MENU
カテゴリー
おすすめ記事
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小2息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


おうちで過ごす時間や暮らすことが好き

特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています

収納アイテム選び | 失敗しないための3つのポイント

  • 便利な収納アイテムを買ったのに散らかったまま
  • 買ったのに結局使わない収納アイテムがたくさんある

片付けをしようと思ったときにこうなってしまったことはありませんか?

せっかくモノをしまうために買ったのに、結局出しっぱなしにしちゃうという悲しい結末に…

さおり

さおり

もう収納アイテム選びに失敗したくない!

今回はそんなあなたに向けて、収納アイテムを買う前におさえておきたい3つのポイントを紹介します。

私もこれまで「なんとなく」「見た目がいいから」「インスタでよく見るから」と失敗していた収納アイテム選び。

けれどポイントをおさえて収納アイテムを購入すると、片付けがラクになってモノが散らかりにくくなりました。

さおり

さおり

収納アイテムはその機能以上に大切なことがあるので必見です!

目次

1:収納アイテムを買うタイミングを知る

「片付けよう!と張り切って収納アイテムを買ってきたのに片付かなかった…」

このような経験はありませんか?

実は収納アイテムは、

買うタイミングがとても大事

なんです。

片付けしようと思って最初に収納アイテムを買う。

これは片付けが失敗する原因の1つになってしまいます。

なぜなら「片付けをはじめよう!」というモノが多い状態で買っても、それは収納ではなくモノを詰め込んでるだけの状態だからです。

収納アイテムはモノを詰め込むものではなく、モノを出し入れしやすいように収めるためのもの。

最初に収納アイテムを買っても、中に入れるモノの量があっていなければうまくしまうことができません。

  • まずはモノのいる・いらないを分ける
  • それを使いやすい・出し入れしやすい収納場所を決める
  • 自分にとって片付けやすい方法を考える

そこではじめて収納アイテムを検討するのがポイントです。

収納アイテムは買うタイミングが大切。

片付けようと思ったときには収納アイテムを買うのではなく、まずは今あるモノの整理からはじめてみてください。

モノなかなか減らせないという方に向けて、こちらの記事で無理なくモノを手放せるコツを紹介しています。

関連捨てるではなく「選ぶ」 | 無理なくモノを手放せる3ステップ

2:計測はすごく大事!

「いい感じの収納アイテムを買ってみたけど、モノがスッキリ入らない」

「実際に置いてみるともう少し大きい収納アイテムでもよかったかもと思う」

そんな経験をしたことがあるあなたに知ってほしいことが、

収納グッズを買うときにサイズの計測はとても重要!

ということ。

収納アイテムを買うとき、「このくらいなら入るかな?」と目分量で選ぶことが多いと思います。

そうすると

  • 中にしまいたいモノがはみ出したり
  • 収納スペースにムダな空間ができたり

ちょっとしたモヤモヤの原因になってしまうのです。

さおり

さおり

せっかく買うんだからスッキリ収納したい!

そう思ったときは、収納アイテムを買いに行く前に、

  • 収納スペースの幅・奥行・高さ
  • 中に入れるモノのサイズ

を測るのがおすすめです。

さおり

さおり

もちろん、買う予定の収納アイテムのサイズチェックも忘れずに

収納スペースの長さを測るなら、このようなコンベックスがおすすめ。

片付けのプロも使っている、収納スペースを測るときに役立つツール3選

棚の内寸を測りやすいタイプのアイテムもあります。

片付けのプロも使っている、収納スペースを測るときに役立つツール3選

計測しやすいコンベックスがあると収納アイテムを買うときはもちろん、引っ越しや部屋の模様替えをするときにも役立ちますよ。

こちらの記事では計測アイテムをくわしく紹介してるので、あわせて読んでみてください。

関連片付けのプロも使っている、収納スペースを測るときに役立つツール3選

3:しまいやすい収納・しまいにくい収納がある

「収納アイテムを買ったのに結局モノが出しっぱなしになっている」

その原因はもしかして、その収納アイテムがしまいにくいアイテムだったからかもしれません。

実は収納アイテムには、モノがしまいやすいアイテムとしまいにくいアイテムがあるのです。

それは収納アイテムのいい・悪いではなく、あなたのライフスタイルにあっているかどうかで決まります。

モノを片付けやすい方法は人ぞれぞれ。

そして片付ける方法によって必要な収納アイテムも変わります。

服の収納で例えると、

  • ハンガーにかけるのがラクだと思う人
  • たたんでしまう入れるのがラクだと思う人

このように片付ける方法は人によって異なります。

そして

  • かける収納にはハンガーやハンガーポールが必要
  • たたむ収納にはタンスや引き出し型の収納が必要

このように片付ける方法によって必要な収納アイテムも変わってくるのです。

私も以前、片付けやすい方法を知らなかったときに収納アイテムで失敗したことがありました。

それは「見た目がかわいい!」というだけで購入したボックス型の収納。

モノをしまうときに蓋を開け閉めすることのハードルが高くて、モノが出しっぱなしになってしまいました。

この失敗を活かして、収納アイテムを選ぶときは蓋のないカゴやバスケットを選ぶようにしています。

ポンと入れるだけでモノがしまえるので、出しっぱなしがグッと減った。

ちなみに片付けやすさはひとつ屋根の下で暮らす家族でも、血のつながった親子でも人それぞれなんです。

さおり

さおり

「子は親が教えたとおりに片付けるもの」と思っていたのでビックリしました

たとえば我が家の文房具収納。

小2息子はカゴに横置き収納
私はボックスに立てて収納

このように親子でも片付けやすい方法・収納アイテムは違うのです。

関連片付けやすさは家族でも違う | 親子で異なる我が家の文具収納を紹介

人によって片付けやすい方法は違うし、それによって選ぶ収納アイテムも変わってきます。

ぜひあなたや家族にあった方法・アイテムについて考えてみてください。

片付けやすさのヒントを見つける方法として、利き脳チェックもオススメです。

関連片付けやすさのヒントが見つかる利き脳チェックはこちら

暮らしにあった収納アイテムを選ぼう

今回は収納アイテムを買う前におさえておきたいポイントを3つ紹介しました。

収納アイテムを買えば片付くというわけではありません。

収納アイテムを買う前にモノを分けて収めたり、サイズを測ったり、使いやすさを考えることが大切です。

さおり

さおり

3つのポイントをおさえて、使いやすい収納アイテムを見つけてみてください

この記事で紹介したアイテム

この記事をSNSでシェアする
目次
閉じる