【右右脳タイプの片付け】ラクに片付けられる収納アイテム紹介

右右脳タイプの収納術! ラクに片付けできる 愛用してる収納アイテム

今回は、右右脳タイプの私が愛用してる収納アイテムを3つ紹介していきます。

 

我が家は転勤族でモノは多くなかったのに、いつの間にか散らかってしまうという悩みがありました。

そんな私が片付けらえるようになったのは、ライフオーガナイザー講座を受けて、自分の利き脳を知ったからでした。

【関連記事】自分に合った片付けが見つかる!利き脳チェックで得意な方法を知ろう

て、脳タイプに合った収納アイテムを取り入れたからです。

 

今回はそんな私が実際に愛用している収納アイテムを3つ紹介します。

私と同じように、右脳タイプで片付けが苦手…という方に読んでいただけると嬉しいです◎

右脳タイプの私が収納アイテムを選ぶポイント

右脳タイプの私は

  • ざっくりした収納
  • ワンステップで片付けられる収納
  • 外から中身がわかる収納

このような収納が合っています。

 

これらを踏まえて収納アイテムを選んだポイントは

  • 半透明か透明で中身が見える
  • 引き出しひとつが大きすぎず、開けたときに全体が把握できる大きさ
  • 文房具は立てる収納の方が片付けやすい
  • ワンステップで出し入れしやすいポイントがある

ざっくりいうとこのような感じです。

 

では実際にどんな収納アイテムを使っているか紹介していきます。

スポンサーリンク



右脳タイプの私が愛用している収納アイテム3つ

文房具を立ててすっきり収納できる【ライフスタイルツール】

右脳タイプ、ライフスタイルツール

机で使う文房具を収納するのに活用しているのが、「ライフスタイルツール」です。

文房具は引き出しやケースに横にして収納するよりも、立てて収納した方が出し入れしやすかったので、普段使う文房具をまとめて立てられるライフスタイルツールを選びました。

ポケットの数が多く大きさも様々なので、細長いペンだけではなく、定規やハサミを立てられるのもポイントです。

 

立てて収納するのにぴったりなだけではなく、ぱたんと閉じると本のようになって机の上がスッキリするのもお気に入り!

右脳タイプライフスタイルツール

別の場所で作業するときに持ち運ぶのも便利だし、目の前がスッキリするので集中力もアップします◎

 

【関連記事】文房具を立ててすっきり収納できる「ライフスタイルツール」

透明な引き出しが見やすい【ニトリ レターケース】

右脳タイプニトリレターケース

ニトリのレターケースには、普段使いの文房具よりは使う頻度が低いモノや、そのほか机周りにあったら便利だなというモノを入れています。

 

  • 透明な引き出しで中が把握しやすい
  • 引き出しが浅型で全体がパッと見える

このような特徴が決め手で、レターケースを購入しました。

 

私は典型的な右脳タイプで、「文字を読まない」という特徴があります。

なので真っ白いボックスにラベリングをしても、ラベリングの文字を読まないクセがあって、すぐに中身がわからなくなってしまいます。

だからパッと見で中身が何かわかる、透明な収納アイテムが使いやすいのです。

 

ちなみに、左下には化粧品が入っています。

右脳タイプニトリレターケース

毎朝化粧をするときは引き出しを開けっぱなしで、と出し入れしやすくしています。

余談ですが、こうやって開けっぱなしで出し入れしやすいように、一番下の段に化粧品を収納しました。

行動のクセを考えて収納場所を決めるとより使いやすくなりますよ◎

よく使うモノを一目で把握できる【大人のお道具箱】

大人のお道具箱裁縫セット

これは裁縫セットを入れている、大人のお道具箱です。

机でボタン付けやちょっとした修繕をするための道具を入れているので、全部の裁縫道具が入っているわけではありません。

 

大人のお道具箱裁縫セット

ボタン付けやちょっとした修繕をする道具を厳選したので、箱の中身はすっきりしています。

 

浅型の箱なので、全部のモノがパッと見えるのもお気に入りポイントです◎

 

【関連記事】普段使いのモノをかわいく収納!「大人のお道具箱」活用法とモノをうまく収納する5ステップ

右脳タイプの愛用品、番外編は保存容器

使いやすいシンク下収納

「中身が見える」がポイントの右脳タイプ。

それは収納アイテムだけじゃなくて、おかずの保存容器にも言えます。

 

私が愛用しているのは、

  • ダイソー 耐熱ガラス食器
  • iwaki 耐熱ガラス 保存容器
  • ジップロックコンテナ

です。

 

作り置きや下ごしらえをするときに保存容器をよく使うんですが、中身が見えないと

  • どのくらい残っているか
  • どんなおかずがあるのか

わからなくなってしまうんですよね。

 

容器を透明にすることでおかずの腐らせ防止や、食材がかぶるのを避けることができて、ごはん作りや献立を考える負担を少しですが減らすことができました。

まとめ:脳タイプを参考にして収納アイテムを選ぼう

今回は、右脳タイプの私が愛用している収納アイテムについてお話しました。

 

利き脳は絶対あっている!と言えるものではありませんが、自分の得意なこと・苦手なことを見つけるひとつの手がかりとして役立ちます。

私も実際に利き脳をチェックしてみて、右脳タイプの文字を読まないクセが判明しました。

 

私みたいに「モノは多くないのに片付けられない」という方は、収納アイテムを見直すだけで改善できる可能性が高いですよ◎

 

ぜひ自分の利き脳を参考にしながら、片付けやすい収納アイテムを見つけてみてください。

関連記事