サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
1987年生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小4息子の母

ライフオーガナイザー®


おうちの中で楽しむことや暮らしやすさを追求することが好き


当ブログでは「幸せをえらぶ暮らしづくり」をテーマに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
【最終更新】2/1「CITTA手帳2024の中身・書き方」

調理・食器・保存に大活躍 | iwakiパック&レンジレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

調理から保存まで使えるキッチンアイテムがあると、物を減らせてスッキリしますし、日々のごはん作りにもラクになります。

インスタグラムで常備菜を知ってから興味が出てきた保存容器。

これまではプラスチック製のものを使っていましたが、カタログギフトをいただく機会があり目に留まったのは耐熱ガラスのiwakiのパック&レンジでした。

これまで保存容器はプラスチックが当たり前でしたが、iwakiの容器を使ってみると調理にも保存にも使えて、耐熱ガラスの利便性を体験できました。

この記事ではiwakiのパック&レンジのおすすめポイントを、実際に活用している写真と一緒に紹介します。

調理から保存まで便利に使えるアイテムでおすすめです◎

目次

iwaki パック&レンジは調理に便利な耐熱ガラス容器

保存容器の素材はいろいろありますが、こちらは耐熱ガラス製です。

耐熱ガラスなので、

  • 保存したときに中身のおかずが一目でわかる
  • オーブンやレンジ調理にも使える
  • 油汚れも落ちやすい

このようなメリットを感じました。

その一方で、耐熱ガラス容器に対しては、重い・ごつい・扱いづらいというイメージも。

けれど実際に手に取ってみると、思ったよりもコンパクトで手軽に使えそうな印象でした。

重さも、いちばん重いもので約630グラム(玉ねぎ3個ちょい分)。

なので普段使いするのもそこまで大変じゃないと感じています。

iwakiパック&レンジのお気に入りポイント

iwakiパック&レンジを実際に使ってみて感じたお気に入りポイント、

を紹介します。

調理から保存までまかなえる

iwakiパック&レンジは保存容器の分類になりますが、保存以外にも調理アイテムや食器としても使うことができます。

たとえばある日の鶏南蛮漬け。

耐熱ガラスの保存容器、iwakiパック&レンジでおかず3品+おやつを作ってみた

Cpicon 鶏胸肉の南蛮漬け。 by ラビー

容器に野菜と調味料を入れて軽くレンジにかけたあと、そこに揚げた鶏肉を漬けていきます。

浅い容器なのでお肉を入れたりひっくり返したりするのにも便利!

そのまま蓋をして夕飯の時間まで冷蔵庫で保存。

食べるときはこの容器のままテーブルに出せるので、お皿に移し替えなくても様になる容器だと感じました。

もちろん残ったらまた蓋を閉めて冷蔵庫で保存することもできます。

おかずだけではなく、おやつ作りにも活用。

チョコと生クリームをあわせたムースを容器に入れて、蓋を閉めて冷蔵庫へ。

冷やしたあとはそのまま食べられます。

このようなスイーツや、毎日食べるヨーグルトにもちょうどいいサイズです

iwakiの容器は調理アイテム・食器・保存容器としてあらゆる使い方ができます。

オーブンやレンジ調理に役立つ

耐熱ガラス容器はオーブンでの調理にも使えるのがうれしいポイントです。

容器に野菜や卵を入れてオーブンで調理するオープンオムレツ。

耐熱ガラスの保存容器、iwakiパック&レンジでおかず3品+おやつを作ってみた

オーブンで調理をして、できあがったら容器の中で切り分けることもできます。

オーブンで使える容器はお菓子作りにも。

耐熱ガラスの保存容器、iwakiパック&レンジでおかず3品+おやつを作ってみた

小さい容器で1人分サイズのパウンドケーキを作ってみました。

油を軽く塗ればするっと型から抜けるのもいいなと思ったポイントです。

日々使ってみて改めて、iwakiの耐熱ガラス容器は保存だけではなく調理にも役立つと感じました。

油っぽいおかずの保存に向いている

耐熱ガラスのうれしいポイントは、油汚れが落ちやすいところにもあります。

これまでプラスチックの保存容器を使っていたんですが、保存するおかずによっては、

  • 洗ってもぬめぬめする
  • においが残ってしまう
  • 色移りしてしまう

というモヤモヤがありました。

ガラス製の容器ならにおい移りも色移りもなく、油汚れもするっとストレスなく落ちてくれます。

なので、これまで敬遠していたカレーも、

汚れ落ちを気にすることなく保存できるようになってうれしいです◎

iwakiの耐熱ガラス容器は油っぽいおかずの保存にもピッタリです。

プラスチックの蓋は割れやすいので注意

iwakiの保存容器を使っていると気になるのが、プラスチックの蓋が割れてしまいがちなこと。

開け方にコツがいる気がする…!

そこで検討しているのが、iwaki用のポリプロピレンの蓋です。

『山本ゆりのおいしいレシピBOOK』で使ってみて快適さを実感

ポリプロピレン製なので割れる心配もなく、プラスチック特有のパチン!という音もならないので少しずつ入れ替えたいなと思っています。

【追記】iwaki容器&レシピの本が発売されました

2021年8月に、iwakiの耐熱ガラス容器と山本ゆりさんのレシピがセットになっている『おいしいレシピBOOK』が発売されました。

山本ゆりさんのレシピは、材料も調味料も身近にあるものでかんたんに作れるのが魅力!

1冊で主菜・副菜・一皿料理などさまざまな料理が作れるので、iwaki容器を買おうかなと思ったときにはこのセットを買うのもおすすめです。

関連記事 『山本ゆりのおいしいレシピBOOK』レビュー

おわりに

iwakiパック&レンジは

  • 調理から保存まで使える
  • においや色が移らない
  • 洗うのがラク

このようにごはん作りにおすすめのポイントがたくさんあります。

あらゆる用途に使える容器はごはん作りにも片付けにもおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

目次