暮らしがととのう片付けの手順を公開!

スポンサーリンク

ニトリカラボで作れる!幼稚園年長の身支度ロッカー

ニトリカラボで身支度ロッカー!幼稚園年長の登園準備の仕組み作り

以前、幼稚園児の服収納について書きました。

 

そんな息子も4月からは幼稚園の年長さん。

仕組み作りも子どもの成長に合わせて変化させていく必要があります。

 

今回見直したのは、身支度ロッカーの中身。

息子ができるようになったこと、そして私がお手伝いしてほしいことも踏まえた身支度ロッカーに改良してみました。

 

年長さんだけではなく、これから入園をひかえているお子さんが身支度ロッカーを活用していくポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】入園準備に役立つアイテム・暮らしの仕組み作りまとめ

 

身支度ロッカーを活用するポイント

身支度ロッカーを活用するときのポイントは、お子さんがひとりでできること・手伝いが必要なことを親子で共有すること。

これは息子と同じ年長のお子さんだけじゃなくて、登園前のお子さんのロッカー作りにも共通するポイントです。

 

親子で共有することで

  • 身支度ロッカーの中身
  • お子さんが1人で準備するタイムスケジュール
  • 親が手伝いするタイムスケジュール

をととのえやすくなります。

 

我が家は以前、子どもの服を全部まとめてしまっていました。

だけど息子がデザイン重視であまりにも季節外れのモノを選んでくるので、朝からバトルになることもしばしば…(苦笑)

 

息子は一通りの着替えはひとりでできますが、天気や季節に合わせた服選びはあまりスムーズにできません。

身支度ロッカーの中身を【幼稚園に着て行っても大丈夫な服だけ】にしたら、朝のバトルもなくなりました!

 

朝の登園準備をスムーズにするには、

  • お子さんがどこまでひとりで準備をして
  • 親がどこから手伝うか

を考慮して中身を考えるのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

身支度ロッカー、去年からの変化

改良前の身支度ロッカー

子ども服収納

改良後の身支度ロッカー

幼稚園年長の身支度ロッカー

使用したカラーボックスは前回と変わらず、ニトリの3段のものです。

 

上の段から順番に

  • 登園バッグ・帽子(平日昼撮影のためからっぽです)
  • お出かけアイテム・リュック
  • 平日に着る服
  • 下着・靴下など

が入ってます。

 

では、具体的にどういう風に変えたのかを紹介していきます。

側面にフックを付けた

以前は中に突っ張り棒でS字フックを下げていましたが、今回は側面に両面テープ式のフックを取り付けました。

幼稚園年長身支度ロッカー

※かけるものの重さにあったフックを選んでみてください。

 

身支度ロッカーの中に収納するモノが増えたので、かけるモノは側面のフックに。

中にモノを置けるように棚板を増やしました。

 

お出かけアイテムを収納した

側面にフックを付けたのは、息子がお出かけの準備も自分でスムーズにできるようになったからです。

以前の身支度ロッカーは主に登園準備が目的でしたが、休日のお出かけ準備や片付けもできるようになったので、そちらのアイテムも一緒に置くことにしました。

 

このように子どもの成長やロッカーを使う目的によっても中身は変わってきます。

ぜひお子さんに合わせて中身をととのえてみてください。

 

服をインボックスからカゴ収納にした

以前はニトリのインボックス(白い引き出し)に服をしまっていましたが、服のサイズアップと冬用ズボンのボリュームアップで出し入れがしづらくなってしまいました。

 

そこで平日に着る服は、カゴ2つを

  • 上に着る物
  • ズボン

に分けて出し入れしやすくしました。

幼稚園年長身支度ロッカー

 

出し入れのしやすさに加えて、洗濯して乾いた服を自分でしまってくれたらな~という魂胆もアリで、笑。

洗濯物を干すお手伝いは積極的にしてくれるので、あとは出し入れしやすい仕組みで、洗濯物の片付けまで習慣化していきたいと思っています。

 

以前と同じく、季節に合った、幼稚園に着て行っても問題のない服だけをしまっています。

まとめ

今回は息子が年長になるのにあわせて改良した身支度ロッカーを紹介しました。

 

このようなロッカーは大人が全部ととのえてしまいがち。

だけどロッカーを活用するために、お子さんがひとりでできること・手伝いが必要なことを親子で共有して身支度ロッカーの中身を考えてみてください◎

【関連記事】入園準備に役立つアイテム・暮らしの仕組み作りまとめ