サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
1987年生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小5息子の母

ライフオーガナイザー
ポジティブ心理学実践インストラクター


おうちの中で楽しむことや暮らしやすさを追求することが好き


当ブログでは

・空間や物の整理
・心と体のセルフケア
・暮らしの仕組み作り

など、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
【最新記事】5/24「スぺパを意識した物選び」

元現金派のキャッシュレスツール | 楽天を選んだ理由と活用法

当ページのリンクには広告が含まれています。

支払いを効率よく済ませたくて興味があったキャッシュレス決済。

けれどキャッシュレス決済は種類も多く、何を使えばいいか迷ってしまいますよね。

そんな中で私がここ数年愛用しているのが楽天です。

もともと現金派だったのでキャッシュレスのハードルは高かったのですが、使いすぎたり仕組みに不安になることなく使えています。

この記事では楽天を選んだ理由や活用法を紹介します。

キャッシュレスの最初の一歩の参考になればうれしいです。

目次

モットーはシンプルにまとまる決済法

いつもニコニコ現金払い生活にキャッシュレス決済を取り入れようと思ったとき、意識しようと思ったことが3つあります。

それが

  • シンプルさ重視する
  • アプリやカードを増やしすぎない
  • ポイントのおトクさにこだわりすぎない

という3つ。

もっとおトクな方法はあると思いますが、とりあえずシンプルさを重視。

持ち物や行動をシンプルにすることをいちばんの目的として決済法を検討しました。

普段の支払いは楽天カードと楽天ペイで完結

シンプルにまとまる決済法として取り入れたのが楽天カードと楽天ペイです。

最近は楽天ペイを使えるお店も増えてきたので、

  • 楽天ペイが使えないスーパーは楽天カード(クレジットカード)
  • コンビニ・ドラッグストア・100均は楽天ペイ

という感じで使っています。

楽天カードはキーケースに、楽天ペイはスマホアプリなので、キーケースとスマホさえポケットに入れれば「ちょっとそこまで」くらいの買い物なら済ませられるようになりました。

楽天ペイ

楽天ペイ

posted withアプリーチ

元現金派の楽天活用法

ここでは元現金派の楽天活用法、

を紹介します。

獲得したポイントを支払いに使う

楽天カードと楽天ペイの活用でわかりやすいと思うのが、「カード払い・チャージ・楽天ペイ払い」の還元ポイントが楽天ポイントにまとまること。

貯まったポイントは1ポイント=1円として買い物に使えます。

普段の支払いを楽天に変えるだけで自然とポイントが貯まるのがすごい◎

お得感がわかりやすいので使い続けていきたいなと思っています。

予算を楽天キャッシュにチャージ

楽天ペイで支払うときは、「楽天ポイント」か「楽天キャッシュ」で払います。

我が家は日用品などを楽天ペイで支払うとき、楽天キャッシュにチャージしてから支払っています。

カードから引き落としなので、チャージはスマホひとつでかんたん◎

またキャッシュ残高が右上に表示されているので、予算を可視化できるのも元現金派としては安心感があります。

チャージはカード引き落としだけではなく、ATMから入金という形でも可能。

引き落としに抵抗がある方も安心して使えると思います◎

楽天ペイ間で送金する

楽天ペイを使いはじめてから便利だと思ったのが、楽天ペイ間での送金です。

友人とランチに行ってまとめて払ってもらったあと、自分の食べた分を渡そうとしてもぴったり渡せないことも多くありました。

楽天ペイ間での送金なら1円単位でぴったり送ることができて便利です。

特に難しい登録をしなくても、リンクを発行してLINEで送信するだけOKでした◎

財布の中の小銭を気にすることも少なくなったのでラクになりました。

キャッシュレスにはミニ財布がぴったり

キャッシュレス決済を導入し始めてからより持ち物を身軽にしたくて、普段使いのミニ財布を導入しました。

この財布はキーケースも兼ねているので、左右のポケットにスマホと財布を入れて「ちょっとそこまで」の外出に大活躍しています。

愛用ミニ財布「ベル」レビュー

おわりに

この記事では、現金派からキャッシュレス決済を取り入れた私が使っている支払いツールを紹介しました。

「キャッシュレス決済は難しそう」「つい使いすぎてしまいそう」そう思うかもしれませんが、チャージの仕方を工夫することで予算を可視化することもできます。

支払いを楽天を中心にしたことでポイントも貯められるようになり、そのポイントを支払いに使えて、現金払いよりもおトク感を感じられるようになりました。

キャッシュレス化を検討している方の参考になればうれしいです。

目次