汚部屋を快適スペースに変えた、片付けがスムーズに進む5ステップ

汚部屋を快適スペースに変えた、片づけがスムーズに進む5ステップ

「片付けができないのは、ズボラな性格のせい」

あなたはそんなことを思っていませんか?

だけど、片付けはやり方を知るだけで、スムーズに進むようになるのです。

そうは言っても

  • モノがたくさんあって手が付けられない
  • 片付けは何からやればいいかわからない

そんな悩みや経験を持っている人も多いはず。

今日はライフオーガナイザー®講座を受けて汚部屋を快適スペースに変えた私が、モノがたくさんあってもスムーズに進む片付けの方法を紹介します。

5ステップで片付けられるコツを伝授するので、ぜひ参考にしてみてください◎

片付けられないのは、やり方を知らないだけかも

あなたが今まで片付けられなかったのは性格のせいだけじゃなく、片付けのやり方を知らなかっただけかもしれません。

私もずっと「片付けられない性格だから」と思っていたんですが、昨年(2017年8月)ライフオーガナイザー®講座を受けて考え方が一変!

講座を受けた後に改めて片付けてみると、モノがあふれていたスペースをスッキリ快適にすることができたのです。

「片付けなんてモノをしまうだけなのに、やり方なんてあるの?」と思うかもしれません。

だけど、片付けは手順にそって進めると、ビックリするくらいスムーズに進むんですよ!

スムーズに進む手順はありますが、

  • モノの分け方
  • 収納のしやすさ
  • 維持のしやすさ

は人それぞれです。

あなたに合うやり方を見つけるまでは、片付けがうまくいかないかもしれません。

だけど、やればやるほど【自分に合った片付けや収納方法】が見つけられるようになります。

片付けは身に付けておきたい一生モノの技術です。

ぜひ小さなスペースの片付けから、あなたに合ったやり方を見つけてみてください◎

スポンサーリンク

片付けがスムーズに進む5ステップ

リバウンドしづらい片付けの4ステップ

↑今朝撮影した、現在のワークスペースの状態です。

(後で、昨年までの汚部屋写真が出てくるのでお楽しみに…笑)

 

ここでは「片付けがスムーズに進む5ステップ」として、

  1. 「ここで何をしたいか」を考える
  2. モノを全部出して分ける
  3. 必要なモノを選ぶ、不必要なモノを減らす
  4. 収納する
  5. 維持する

について紹介します。

コツは、これらを同時にやろうとしないこと。

たとえば、モノをひとつ出すたびに要る・要らないを判断していったら、とても時間がかかってしまいます。

  • まずはモノを全部出して、何を持っているかを把握すること
  • そうしてからカテゴリに分けること
  • 減らすのも収納するのもそれから

という順番を意識して読んでみてください。

0.昨年の汚部屋を公開します

リバウンドしづらい片付けの4ステップ

伝説の【机の前に無洗米】があった、私のワークスペースです。

机というより、モノ置き場?笑

そんなモノがあふれかえっていたスペースをどうやって片付けたか、手順にそって書いていきます。

1.「ここで何をしたいか」を考える

手にモノを取る前にすることは、「ここをで何をしたいか」を考えること。

まずそこから始めないと、必要なモノを選ぶことができません。

私の場合は

  • 在宅ライターの仕事
  • 化粧
  • 家族の書類をまとめる
  • 手仕事

こんな感じになりました。

2.モノを全部出して分ける

リバウンドしづらい片付けの4ステップ

次にモノを全部出して、持っているモノを把握します。

それからカテゴリを決めてモノを分けていきます。

カテゴリを決めるときのコツは、最初は【あまり考えなくても分けられるカテゴリ】にすること。

「要る」「要らない」のような考える必要のあるカテゴリではなく、まずは「筆記用具」「紙類」のようなパッと分けられるカテゴリにするのがおすすめです。

私は「ここで何をしたいか」にそって

  • 文具類
  • 化粧品類
  • 書類・資料
  • 家計簿類

というカテゴリにしました。

3.必要なモノを選ぶ、不必要なモノを減らす

モノをざっくりとカテゴリ分けした後に、必要なモノを選んだり、要らないものを処分したりします。

  • 必要なモノで、ここで使う
  • 必要だけど、ここでは使わない(別の場所で保管)
  • 要らないけれど、期限を決めて処分する
  • 要らないから、すぐに処分する

「要らないと思うけど、様子見したい」というときは、「3ヶ月使わなかったら処分する」などと最初に期限を決めておくのがおすすめです。

4.収納する

リバウンドしづらい片付けの4ステップ

【カテゴリ分け】と【選ぶ・減らす】を経て、だいぶスッキリした気がします!

片付けをしようと思ったときに、まずは収納アイテムを買いたくなりませんか?

だけどそこはグッと我慢して、まずは【カテゴリ分け】と【選ぶ・減らす】を終わらせてください。

あの【机の前に無洗米】状態で収納アイテムを買ったとしても、スッキリ片づくとは思いませんよね?

私もこの状態から少しずつ、モノの出し入れしやすさや、使う頻度などを考えながら収納アイテムを購入していきました。

文具類の収納には、立ててスッキリ収納できる「ライフスタイルツール」を愛用しています。

>>文房具を立てて収納するときは「ライフスタイルツール」がおすすめ

文房具を立てて収納するときは「ライフスタイルツール」がオススメ
文房具を立てて収納するときは「ライフスタイルツール」がおすすめこの記事では、机の上がスッキリする収納ボックス「ライフスタイルツール」についてお話します。 机の上で作業をすることが多いと、ペンや...

実際に生活をしながら、あなたに合った収納アイテムを探すのがおすすめです◎

5.維持する

【片づいた後の状態を維持する】ことも、片付けの大切な要素です。

維持するためのポイントの1つが、片付けを習慣化すること。

片付けを習慣化するのは難しそう…と思うかもしれませんが、「片付けをラクに習慣化する3つのコツ」について書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

片づけをラクに習慣化する3つのコツ
毎日の片付けがラクになる!新しい習慣を身に付けるときの3つのコツ「毎日、ちゃんと片付けよう!片付けを続けよう!」そう思っても、続けるのはなかなか難しい。だけど、習慣は3つのコツを知るだけで無理なく身に付けられるんです◎今回は新しい習慣を身に付けるときの3つのコツについてお話します。習慣化で片づけをラクにしていきましょう!...

スポンサーリンク

まとめ:片付けはひとつずつ順番に進めよう

今回は片付けビフォーアフター画像とともに、片付けがスムーズに進む5ステップについてお話しました。

これまで片付けがなかなか進まなかった原因は性格ではなく

  • モノの分類と減らすことを同時にやろうとしていた
  • カテゴリ分けが自分に合っていなかった
  • 「ここで何をしたいか」があいまいだった

などが考えられます。

片付けをするときは、ひとつひとつ順番に進めるのが大事なポイントです。

「ズボラな性格だから」と片付けをあきらめていたあなたも、ぜひ小さなスペースの片付けからチャレンジしてみてください◎

片付けがスムーズに進む5ステップ
  1. 「ここで何をしたいか」を考える
  2. モノを全部出して分ける
  3. 必要なモノを選ぶ、不必要なモノを減らす
  4. 収納する
  5. 維持する
ABOUT ME
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
さおり@札幌ライフオーガナイザー®
転勤族の夫と4歳息子を持つ30代主婦/片付け・手帳・時間活用などを通して【あなたの暮らしにプラスを増やす】情報を発信しています/片付け相談・サポートサービス、講座開催に向けて準備中です(2018年10月現在)