手帳の持ち歩きをやめた主婦のスケジュール管理ツールの使い分け

昔から手帳はカバンに入れていたし、持ち歩くのが当たり前だと思っていました。

けれどライフスタイルの変化によって、

  • 1冊にまとめたものを持ち歩くのが大変になった
  • 家で必要な情報と外で必要な情報に分けるようになった

このような変化が生まれました。

「1冊にまとめるのも大変だけど、複数冊を管理できる自信もない……」

はじめはそう思っていた私ですが、使い分けるポイントを明確にしたことで予定管理も時間管理もラクになりました。

今回は複数のツールでスケジュール管理をする際に気を付けたポイントやツールを紹介します。

実際に使っているツール・使い方を写真満載でお届けするので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ポイントは使う場面と見やすい形

スケジュール管理ツールを使い分けるときのポイントは使う場面にあわせることです。

私はこれまでA5サイズのシステム手帳1冊に全部まとめていて、それがいちばんラクでした。

1冊にまとめると情報を探すことも出し入れすることもラクだったのです。

だけど息子が習い事をはじめたり、私も自分の作業時間を確保したいと思ったり、お互い活動の幅が広がると1冊じゃ不便になってきました。

持ち運びも大変になり、また「これは外に持ち出す必要がないな」と思うものもあり、ツールの使い分けをすることに決めたのです。

A5バインダーはおうち専用の読み物用の手帳にすることにしました。

それからはスケジュール管理ツールは使う場面にあわせて、

  • どこで確認するか
  • そのときにどんな情報がいるのか

という基準で使い分けることにしました。

では私が実際に使っている、

  • 無印良品マンスリーノート
  • CITTA手帳
  • カレンダーアプリ

を紹介していきます。

主婦のスケジュール管理ツール

無印良品マンスリーノート

B5サイズのマンスリーノートを、家置き用のカレンダーとして使っています。

見開き1か月のマンスリータイプで、このように開いたまま机や棚の上に置いておくことが多いです。

パッと見て予定が把握できることを重視しているので、予定の種類ごとにメモックロールテープで色分けをしています。

CITTA手帳

主婦のスケジュール管理ツール紹介。複数個を使い分けるポイントも

A5サイズのCITTA手帳は主に家で、時間管理・行動管理に使っています。

主に活用しているのがバーチカルページ。

うまく時間を使うためにマイルドライナーで色を分けながら行動計画を立てています。

またバーチカルの空いている時間帯には献立やミニ日記を書いたり、暮らしの記録を書き留めています。

Googleカレンダーアプリ

Google カレンダー

Google カレンダー

Google LLC無料posted withアプリーチ

関連記事