サイトメニュー
カテゴリー
プロフィール
つしま さおり
ライフオーガナイザー®
1987年登別市生まれ、札幌市在住

転勤族の妻、小3息子の母

ブログ運営や在宅ワークをする主婦


特技は自分のライフスタイルにあった暮らしの仕組みを作ること

当ブログでは
「幸せな暮らしは自分の手でととのえる」
をモットーに、ママのライフスタイルを最適化する暮らしのアイデアを発信しています
おうちママの幸せな暮らしの作り方

おうちママの暮らしをととのえる片付け4ステップ

おうちママの暮らしをととのえる片付け4ステップ

片付けをしよう!と気合を入れても、結局モノを減らせなかったり、ただモノをしまっただけ状態になってしまうことはありませんか?

「今度こそ部屋をキレイにしよう!」と思って取り組んでも中途半端に終わってしまったり、片付けたつもりでもすぐに散らかってしまったりしていました。

そんな私がムリなく片付けられるようになったきっかけが、ライフオーガナイズの講座で片付けの手順を知ったことでした。

手順にそって片付けることで、

  • 無理なくモノを手放すことができた
  • 自分にあった収納で片付けやすくなった
  • 部屋がスッキリして家事や子育てがラクになった

このように暮らし全体にプラスの変化が生まれました。

この記事では無理なく片付けられる4ステップを解説します。

さおり

暮らしがととのう片付けは、家事や育児を頑張っているおうちママに特におすすめです♪

目次

片付けは手順を知るとうまくいく

片付けはひとつひとつのステップを順番にこなすことで、暮らしにプラスの変化が生まれます。

ライフオーガナイズの片付けは、このようなピラミッドの形で表すことができます。

暮らしがととのう片付け | 基本の4ステップを解説
  • 片付け…モノを元の場所にしまう
  • 整頓…見た目をととのえる(そろえる、並べる)
  • 収納…モノを使いやすいように収める、配置する
  • 整理…モノのいる・いらないを分ける
  • 思考の整理…暮らしと向き合い、片付けの目的や方法を考える

このピラミッドの下から順に進めていくんですが、下のベースがしっかりしていないと毎日の片付けはうまくいきません。

片付けの手順がバラバラだと、

  • 収納場所がハッキリ決まっていないと、「モノを元に戻す」片付けが進まない
  • 整理する前に収納しようとしても、いらないモノが混ざっているのでうまく収納できない
  • 整理しようとしても、「どんな暮らしがしたいか」がハッキリしていなければ、「何となく必要そうだから」とモノを手放せない

このように片付けが進まない原因になるのです。

片付けはひとつひとつ順番に取り組むことで、

  • 片付いたあとの部屋でどんな暮らしがしたいか価値観がはっきりする
  • 暮らすうえで本当に大切なモノ・必要なモノを選べるようになる
  • 普段使うモノを使いやすく収納・配置できるようになる
  • 毎日使うモノの出し入れ・片付けがラクになる
  • 家事や育児がスムーズに回るようになる

このように片付けを通して、よりよい暮らしにつながります。

私の片付けビフォーアフターはこちらの記事で紹介しています。

さおり

では実際の手順をくわしく解説していきます◎

暮らしをととのえる片付けのステップを解説

ここでは暮らしをととのえる片付けのステップ、

を解説します。

1:思考の整理をする

暮らしがととのう片付け | 基本の4ステップを解説

1つ目は思考の整理です。

思考の整理とは、モノを捨てたりしまったりする前に、

  • 片付けた部屋でどんな暮らしをしたいか
  • 自分にとってどんなモノ・コトが大切なのか
  • 自分のライフスタイルはどういうものか

など自分の暮らしについて考えていくことです。

最初に思考の整理をすることで、

  • 片付けのゴールがぶれない
  • 本当に必要なモノ・大切なモノを選ぶことができる
  • キレイだけじゃない、快適な暮らしにつながる

このようなメリットがあります。

ステップを踏まないまま片付けを進めていた頃は、モノのいる・いらないを分けるのにすごく苦労していました。

さおり

全部が必要に思えて、モノが溜まりっぱなしでした

思考の整理からはじめることで、暮らしにとって本当に必要なモノ・大切なモノを選ぶことができるようになり、スッキリした部屋で日々の家事や子育てもスムーズになりました。

