片付けやすさは家族でも違う | 親子で異なる文具収納を紹介

片付けやすさは家族でも違う 親子で異なる我が家の文具収納を紹介

この記事では、親子で片付けやすさが違う、我が家の文具収納を紹介します。

  • 子どものために収納スペースを作ったのに片付けてくれない
  • 何回言っても片付けられないのはなんで?

片付けでそんな親子バトルを繰り広げたことはないですか?

さおり

さおり

私はありますよ!もちろん!

何度言っても床に置きっぱなしの上着。

歩くのにジャマで、何度「片付けて!」と言ったことか……。

この上着問題に限らず「何回言っても片付けられないのはなんで?」とずっと思っていたんですが、ライフオーガナイザー®になって知ったのが、片付けやすさは人それぞれということでした。

たとえ血のつながった親子でも片付けやすい方法は同じとは限らないのです。

さおり

さおり

子どもは教えたとおりに片付けをするものだと思ってからビックリ!

それから少しずつですが息子に片付けやすい方法を聞き取りながら、子どもが主体となって使いやすい収納の仕組みをととのえることができました。

今回は「片付けやすさは家族でも違う」をテーマに、私と小1息子の文具収納の違いを紹介します。

さおり

さおり

親子でもこんな違いがあるんだ、と感じていただけたらうれしいです

スポンサーリンク

私と小1息子の文具収納の違い

私は「立てる」収納

私はライフスタイルツールという収納ボックスを使って、立てて収納しています。

机周りのモノをスッキリまとめられるので、もう2年以上愛用しているアイテムです。

パソコンと並べて置くと机に向かったときに中身を一覧できて、出し入れもしやすいのがお気に入りポイント。

今でこそ使いやすい、片付けやすい収納になりましたが、昔は失敗も多かったです。

私は学生の頃から文房具が好きで、一時期はかわいいペンケースやポーチを使っていました。

だけど使うたびにポーチの中をガサガサと探るのが自分には合いませんでした。

ライフオーガナイズを学び、片付けにはいろいろな方法があること、人によって片付けやすい方法は違うことを知り、自分にとって片付けやすい方法は何だろうと模索しました。

様々な方法を試した結果、文房具は立てる収納がいちばんしっくりきて、「立てる収納でかわいい収納アイテムを探そう」と思えるように。

ライフスタイルツールのおかげで机の上が散らかることが少なくなり、片付けようと思ったときにサッと片付けられるようになりました。

ライフスタイルツールのくわしい紹介はこちらの記事でしているので、興味がありましたらぜひ読んでみてください。

関連立ててすっきり収納!ナカバヤシ「ライフスタイルツール」

小1息子は「横置き」収納

小1の息子はダイソーで購入した小物ケースを使って、横置きで収納しています。

このケースが置いてあるのは、リビングダイニングにある学用品棚の上。

宿題や家庭学習はダイニングテーブルでやっているので、ここから鉛筆と消しゴムをガバッと取ってそのままテーブルまで持ってきています。

宿題が終わった後もポンっと片付けられるので、テーブルの上に出しっぱなしということもなくなりました。

さおり

さおり

片付けの仕組みを作ることで、散らかり防止にもなりますよ

ちなみにこの収納方法やケースの配置は、当時小1の息子が決めました。

私がヒアリングをし、えんぴつを横置きで入れられるケースは即採用。

とりあえず使ってみて、使いづらかったらまた考えようね、と。

そして右側の白いケース。

黒いケースは普段使う筆記用具が入っているんですが、白いケースには「予備のモノ」を入れています。

なので私としては「棚の上じゃなくてもいいんじゃない?」「この棚の上は置きやすい高さだから、普段使うモノを置いた方がいいんじゃない?」と思うんですが…。

そこは子ども主体なので、アドバイスしたい気持ちを抑えてこのような配置になりました。

さおり

さおり

えんぴつやセロハンテープの予備を自分で把握してくれて助かっています

息子の教科書・学用品収納についてはこちらの記事でくわしく紹介しているので、小学生ママに読んでいただけたらうれしいです。

関連【小1片付け】ニトリカラボで作る「ひとりで準備できる」教科書・学用品収納

家族ひとりひとりの「片付けやすさ」を見つけよう

今回は「片付けやすさは家族でも違う」をテーマに、私と息子の文具収納の違いを紹介しました。

モノの片付け方は1種類だけではないし、正解・不正解はありません。

そしてひとつ屋根の下で暮らす家族でも、血のつながった親子でも片付けやすさは人それぞれ。

さおり

さおり

親子でたくさんお話して、それぞれにピッタリの収納の仕組みを見つけてみてください

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事