サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
1987年生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小4息子の母

ライフオーガナイザー®


おうちの中で楽しむことや暮らしやすさを追求することが好き


当ブログでは「幸せをえらぶ暮らしづくり」をテーマに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
【最終更新】2/1「CITTA手帳2024の中身・書き方」

おすすめ片づけ本 | 収納術だけじゃない最適な暮らしが見つかる3冊

当ページのリンクには広告が含まれています。

片付けようと思って本を買ったものの、「思うように片付かない」「マネしてもすぐ散らかってしまう」という経験はありませんか?

こんな空間にあこがれる!

そんな気持ちで片付け本を参考にしても、収納アイテムを活用できなかったり、うまくモノを減らせなかったり、うまくいきませんでした。

なんで片付け本を読んでもうまくいかないの?

そんな私にピッタリだったのが、「自分の暮らしにあった片付けを探せる本」でした。

自分の暮らしにあった片付け法を身に付けると、引っ越しや子どもの成長などライフスタイルが変わっても応じやすくなるのでおすすめです。

この記事では、ライフオーガナイザー®の私がおすすめしたい、暮らしの最適化や仕組みをととのえられる片付け本を5冊紹介します。

ライフスタイルにあった片付け力を身に付けていきましょう♪

目次

おすすめは収納術ではなく暮らしと向き合える本

片付け本を選ぶときは、収納術をマネする気持ちではなく、自分の暮らしと向き合える本がおすすめ。

なぜなら自分の暮らしを向き合うことで、自分のライフスタイルにあった片付け方を見つけられるからです。

誰かのマネをしても片付けの方法が自分にあっていないと、一度片付いてもすぐに散らかってしまったり、見た目はキレイだけど不便だったり、モヤモヤが残る空間になってしまいます。

私も雑誌のマネばかりではキレイにならず、ずっと片付けを模索している状態でした

自分や暮らしにあった片付けだと、

  • 再現性が高くてキレイをキープしやすい
  • キレイだけではなく家事や暮らしがラクになる
  • 散らかったとしてもスムーズに片付けられる

このような暮らしの最適化につながります。

片付け本を選ぶときは誰かの収納術をマネする目的ではなく、自分の暮らしと向き合うきっかけになる本がおすすめです。

最適な暮らしが見つかる片付け本

ここでは最適な暮らしが見つかる片付け本、

を紹介します。

『ライフオーガナイズの教科書』

【片付け本】自分の暮らしにあった仕組みを見つける5冊

この本では

  • 暮らしと向き合うことから始める片付けの進め方
  • 片付け方のヒントになる利き脳について
  • ライフオーガナイザー®の暮らしの実例(写真満載!)

などが取り上げられており、技術としての片付けの手順や、自分にあった片付け方・収納方法を見つけやすくなっています。

私が片付けられるようになったきっかけが、ライフオーガナイズを知ったことでした。

ライフオーガナイズは暮らしを最適化するための考え方で、誰かのマネではない、自分のライフスタイルや価値観を大切にした暮らしのととのえ方です。

私の場合は、ワンオペ家事育児をスムーズに回すととのえ方を重視しました^^

暮らしと向き合う「思考の整理」から始めることで、キレイだけではない、暮らしが最適化する片付けが実現。

またライフオーガナイズで取り入れている利き脳で片付けやすい収納を知ることができました。

『ライフオーガナイズの教科書』は自分が片付けやすい方法を見つけるヒントになるおすすめの1冊です。

『人生を思い通りに操る片づけの心理法則』

【片付け本】自分の暮らしにあった仕組みを見つける5冊

この本では、人生を最大化する片付けの方法として、

  • モノを減らす7つの質問
  • 毎日の片付け習慣7つ
  • 人生を最大化する8週間プログラム

などが行動心理学や図解を用いてわかりやすく書かれています。

片付けの目的は、部屋をキレイにすることではなく、暮らしを最適化することです。

片付けは暮らしを最適化する「手段」なんですよね

特に第2章の「心理的片づけで得られる5つのメリット」では、片付けをすることで人生にどんな変化があるのかがわかりやすく書かれているので、片付けのモチベアップにもつながります。

私はDaiGoさんとライフスタイルが違うので全部のメソッドを取り入れられるわけではないのですが、「自分の暮らしだったらこうできるな」と考えるヒントになりました。

図解がわかりやすいので、読んだその日から「ちょっとやってみようかな」という気持ちになれる1冊です。

『世界一親切な片づけの教科書』

【片付け本】自分の暮らしにあった仕組みを見つける5冊

この本は、整理収納アドバイザー長島ゆかさんが考案した「モノをしまう場所に特化したワーク」をベースに、

  • 収納場所の考え方・決め方
  • モノのしまい方の実例
  • 場所ごとの収納のアイデア

など収納の仕組みについて書かれている本です。

片付けと聞くと、物を減らすことを重視する人も多いと思います。

けれど片付けはライフスタイルにあわせて物をしまう場所・しまい方を考えることも大事です。

収納場所やしまい方など、収納の仕組みをととのえると家事も暮らしもグッとラクになります

10ページにわたる「しまう場所を決めるワーク」は、モノのしまい方・収納アイデアがイラストが満載でわかりやすく解説されています。

「教科書」という名前の通り、部屋の片付けがスムーズに進められる1冊です。

おわりに

片付け本は、読んでマネするだけでは暮らしをととのえられません。

本を通じて、

  • こんな暮らしがしたい
  • 理想の暮らしとこんなギャップがある
  • どうすれば理想に近付けるか

暮らしについて考えるきっかけや、片付けをしてみようと思えるきっかけになるのが大事だと感じます。

片付けは暮らしと向き合うことで物の整理ができたり、暮らしにあった収納を考えられたりします。

ぜひ心地よい空間作りの参考にしてみてください♪

▼この記事で紹介した本

暮らしにあった片づけ方をみつける「ライフオーガナイズ講座」

「片づけてもすぐ散らかってしまう」「何となく片づけてみてもうまくいかない」

こんな悩みをお持ちの方にはライフオーガナイズ講座がおすすめです。

ライフオーガナイズは「捨てるからはじめない、人が主役の片づけ」

思考の仕方やライフスタイルにあった片づけスキルを身につけることで、暮らし全体が快適に近づきます。

最初におすすめの入門講座は対面でもオンラインでも受講できるので、ぜひ受けやすい方法で自分にあった片づけを見つけてみてください。

私が受けた感想はこちらで紹介しています。

ライフオーガナイズ講座を受けて変化した暮らし・考え方3つ

目次