最初に暮らしを向き合って思考の整理をすることで、キレイな部屋はもちろん、暮らし全体が快適になります。

2:モノを整理する

暮らしがととのう片付け | 基本の4ステップを解説

2つ目はモノの整理です。

モノの整理は、

  1. 収納スペースからモノを全部出す
  2. モノをカテゴリごとに分ける
  3. 必要なモノを収める・不要なモノを手放す

このように進めます。

最初から「いる・いらない」の2つに分けるのは難しいので、ライフオーガナイズの片付けでは4つに分けることがおすすめされています。

たとえば、

  • よく使う・あまり使わない【使用頻度】
  • 使いやすい・使いにくい【機能性】

この2つを掛け合わせると4つに分けることができます。

こうすることで「いる・いらない」では分けきれないモノも、

  • あまり使わないから保管場所を変える
  • 使いにくいから買い替えを検討する
  • いらないからすぐに手放す

次の行き先をムリなく決めることができるのです。

先ほどの「どんな暮らしがしたいか」という思考の整理とあわせることで、

  • 本当に必要なモノ・大切なモノ
  • 暮らしを快適にしてくれるモノ
  • 家事や子育てをラクにしてくれるモノ

など暮らしをよりよくするモノを選びやすくなります。

3:モノを収納する

暮らしがととのう片付け | 基本の4ステップを解説

3つ目はモノの収納です。

モノを分けたあとは、残したモノを収納・配置していきます。

  • モノの定位置を決める
  • モノが出し入れしやすいようにしまう
  • 使いやすい収納アイテムを買う など

毎日の片付けや家事をラクに、またモノを使いやすいように収納・配置することがポイントです。

まずはモノを使いやすそうなスペースに仮置きして過ごしてみてから収納アイテムを買うのがおすすめ。

なぜならモノにはさまざまな収納の仕方があって、どの収納方法が自分にあっているか知る必要があるからです。

たとえば服をしまうとき、「ハンガーにかけてしまう人」と「たたんでしまう人」では必要な収納アイテムが変わってきます。

このようにモノにはさまざまな収納の仕方があるので、「自分にはどんな方法があっているかな」と考えてから収納アイテムを買うのがおすすめです。

その他にも、

  • 出し入れしやすい高さはどこか
  • 収納ボックスは文字でラベリングするか、中が見えるデザインにするか
  • 棚の中にしまうか、外に配置するか

など暮らしにあった収納方法は人それぞれです。

さおり

ぜひあなたのライフスタイルにあった収納を見つけてみてください♪

4:キレイな部屋をキープする

暮らしがととのう片付け | 基本の4ステップを解説

4つ目はキレイな部屋をキープすることです。

片付けは1回キレイにするだけではなく、その状態をキープするのも大切です。

キレイな部屋を続けるために、

  • 使ったモノは元に戻す
  • 片付けを習慣化する
  • 溜まる前に片付ける など

日々の心がけが必要になります。

「毎日の片付けなんて続かないよ」と思うかもしれませんが、小さくでも少しずつ続けることで習慣づけることは可能です。

私自身もそれまで片付けする習慣はなかったのですが、まずは1日10秒の片付けから始めることで少しずつ無理なく習慣化することができました。

さおり

たとえ小さくても「続ける」ことが大事です

また片付けられなくなってきたと思ったら、モノの量を見直したり、収納方法を見直したり、暮らしを見直してみることもおすすめです。

さおり

日々の暮らしを快適にするために、毎日続けられる片付けを目指していきましょう^^

4ステップの毎日の暮らしを快適にしよう

この記事では暮らしがととのう片付け4ステップを解説しました。

片付けの手順を知らなかった頃はモノをなかなか手放せなかったり、とりあえずしまうだけですぐに散らかってしまったりしていました。

手順にそって進めたことで、モノを減らせてスッキリしたり、片付いたことで家事や子育てがラクになったり暮らしに多くのメリットが生まれました。

ライフオーガナイズの片付けはキレイだけじゃなくて暮らし全体がととのう片付けです。

さおり

ぜひ暮らしを快適にする片付けを取り入れてみてください♡

ライフオーガナイズを知るおすすめの1冊

ライフオーガナイズの片付けをより知りたいと思ったら、『ライフオーガナイズの教科書』がおすすめです。

こちらはライフオーガナイズの講座でも使われている1冊です。

本の内容は、

  • 全国のライフオーガナイザーの収納のポイント(写真満載!)
  • ライフオーガナイズで取り入れている利き脳の活用法
  • 場所別・キーワード別の収納アイデア

など、読みながら片付けしてみようかなと思えるようなものとなっています。

さおり

暮らしがととのう片付けとしてライフオーガナイズの考え方はおすすめです♡

あわせて読みたい

目次