子どもが片付けやすい仕組みで笑顔を増やそう

子どもが片付けやすくなる!おもちゃ収納の仕組み作りのポイント3つ

今回は、子どもが片付けやすいおもちゃ収納の仕組み作りを紹介しました。

 

ママは、「子どもが片付けやすいように」といろいろ手を出してしまいがち。

だけど本当に大切なのは、お子さんが片付けやすいような仕組み作りをサポートすることです。

片付けやすい仕組みを作ると、お子さんが片付けられるようになるのはもちろん、ママの「片付けなさい!」のストレスも減らすことができます。

 

もちろん、仕組み作りは1回じゃうまくいかないことも多いです。。

そんなときは少しずつ改良していけば大丈夫!

片付けには決まった正解はないし、おもちゃの量やお子さんの成長などライフスタイルによってはどんどん変化していきます。

 

ぜひ暮らしにあった親子の笑顔が増える片付けの仕組み作りをお試しください。